10月の台湾旅行!服装で注意しておきたいポイントをチェック

Pocket

10月の台湾旅行!
ベストシーズンと言われている10月は、暑さも落ち着いて秋っぽくなります。

なんと!現地の人は、既にダウンも着ている人もちらほら出てきます(+o+)
台湾の人は寒がりで有名ですね。

日本から行くと、まだ厚着は早い時期。
どんな服装が丁度よいか、私なりに色々と調べてみました。

気温や天気も落ち着いて過ごしやすそうですが、やはり知っておきたい服装のポイントがありますね。
知っておけば役に立つと思いますので、皆さんとシェアしたいと思います。

今回は10月の台湾旅行での服装と持ち物についてご紹介します。

スポンサードリンク




台湾旅行10月の服装

Sachiko Kurataさん(@sappi16)がシェアした投稿

とりあえず天気と気温のチェック!

10月から11月まで昼と朝晩の気温差が激しくなってきます。
しかし、日中はまだまだ暑いので、夏の服装が必要です。

10月上旬なら、まだ30℃を超える日もあるので要注意(+o+)

↓台湾各地の10月の平均気温と降水量です。

  • 台北 Taipei
    【最高気温】27度
    【最低気温】19度
    【降水量】117mm
    【降水日数】15日
  • 台中 Taichung
    【最高気温】30度
    【最低気温】22度
    【降水量】16mm
  • 台南 Tainan
    【最高気温】31度
    【最低気温】23度
    【降水量】30mm
  • 高雄 Kaohsiung
    【最高気温】30度
    【最低気温】24度
    【降水量】46mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


気温は台北から落ち着いて、過ごしやすい季節になってきましたね(^^♪

10月上旬の服装のポイント

夏の暑さが少し落ち着き、台湾観光にとてもよい季節。
朝晩と昼間の気温差が激しいので、運が悪いと1日で10度近い温度差があったり、体調を崩さない服装を選びましょう。

台湾の10月の服装のポイントはいくつかあります。

  • 昼間はTシャツや半袖などの真夏の服装
  • 朝晩や天気が悪いと長袖シャツ
  • 冷房対策に羽織る上着が必要
  • 10月上旬は日焼け対策がまだ必要


人気の観光地九份は、標高が高い場所なので、上着は必須です。
雨も多いので、10月上旬でも寒いかも知れません。
九份は道が狭いので、傘よりも雨合羽が動きやすいでしょう。
実際、傘とカッパの両方の派閥が混在しています(^^♪

10月中旬、10月下旬の服装のポイント

10月も後半になると、昼でも長袖が丁度良い気温になってきます。
暑がりの人は、日中はまだまだ半袖で十分な人も多いです。

お店や観光施設、交通機関などは冷房が強い場所もあります。
羽織る物を常備して、冷房対策しましょう。

  • 昼間は暑がりなら半袖、寒がりなら長袖Tシャツ
  • 朝夜は上着が必要
  • 薄手のジャケット、セーターなど
  • まだ冷房対策が必要


観光のプランによって、様々ですが、歩きが多いプランなら日中は暑いでしょう。
逆に車や電車での移動が多いなら、寒く感じることが多いかも知れません。

ご自身が、「暑がりか、寒がりか?」それによっても服装は変わりますね。
また、観光する時「移動は徒歩か、それとも車か?」など移動手段によっても服装は変わります。

観光プランに合った服装を考えましょう。

スポンサードリンク




服装の注意点

台湾旅行の服装は、基本的に「汚れても大丈夫な服装」で挑みましょう。
夜市などに行くと、汁が跳ねたりすることが多く、白い服装は汚れます。

また、雨が多く道路の舗装が未熟な場所があるため、水たまりで泥が跳ねます。
都市部から離れると、汚れる可能性が高まります。

足元はヒールなどは避け、スニーカーやぺったんこのパンプスなどが良いでしょう。

そんな理由も踏まえて、「高級品」も避けた方が良いです。
汚れたり、濡れたりしますからね(+o+)

雨対策と日焼け対策・持ち物

10月になると、雨も少なくなり、日差しも弱まってきます。
しかし、台湾は雨が降りやすい場所ですので対策はしておきましょう。

  • 折り畳み傘
  • 雨合羽、もしくはウインドブレーカー
  • 泥で汚れても大丈夫な服装


また、日差しは弱まったとはいえ、10月上旬は30度超える日もあります。
日焼け対策などの持ち物も、忘れないようにしましょう。

  • 帽子、サングラス
  • 日焼け止め
  • 日傘


九分や地方に行く場合は「虫よけスプレー」もあったほうがいいですね。
持ち物リストに加えておきましょう。

↓持ち物であると便利なものも、紹介しておきます。

  • ジップロック(夜市の食べ残しを持って帰れる)
  • ウエットティッシュ(夜市は手を拭くものがない)
  • ポケットティッシュ(紙が無いトイレが多い)


ちょっとした物ですが、あるのは無いのとでは快適さが違います(^^♪
是非、持ち物リストに追加してください。

まとめ

今回は10月の台湾旅行での服装についてご紹介しました。

  • 10月上旬は真夏の服装
  • 10月下旬から長袖もしくは半袖+上着
  • 朝晩と昼間の気温差が激しくなる
  • 冷房対策はまだ必要(上着を常備)
  • 雨対策
  • 10月上旬は日焼け対策も必要


10月になると、さすがに暑さも和らぎますが晴れると暑いです。
逆に雨続きだと寒く感じるでしょう。

どちらでも調整できる服装を準備して、快適な旅行をエンジョイしてください(^_-)-☆
ありがとうございました。


SNSでもご購読できます。