台湾旅行!4月の服装に困ったらコチラをチェック!

Pocket

4月の台湾は気候が比較的落ち着いている時期です。
旅行会社でもベストシーズンにランクインしている4月。

「台湾は日本より暑いだろう」と思って夏物だけ準備してはNG!(+o+)
私も「どうせ台湾は暑いんでしょ?」と思っていたので間違いに気づけてよかったです~。

色々と調べて「服装の目安」になるように情報をまとめましたので、皆さんにシェアしたいと思います。
まだ完全に夏に入っていない4月の台湾での服装は、思ったより「夏」ではなかった。

今回は4月の台湾旅行での服装についてご紹介します。

スポンサードリンク




台湾旅行4月の服装

まずは天気と気温チェック!

4月は台湾でも季節の変わり目。
春から夏に変わる不安定な日々。

気温の差も激しく、昼間は暑くても朝晩は冷える、といった感じでしょう。
昼間は半袖一枚で過ごし、朝晩は上からパーカーやカーディガン着て調整。

この時期も雨が多いですので、折りたたみ傘や、ウインドブレーカーも重宝します。
傘はコンビニでも売っていますので、現地で調達するのも簡単でしょう。

↓台湾各地の気温と降水量です。

  • 台北 Taipei
    最高気温24度
    最低気温17度
    降水量182mm
    降水日数15日
  • 台中 Taichung
    最高気温28度
    最低気温19度
    降水量135mm
  • 台南 Tainan
    最高気温29度
    最低気温21度
    降水量85mm
  • 高雄 Kaohsiung
    最高気温29度
    最低気温22度
    降水量 73mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


スポンサードリンク




4月上旬の服装

服装は日本の春物と夏物を準備して、朝晩と昼間の気温差に対応しましょう。
もうコートは要りません。

ただし、天気が悪いと日中も寒く感じるので、重ね着で対応します。
↓以下のようなコーデで過ごしている人が多いですね。

  • 半袖にカーディガン
  • 七分袖のシャツ1枚だけ
  • ノースリーブにカーディガン
  • 長袖Tシャツやパーカー


地元の人でも、暑がりの人はサンダルや短パンも男性もいるようです。
暑がりな人は涼しい服装も準備してもよいでしょう。
ただ、私は寒がりなので遠慮しますが…(+o+)

滞在中、ずっと雨や曇りが続くこともあります。
ウインドブレーカーなども、小さく畳めるのでカバンの奥に入れておけば便利かと思います(^^♪

4月中旬・4月下旬の服装

台北でも4月後半になると暑くなります。
日中は「半袖+短パン」でも大丈夫でしょう。
ただし、屋内はエアコンのが効いているので羽織る物はほしいですね。

台南や高雄などの南側を観光されるなら、1日中、暑いと思います。
朝晩と昼間の気温差も激しくないので服装は夏モードで。

日焼け止め、日傘、帽子、などの紫外線対策が必要です。
また、エアコンの温度差が苦手な人は「羽織る物」で調整ですね(^^♪

まとめ

今回は4月の台湾旅行での服装についてご紹介しました。

  • 4月の前半は朝晩と昼間の気温差が激しい
  • カーディガン、パーカーなどで調整
  • 晴れたら日中はTシャツや半袖でもOK
  • 4月後半は夏モード
  • 屋内のエアコンの冷え対策で羽織る物を準備


ありがとうございました。


SNSでもご購読できます。