イタリア旅行に行くならコンセントプラグと電圧は確認すべし!

Pocket

イタリア旅行など、海外に行く際に重要なのは「電源」

日本から持っていく電化製品がイタリアでも使えるのか?
気になりますね。

私も気になって、色々と調べてみました。
すると「知ってて良かった~」と思える情報がありましたので、皆さんにシェアします。

今回はイタリアのコンセントプラグの形状と、電圧についてご紹介します。
是非、出発前にチェックしてください。

スポンサードリンク




イタリアのコンセントプラグの形状は?

イタリアはCタイプ

イタリアで一般的なコンセントプラグの形状は「Cタイプ」と呼ばれているもの。
2つの丸いピンになっていいて、日本の板状のピンとは、全く形状が異なります。

イタリアで日本の電化製品を使う場合は「変換プラグ」が必須になります。
Cタイプのコンセントプラグは、ヨーロッパで多く使われているもの。

このCタイプ専用の変換プラグだけでも、海外旅行には便利かと思います。
是非、旅行前に日本で購入しておきましょう。

↓楽天の口コミが多い変換プラグを紹介しておきます。

また、イタリアではドイツからの輸入品が多いらしく、「SEタイプ」というプラグもあります。
この形状は大型家電に使われることが多く、旅行で使う電化製品では気にする必要はないそうです。

イタリアの電圧は?

イタリアの電圧は220V(220ボルト)。
日本は100Vなので、日本の電化製品で「100Vのみ対応の製品」をそのまま使うと「あぶない」です(*_*)

ただし、最近の携帯やデジカメ、パソコンなどは海外にも対応している電圧の製品が多いです。

調べるポイントは、コンセントにゴチャゴチャと細かく書いている部分(^^♪
色々と注意事項などが記載されていますが、「100-240V 50/60hz」みたいに書いてあればイタリアの電圧対応です

イタリアでiphoneは充電できるの?

iphoneやアンドロイドなどのスマホは、「変換プラグ」を使えば、問題なく充電できます。

注意する点は、コンセントプラグに書いてある「電圧」だけは確認してください。
問題無いと思いますが、「100-240V 50/60hz」みたいな記載があることだけ、確認しましょう

私のスマホもipadも、ノートパソコンも電圧はOKでした(^^♪
変換プラグだけ買えば、イタリアでも問題なく充電できます。

話はそれますが、ホテルで携帯充電するときに、困ったこと無いですか?
私はよく不便を感じていました。

それは、コンセントが遠い~(+o+)

それを解決するのが、「延長コード」
これ1本あれば、遠くにあるコンセントにもつなげられます。

また、2口ぐらいの差込口があれば、二人同時に充電も出来ますし便利かと思います。

注意点は海外の場合、延長コードで充電したまま出かけないこと。
大丈夫かと思いますが、熱を持ったりする場合があるようです。
火事なんて起こしたくないですよね(*_*)

スポンサードリンク




ドライヤー、コテは使える?

イタリア旅行でドライヤーや、コテを日本から持っていきたい、という相談を目にします。

結論から言うと、「おすすめしません」

ドライヤー、コテなどは熱を持つ電化製品ですので、変圧器で対応することになります。
安い変圧器はすぐ壊れたり、そもそも使えた無かったりでトラブルの原因。

しっかりした変圧器は2万円ぐらいで1キロから2キロぐらいでしょうか?
私は、そんな変圧器を持ち歩いてイタリア旅行に行く気になりません(*^^*)

ドライヤーはある程度のホテルなら備え付けがあります。
日本から持っていきたい場合は海外対応のドライヤーとコテを購入したほうが無難です。

まとめ

今回はイタリアのコンセントプラグについてご紹介しました。

ポイントは以下の通り(^^♪

  • コンセントプラグの形状がイタリアは「Cタイプ」
  • 電圧は日本が100Vでイタリアは220V
  • iphoneなどのスマホは変換プラグだけで使える
  • ドライヤーやヘアアイロンは海外対応のものを持っていく方がよい


日本から持っていく電化製品の電圧の部分だけは、忘れずにチェックしておきましょう~(^_-)-☆

ありがとうございました。


SNSでもご購読できます。