8月に沖縄旅行に行くなら服装や持ち物はコレでどうですか?

Pocket

8月の沖縄は夏の本番です!
1年で一番の観光客数ではないでしょうか。

ただし、台風のシーズンでもあり、天気が心配…。
また、暑さに注意するだけで大丈夫なのでしょうか?

そんな8月の沖縄旅行にそなえて、服装は持ち物を再チェックしてみましょう。
今回は8月の沖縄での服装と持ち物についてご紹介します。

スポンサードリンク




沖縄旅行8月の服装

まずはお天気と気温について

平均気温を見ると、7月よりも若干8月は気温が低い。
それは涼しいのではなくて、台風の影響です!

安心しないようにしましょう(*^-^*)
そのかわり、降水量は7月よりも100ミリ多いです…。

雨が多いので蒸し暑い日が多いかもしれません。
台風が近づいていると、ムワっとした空気が沖縄を包みます。

雨や台風の影響がなければ、普段の海辺の風は涼しく吹き抜け気持ちがいいです。

台風の影響があると、かなりの雨が降ります。
台風接近と雨が重なると、暴風雨となり危険な状態(*_*)

↓8月の那覇の平均気温と降水量です。

    那覇

  • 【最高気温】31.5度
  • 【最低気温】26.6度
  • 【平均気温】28.7度
  • 【降水量】240.5mm


8月の服装

8月の沖縄での服装は真夏の服装で大丈夫です。

Tシャツや半袖シャツ。
タンクトップでもOK。

ただし、日差しが本当に強いです。
日焼け対策は万全にしましょう。

昼間なら、海辺をちょっと散歩するだけでも30分で焼けます。
弱い人は15分で赤くなるでしょう。

沖縄の日差しを甘く見てはいけません。
毎年、火傷状態で病院に訪れる観光客があとを絶ちません…。

  • Tシャツ、半袖シャツ、ワンピース
  • ハーフパンツ
  • サンダル
  • 長袖シャツかカーディガン(日焼け&冷房対策)
  • 帽子
  • サングラス
  • 汗ふきようのタオル
  • 日焼け対策グッズ
  • 車を運転するならアームカバー


女性なら、薄手のカーディガンか長袖シャツは必須です。
できればUV加工されたもの。

肌が露出する場所は必ず日焼け止めクリームを塗りましょう。
汗をかいたら塗りなおし。

足元はサンダルで問題ありませんが、日焼け止めクリームは忘れずに。
サンダルの形で焼けますよ(*_*)

観光のプランによっては、歩き回って汗をビッショリかくこともあるでしょう。
タオルはあった方が便利です。
とても重宝します(^^♪

またフェイスシートなどもサッパリするので重宝します。

夜はお酒を飲みに居酒屋に行くかも知れませんね。
そんな時は、女性なら必ず上着を持っていきましょう。

沖縄の居酒屋は冷房が強すぎるお店が多い。
真夏でも寒すぎて温かいお茶ばかり注文したこともあります。

きっと、お店の人は忙しくて暑いので「キンキン」に冷やしてしまうんでしょうね。

スポンサードリンク




台風について

8月の沖縄で台風を避けることはできません(*_*)
台風が直撃しなくても、台風の影響で風が強かったり、天気が悪かったりと何かしら台風の話題は出てきます。
頻度も週に1回か10日に1回ぐらいは、影響を受けるでしょう。

台風銀座と言われる通りです(+o+)

また、台風が直撃するかは「運」次第。
直撃しても大したことない時もあれば、直撃していないのに強い雨ばっかりなことも。

台風のことは、沖縄に住んでいても全く予想できません。

まとめ

今回は8月の沖縄旅行での服装についてご紹介しました。

おすすめの服装は以下の通りです。

  • Tシャツ、半袖シャツ、ワンピース
  • ハーフパンツ
  • サンダル
  • 長袖シャツかカーディガン(日焼け&冷房対策)
  • 帽子
  • サングラス
  • 汗ふきようのタオル
  • 日焼け対策グッズ
  • 車を運転するならアームカバー

  • 8月の沖縄は台風の影響がなければ、観光に最適な時期です。
    海も、空も美しい~。
    癒されます(*^-^*)

    海だけでなく、イベントも多く飽きることはないでしょう。

    楽しい旅行になると良いですね。
    ありがとうございました。


    SNSでもご購読できます。