台湾旅行!5月に行くなら服装のポイントはコレ!

Pocket

5月の台湾旅行!
日本ではGWに台湾に行く人も多いですね。

日本からのアクセスも抜群で、東京からでも4時間で着く手軽さ(^^♪
時差も1時間と少ないので気軽に行ける海外旅行先として人気が高いですね。

そんな台湾の5月の服装はちょっと悩みました…
「暑い?夏服だけで大丈夫??」そんな疑問が湧きましたので、私なりにガッツリ調べてみました(^_-)-☆
いくつかポイントがありましたので、皆さんにシェアしたいと思います。

今回は5月の台湾旅行での服装についてご紹介します。

スポンサードリンク




5月の台湾旅行での服装

天気と気温チェック!

飛行機から降りるときに、南国独特の湿気(モワっとした感じ)を感じることが出来るでしょう(^^♪
沖縄でも同じ感覚を経験できますね。

台湾では5月から暑さが一気に増してきます。
ただし、台北などは肌寒く感じる日もあり調整が必要です。
気温が20度を下回る日は、上着が1枚必要かと思います。

台湾では雨季に入るので、雨対策は必須です。
スコールですので、ドバーっと降って終わる雨が多いでしょう。
1日ずっと降り続けることは、あまりないですね。

↓台湾各地の5月の気温と降水量です。

  • 台北 Taipei
    最高気温28度
    最低気温20度
    降水量205mm
    降水日数16日
  • 台中 Taichung
    最高気温30度
    最低気温22度
    降水量225mm
  • 台南 Tainan
    最高気温31度
    最低気温24度
    降水量176mm
  • 高雄 Kaohsiung
    最高気温30度
    最低気温24度
    降水量 177mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


スポンサードリンク




5月上旬の服装

台北などは朝晩冷えることもあるでしょう。
台南や高雄などでは、気温差は少なくなっている頃です。

また、突然の雨に注意。
雨対策は必須です。
折りたたみ傘、ウインドブレーカーも持っていたいですね。

水はけが悪い場所もあるので、雨が降ったら白い服装は汚れることがあります。
道路も綺麗に舗装されていない場所もあったりしますので、あまり綺麗すぎる服装は注意です。

5月中旬・5月下旬の服装

5月も中旬を過ぎれば、1日中、夏の服装で動けるでしょう。

ただし、冷房対策にカーディガン、パーカーなどは必需品です。
外は暑くて汗だくになっても、建物の中が冷房ガンガンだと身体が冷えて体調を崩してしまいます。

汗をふき取り、上着を着て冷房対策しましょう。

夜は蒸していて、かき氷がおいしくなってくる季節です。
フルーツも多く出回り、マンゴーも食べられるようになります。

マンゴーかき氷がおいしい季節になってきましたね(^^♪

5月の服装のポイント

  • 基本的に夏の服装でOK
  • 半袖、ハーフパンツ、ノースリーブ、ワンピースなど
  • 雨や夜市で汚れることを考え綺麗すぎる服装は避ける
  • 冷房対策で上着を準備しておく


注意点

5月の台湾は、曇っていても気温が高く、湿度も高いです。
日中は汗が沢山出ると思いますので、水分補給は忘れずに。

水はコンピニで買えますので、必要以上に持ち歩くことはありません。

また、お子さんと家族で台湾旅行する場合は、「生もの」に注意しましょう。
気温が上がり、湿度も高くなっているので食べ物は注意です。

大人でもお腹が弱い人は、海鮮なども注意する意識を持ちましょう。
薬は日本から持参することを勧めます。

まとめ

今回は5月の台湾旅行での服装についてご紹介しました。

  • 夏の服装でOK
  • 半袖、ハーフパンツ、ノースリーブ、ワンピースなど
  • 雨や夜市で汚れることを考え綺麗すぎる服装は避ける
  • 冷房対策で上着を準備しておく
  • 汗をかくので水分補給を忘れない
  • 気温と湿度が高いので食べ物は注意


5月からプールを解放するホテルがあるようです。
日中の気温が高ければひと泳ぎするのもありですね(^^♪

では台湾旅行楽しんでください!
ありがとうございました。


SNSでもご購読できます。