沖縄旅行に10月に行くなら服装はコレで大丈夫!海の注意も

Pocket

10月の沖縄旅行!
そろそろ夏も終わり、秋の気配を感じる沖縄。
暑さが落ち着き、日中も過ごしやすくなってきます。

夏のピーク時に比べて航空券が安くなっているので、この時期を狙って旅行に訪れる人も多いですね。

そんな10月の沖縄はどのような服装で行けばよいのでしょうか?
また、海はまだ入れるのでしょうか?

10年以上、沖縄で生活している私がお答えします(^^♪

今回は10月の沖縄旅行での服装についてのご紹介です。
是非、参考にしてください。

スポンサードリンク




沖縄旅行10月の服装

まずは天気と気温をチェック!

10月に入ると、気温も落ち着き9月よりも涼しくなってきます
平均気温も30度以下がほとんど。

雨も少な目なので観光するには動きやすい季節です。

紫外線量も減りますが、元々強い日差しの沖縄。
日焼けしないわけではない、ということが重要。
しっかりと対策しましょう。

朝晩の肌寒さも感じることができるでしょう。

10月でも台風が直撃することはあります。
秋の台風は荒れるイメージがありますので、夏に続き天気予報はしっかりチェックしましょうね。

↓10月の那覇の平均気温と降水量です。

    那覇

  • 【最高気温】27.9度
  • 【最低気温】23.1度
  • 【平均気温】25.2度
  • 【降水量】152.9mm


10月の服装

10月の服装は気温に合わせて調整することを考えて選びましょう。
天気のよい日中は暑く朝晩は涼しい
両方に対応したほうがよいですね。

昼間はTシャツ半袖ワンピースでも大丈夫。
ただし、夕方から夜は肌寒いことも考えましょう。

10月上旬は夏寄りの服装。
昼間はハープパンツ、足元はサンダルでも大丈夫でしょう。

10月下旬に向けて、長袖の数を増やして調整しましょう。
ジーンズなどの長ズボンに、足元はスニーカー。

特に女性ならカーディガンか長袖シャツが数枚ほしいところです。
生地は薄めで大丈夫です。

  • Tシャツや半袖、ワンピース
  • カーディガンや長袖シャツ
  • サンダルとスニーカー
  • 帽子、サングラス
  • 日焼け止めグッズ
  • 運転するならアームカバー
  • タオル


日差しは弱まりますが、日焼けはします。
夏と同じように帽子、サングラス、日焼け止めグッズは忘れずに。

熱中症の危険もあるので、水は常に持ち歩きましょう。

この時期から、1枚あると便利なのは「ウインドブレーカー」
海辺に観光に行ったときに、風が強いと肌寒いこともあります。
小さく畳んでカバンの底に隠せるので邪魔になりません。

スポンサードリンク




10月の海水浴

沖縄では10月に入っても、すぐに寒くなることはなく、天気が良ければ海水浴も出来ます。

ただし、地元の人はもう海に入りません
海水浴するのは観光客ぐらいになります。

沖縄の人にとって10月は海シーズンの終了です。
また、クラゲの心配の多くなるので「入りたがらない」のかも。

もしも海に入るなら、「監視員がいるビーチ」「防護ネット」が海の中に設置されている場所を選びましょう。
↓これがハブクラゲ(‘Д’)

ハブクラゲ

イノーや入り江などの浅瀬や湾内など波の穏やかな場所に生息。触手を伸ばすと約1.5メートルにもなります。5月頃に小さい個体が見られるようになり、7~10月頃、沖縄全域に発生します。触手に刺されると激痛が走り、ミミズ腫れや強いかゆみをもたらします。

【応急処置】
さされたらすぐに食酢をたっぷりかけ、触手をピンセットなどでそっと取り除く。こすってはいけません。病院に行くまでの間、氷や冷水で冷やすと良いです。

まとめ

今回は10月の沖縄旅行での服装と持ち物についてご紹介しました。

10月になるとお天気の具合で体感温度が変わります。
調整できる服装を心がけましょう(^^♪

  • Tシャツや半袖、ワンピース
  • カーディガンや長袖シャツ
  • サンダルとスニーカー
  • 帽子、サングラス
  • 日焼け止めグッズ
  • 運転するならアームカバー
  • タオル


10月上旬は、まだ海で遊べるシーズン。
天気が良ければ観光するには過ごしやすい頃です。

では、楽しい沖縄旅行になりますように!
ありがとうございました。


SNSでもご購読できます。