沖縄旅行~3月に行くなら、どんな服装と持ち物が必要なの?

Pocket

常夏の島、沖縄の3月は一足早く春が訪れます。
まだ東京ではブーツを履いている人も多いと思いますが、沖縄で不要です。

温かくなったとは言え、まだ夏ではありません。
そんな3月の沖縄、どのような服装で行けばよいのでしょうか?

今回は3月の沖縄旅行での服装と持ち物についてご紹介します。

スポンサードリンク




3月の沖縄での服装

まずは3月の気温と天気

3月の沖縄は気温も徐々に高くなり、平均気温18.9℃と春の過ごしやすい気温になってきます。
冬場と比較すると日差しも格段に強くなり、晴れた日には気温も20℃台前半まで上昇してきます。
暑さを感じる日も出てくるので、アクティブにレジャーを楽しめる気候になってきましたね。

ただし、もう暑くなっているだろうと油断してはいけません。
天候や気温の移り変わりが激しい時期でもあるので、肌寒い日の対策も必要です。

↓那覇の3月の気温と降水量です。

    那覇

  • 【最高気温】21.7度
  • 【最低気温】16.5度
  • 【平均気温】18.9度
  • 【降水量】161.4mm


3月の服装

3月の前半に訪れるなら、防寒着は要りませんが厚手の長袖が一枚はほしいところ。
後半に訪れる場合でも、薄手の長袖は必要です。

カーディガンやストールなどが重宝するかもしれませんね。
朝晩は気温が下がるので、多少肌寒く感じる事もあります。

↓3月のおすすめの服装と持ち物です。

  • Tシャツ(暑い昼間など)
  • 長袖Tシャツや長袖シャツ
  • ジーンズなどの裾の長いパンツ
  • パーカーやカーディガン(寒いときに羽織るもの)
  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め対策グッズ


3月の沖縄は、気温はそれほど高くはないのですが、日差しが強くなっています。
サングラスや日焼け止め対策をしておくと良いでしょう。

足元は、サンダルを履くにはまだ寒いかも。
女性ならばパンプス、男性もかっちりした革靴よりはスニーカーが無難でしょう。

スポンサードリンク




気になる3月の海

沖縄の海開きは3月後半から4月中旬にかけて。
陸の上では暖かい気温ですが、海で泳ぐには寒いです。
海開きは「砂浜をレジャーとして使ってしても良いですよ」という許可が出る日。

海に入るなら一般的にはシュノーケリングがベストかも。
ダイビングショップなどでウェットスーツなどの装備は一式レンタルすると良いでしょう。

海の中もプランクトンが少なく、透明度が高いため冬の海を狙った観光客もいます。

家族で楽しめるシュノーケリングツアーなどもありますので、海に入りたい人はチェックしてみるといいかも。

まとめ

今回は3月に沖縄旅行に行くときの服装についてご紹介しました。

3月の沖縄は暑い日と肌寒い日に対応できるように、調整できる服装で過ごせるようにしましょう。
太陽が出ている昼間は暑く、夜の海辺は寒いです。

そんな感じでご自身のプランに合わせて調整できると良いですね。

  • Tシャツ(暑い昼間など)
  • 長袖Tシャツや長袖シャツ
  • ジーンズなどの裾の長いパンツ
  • パーカーやカーディガン(寒いときに羽織るもの)
  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め対策グッズ

  • まだ海に入るには早い季節ですが、海は眺めるだけでも癒されます(^^♪
    友人と海辺で語りあうだけでも、素晴らしい旅の思い出。

    それでは、沖縄旅行楽しんでください。

    ありがとうございました。


    SNSでもご購読できます。