台湾旅行!7月の服装で知っておきたいポイントはコチラ!

Pocket

台湾は飲茶やスイーツが日本人の好みとマッチして、グルメ旅行にピッタリですね。
夜は夜市でグルメから雑貨まで、たっぷり満喫できます(^_-)-☆

そんな台湾の7月。
「日本の夏の服装で大丈夫でしょ?」
そう思っている人も多いはず。

間違ってはいませんが、少しコツがあります。
このポイントを抑えて置かないと、現地で「失敗した~(T_T)」なんて事態も…。

私も気になっていた7月の服装、自分なりに色々と調べて台湾の7月の服装のポイントをまとめてみました。
知っていて損はないので、皆さんにシェアしたいと思います。

今回は台湾旅行7月の服装についてご紹介します。

台湾旅行7月の服装

まずは天気と気温をチェック!

7月の台湾は、暑い日では35度を超えることもしばしば。
暑い日だと40度ぐらいまで上がるようです。

また、湿度も高いので、日本より蒸し暑く感じる人が多いかも。
沖縄で飛行機から降りた時の、「ムワっと」した感じと同じです。

夕方にはスコールもよく降るので、濡れても大丈夫な服装が中心となりますね。

台湾の7月は台風シーズンでもあります。
旅行の1週間ぐらい前から週間天気予報で台風のチェックは欠かさずに。
最悪の場合、飛行機が飛ばない…なんてこともあります(+o+)

台湾での滞在時も、夕方には大体スコールが降ると思って対応しておくとよいでしょう。

台湾各地の7月の平均気温と降水量です。

  • 台北 Taipei
    【最高気温】33度
    【最低気温】24度
    【降水量】269mm
    【降水日数】14日
  • 台中 Taichung
    【最高気温】32度
    【最低気温】25度
    【降水量】246mm
  • 台南 Tainan
    【最高気温】33度
    【最低気温】26度
    【降水量】346mm
  • 高雄 Kaohsiung
    【最高気温】32度
    【最低気温】26度
    【降水量】 371mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


7月の服装

基本的に、日本の真夏の服装と同じで問題ありません。
↓以下のような服装で観光する人が多いです。

  • Tシャツ、半袖シャツ
  • スニーカー、サンダル
  • ハーフパンツ、ミニスカート
  • 帽子、サングラス
  • カーディガン、スウェット


注意する点は、「冷房対策」と「雨対策」です。
台湾は「外が暑く、建物内は寒い」と思って服装は準備しましょう。

バスなどの公共交通機関、お店の店内など、羽織る物が無いと冷房に弱い人はすぐ体調を崩してしまいます。
おすすめなのが「スポーツタオル」を持っておいて、汗をかいたり雨に濡れたら「サッと」拭いて店内に入って上着を羽織る。
これで乗り切れるでしょう。

台湾は1年を通して湿度が高い。
その為、冷房を強く効かせて湿気を感じないようにさせているようです。
現地の家などでは、1年中「除湿器」を稼働させている家もあると言います。

もう一つ、この時期の服装の注意点として、「綺麗な服装」「白い服装」などを避ける。
スコールで濡れたり、跳ねた泥などで汚れる可能性が高いです。
お洒落をする場合も、雨にぬれたり、泥が跳ねても大丈夫な服装をチョイスしましょう~(^_-)-☆

続いて「雨対策」と「日焼け対策」について詳しく紹介します。

雨対策

スコールや台風の影響で、足元が濡れることが多いと思います。
濡れても大丈夫なスニーカーや、スポーツサンダルを使い分けて観光すると便利かと思います。

傘は必須なので折り畳み傘を1本。
また雨ガッパも重宝します。

狭い観光地など、傘をさすと人ごみの邪魔になる場合があります。
そんな時に雨ガッパ。これで他人にぶつかる事無く観光できます。

カバンの奥に突っ込んでおけば、そんなに邪魔にならないでしょう。

荷物を少しでも減らしたい人は現地購入も可能です。
デザインはちょっと我慢する感じですが、折りたたみ傘や、雨ガッパ、ウインドブレーカーなど日本より安く買えることも。

ちょっと細かいですが、カバンも防水加工や撥水加工されていると安心します。

雨は1時間から2時間ぐらいで止むことも多いので、雨が降ったらカフェやショッピングモールで時間を潰すのもアリです。
繰り返しになりますが、服装は濡れても大丈夫な服を選びましょう(^_-)-☆

日焼け対策

台湾も7月になると日差しも強く「ジリジリ」と肌が焼かれる感じがする、という意見もあります。
それぐらい日差しは「強烈」と思った方がよいでしょう。

帽子、サングラス、日傘、日焼け止め等、きっちり対策しましょう。

日本に帰って気付くと、「想像以上に日焼けしていた…」なんてことは避けたいですね(+o+)

まとめ

今回は台湾旅行7月の服装についてご紹介しました。

ポイントは以下の通りです。

  • 日本の真夏の服装と同じでよい
  • 雨(スコール)が多いので雨対策をする
  • 冷房が寒いので上着は常備
  • 日焼け対策もしっかり行う


後は台風が来ないことを祈るだけですね。
ありがとうございました。


SNSでもご購読できます。