ダイエットには朝食にバナナ!その効果的な方法とは?

Pocket

誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

「朝バナナダイエット」
一時期ブームになったので、実際に試してみたという人もいるでしょう。

しかし正しい方法を実践しないと、効果が思うように出ないこともあります。

また無茶な「バナナだけダイエット」に挑戦した人も多いかと思います。

正直、無茶な方法ではダイエット効果は期待出来ません。

そこでお勧めなのが朝食だけバナナ。

時短にもなります。

朝食にバナナを食べるだけの簡単な方法ですので、包丁を使って皮をむいたり切ったりする必要もありません。

忙しい朝でも5分もあれば食べられるお手軽な果物。

おまけに体質が改善も期待できるので、痩せ体質に変わっていくという方法です。

「朝バナナダイエット」とは? 基本のやり方と効果とは?

朝食バナナの方法は過去にミクシィでも話題になり、成功者を続出させました。

その後、テレビや雑誌等でも何度も取り上げられるほど話題に。

「ガマンしない」「お金をかけない」「時間をかけない」と無理しない方法で継続しやすいです。
さらに女性の悩みである「便秘」や「冷え性」改善などの体質改善につながり健康的にダイエットできる効果も〇。

やり方はとても簡単です。

毎朝、朝食に「バナナを1本か2本」「常温の水」。

これだけ。

昼食と夕食は通常通りの食事です。

とても簡単ですね。

誰でも気軽にはじめることができます。

中学生や高校生などの成長期でも安心してダイエットに挑戦できますね。

バナナに含まれる豊富な酵素作用も重要で、体内に溜め込んだ毒素をかき集め排出させる効果が期待できます。

ポイントは常温の水と一緒に「よく噛んで」食べるのがポイント。

噛むことで「満腹中枢」も刺激されます。

バナナに含まれる「嬉しい」成分

バナナには「食物繊維」や、糖質の一種である「フラクトオリゴ糖」が含まれています。
消化されにくいためそのまま腸に届いて善玉菌のエサとなり、腸内環境を改善。

また、豊富な「ビタミンB群」や「カリウム」は代謝の促進やむくみの解消にもつながります。
ダイエットの強い味方です。

朝食バナナはカロリーオフにもなります。

バナナは忙しい朝でも素早く食べられるうえに「消化がよくなる」「満腹感も得られる」といったメリットも多いです。

「朝食バナナダイエット」効果を出すためのコツ

バナナは消化されやすく、胃内停滞時間も1時間程度でs。

短いですね。

そのため早い時間に食べると昼食までに「お腹が空いてしまう」というデメリットが。

ポイントは昼食の3~4時間前に食べると体への負担が少ないと言われています。

たとえば、昼食が正午なら、逆算して朝8時前後にバナナを食べるのがいいでしょう。

「朝食バナナ」を数日続けてみて、空腹になって集中力が欠けたり、昼食を食べすぎてしまうようであれば少しだけ「改良」しましょう。

「ナッツ、ヨーグルト」と一緒に食べる。

また、水を多く飲むのも効果的です。

朝バナナダイエットで「便秘」「むくみ」を解消!

嬉しい効果に便秘やむくみ解消があります。

バナナには、おなかの調子を整える食物繊維やマグネシウムも多く含まれています。

食物繊維はバナナに含まれるオリゴ糖と一緒に腸内細菌の働きを助け、腸内環境を整えます。

また、マグネシウムは腸の動きを活発にし、便通を促す働きがあります。

むくみ改善にも効果的。

バナナには、ナトリウムの排泄を促す「カリウム」が含まれています。

そのため、塩分の過剰摂取による「むくみ」の解消につながります。

さらに朝食以外の時でも味覚改善を図るため、水をこまめに飲むことをオススメしています。

「朝食バナナダイエット」の継続期間は2~3カ月

ダイエットは、継続することが大切。
一時的に体重が減少したとしても、ダイエットをやめるとリバウンドしてしまい、それをくり返すことで痩せにくい体になってしまいます。

まずは2~3日で便通がよくなって、さらに1~2週間ほど続けるとダイエット効果が実感できるのではないでしょうか。

体質改善を期待するなら2~3カ月は続けましょう!

良い生活習慣で朝食バナナダイエットの効果アップ!

バナナを続けながらダイエット効果を高める生活に少しずつ変えましょう。

まずデザートを減らす。

「砂糖」はダイエットの強敵です。

なるべく減らしてナッツなどに変えましょう。

また夜は早く寝て、睡眠のサイクルを整えましょう。

寝るときは「しっかり暗くする」。

朝起きたらしっかりと光を浴びて自立神経も活性化。

生活のサイクルも整えれば健康にダイエットすることが出来ます。

是非トライしてください。