7月の沖縄旅行!気になる服装や持ち物はコレで行こう!

Pocket

7月の沖縄旅行!
梅雨も明けて、「青い海」「青い空」が満喫できる観光の季節。
真夏が到来した沖縄は旅行のベストシーズンです。

観光客も増え、観光地やビーチも賑わいだします。
海辺から眺める海は、観るだけでも息をのむ美しさ…(*^-^*)

そんな7月の沖縄。
真夏ですが服装にポイントはあるのでしょうか?

沖縄に住んで10年以上の私が、服装と持ち物のポイントを考えてみました。

今回は7月の沖縄旅行での服装と持ち物についてご紹介します。
是非、参考にしてください。

スポンサードリンク




沖縄旅行7月の服装

rikaさん(@rikahappynz)がシェアした投稿

まずは7月の気温と天気をチェック

梅雨が終わった沖縄の7月は、日差しが強烈になっています。
最高気温も30度を超える日が出てきます。

まぁ暑い(^^♪

湿気は梅雨時期よりも少ないですが、東京などに比べると高め。
空港に到着したとたん、ムワっと感じることになるでしょう。

沖縄は日差しは強いですが、海辺に行けば風が強いので日陰は涼しく感じることが出来ます。
暑い昼間はビーチの日陰でぼーっとするのも癒されてオススメです。

雨は強めの「にわか雨」。
待っていればすぐに止むことが多いでしょう。

7月にも台風は発生しますが、8月、9月と比べると少な目。
ただし、来ないわけではないので天気予報はしっかりと注意しておきましょう。

↓7月の那覇の平均気温と降水量です。

    那覇

  • 【最高気温】31.8度
  • 【最低気温】26.8度
  • 【平均気温】28.9度
  • 【降水量】141.4mm


7月の服装

7月沖縄での服装は真夏の恰好でOK。
ただし、風通しを考えた服装を心がけましょう。

おすすめはTシャツにハープパンツ、女性ならワンピースでも涼し気ですね(^^♪
蒸れにくい綿などの素材が良いでしょう。

私の経験では、アロハシャツなど風が吹くと、とても涼しく感じられました。
アロハの素材も、サラサラした肌ざわりが気持ちのよい素材を選びましょう。

注意点はやはり「日焼け対策」
日差しの強さは「ジリジリ」と焼ける感じ。

私の過去の失敗はタンクトップで日焼け対策をせず、国際通りを昼間に歩き回ったこと!
両肩が真っ赤になり、皮がむけて今でもシミだらけ(T_T)
しっかり日焼け止めを塗って、太陽の下では上着を羽織るべきでした…。

  • Tシャツ、半袖シャツ、ワンピース
  • ハーフパンツ
  • サンダル
  • 長袖シャツかカーディガン(日焼け&冷房対策)
  • 帽子
  • サングラス
  • 汗ふき用のタオル
  • 日焼け対策グッズ
  • 車を運転するならアームカバー


タオルは汗を拭いたり、首に巻いて日焼け対策に使ったりと便利です。

スポンサードリンク




海水浴での服装

海に入るときは水着になると思いますが、沖縄の日差しの強さは想像以上です。
地元の人はTシャツやラッシュガードを着て海に入ります。

女性なら上下のラッシュガードで足も守った方がよいかとおもいます。
※可愛くないですが…。

男性でもTシャツを着たまま海入る人が多いです。

海に入るときは定期的に休憩をして、水分をしっかりと補給しましょう。
熱中症でダウンする人も多いですよ。

https://twitter.com/RaRa_Ray_/status/894705683144204288

まとめ

今回は7月の沖縄旅行での服装と持ち物についてご紹介しました。

7月の沖縄は空が青く、緑もゆたかで「オンシーズン」(^^♪
海だけでなく、様々なイベントも多くなってきますので楽しめること間違いなし!

↓おすすめの服装と持ち物は以下の通りです。

  • Tシャツ、半袖シャツ、ワンピース
  • ハーフパンツ
  • サンダル
  • 長袖シャツかカーディガン(日焼け&冷房対策)
  • 帽子
  • サングラス
  • 汗ふき用のタオル
  • 日焼け対策グッズ
  • 車を運転するならアームカバー

  • 出発の前には、持ち物を再度チェックして、忘れ物がないようにしましょう。
    家族で荷物が多くなるときは、コインランドリーを使うことも検討してみては?
    私は処分したい服を持っていって、旅行先でバンバン捨てて帰ります(*^-^*)

    では楽しい沖縄旅行を♪
    ありがとうございました。


    SNSでもご購読できます。