イタリア旅行に5月行く!服装に迷ったらコチラをチェック!

Pocket

5月のイタリア旅行。
どんな服装が過ごしやすいのでしょうか?

「暑い」と言う人もいれば、「寒かった」と言う人もいる。
どっちが正しいの~(T_T)

私なりに「答え」が欲しくて、色々と調べまくって情報をまとめました~。
準備する服装の「目安」にはなるかと思いますので、みなさんにシェアしたいと思います。

今回はイタリア旅行5月の服装についてご紹介します。

スポンサードリンク




イタリア旅行5月の服装

気温とお天気をチェック

5月のイタリアは気持ちの良い観光が楽しめる時期でしょう。
簡単に「5月のお天気」の特徴をピックアップします。

  • 晴れると初夏の穏やかさ
  • 夜8時頃まで明るい!
  • 雨もダラダラ降ることが少ない


↓イタリア各地の5月の気温と降水量です。

  • ローマ Rome
    【最高気温】24度
    【最低気温】11度
    【降水量】47mm
    【降水日数】6日
  • フィレンツェ Florence
    【最高気温】23度
    【最低気温】11度
    【降水量】73mm
    【降水日数】8日
  • ミラノ Milan
    【最高気温】22度
    【最低気温】11度
    【降水量】97mm
    【降水日数】13日
  • ベネチア Venice
    【最高気温】21度
    【最低気温】12度
    【降水量】69mm
    【降水日数】11日
  • 参考サイト:http://www.ryoko.info

5月のイタリアは全体的に「暑すぎず」「寒すぎず」と言った感じでしょう。
雨は短時間の夕立などが多いです。
従って「折り畳み傘」は準備しておきましょう。

5月上旬の服装

天気が良い昼間は暑く感じることがあるのでTシャツや半袖シャツ。
朝晩、雨などの日は肌寒いこともあるのでカーディガンや長袖シャツ。
軽く調整できる服装で対応しましょう。

    服装のポイント!

  • 昼間は暑いこともある
  • 朝夜は冷えるので重ね着で調整!



寒がりの人は「長袖」を多めに持っていきましょう。
1日で10度近くの温度差があるので、夜や朝早い外出は寒いでしょう。

↓半袖と長袖が混在していますね。

5月中旬・5月下旬の服装

5月も後半になると、気温が上がり25度を超える日も増える頃。
昼間はTシャツ1枚でも過ごせるかと思います。

ビーチの日光浴人数も増える頃です。
紫外線の対策をしっかりと意識する必要が出てきます。

スポンサードリンク




日差しの強さに注意!

東京などに住んでいると、あまり日差しの強さを感じることは少ないでしょう。
しかし、イタリアの日差しは、「日本とは比べ物にならないぐらい強い!」と主張する人もいます!
男性でも、しっかりと紫外線対策は行いましょう~(^_-)-☆

  • サングラス
  • 帽子
  • 日焼け止め

大した荷物になりませんので、日差し対策は忘れずに。

カプリ島の「青の洞窟」はそろそろシーズンに入ります。
海などの観光地に行く場合は、紫外線対策は必須ですね(^^♪

靴について

靴はウォーキングシューズのような、「靴底のゴムがしっかりとある種類」が便利と感じる人が多いです。
イタリアは石畳が多いので、観光地を歩いて周るならスニーカーも動きやすいでしょう。

硬い石畳は「足への負担」も結構あります。
靴底の薄いペタペタの靴では、足を痛めてしまうから知れません。

また、硬い石畳は靴も傷つけてしまうので、お気に入りの高価な靴も避けた方が無難ですね(+o+)

お洒落なレストランや、華やかな場所に行く予定があるなら、靴は2足持って行き、場所に合わせてチェンジしましょう。

団体のツアーなどで、あまり歩くことが無いなら、いつもの慣れた靴で大丈夫でしょう。

まとめ

今回はイタリア旅行5月の服装についてご紹介しました。

  • 晴れると昼間は暑くなる
  • 昼と夜の温度差が激しい
  • 昼間はTシャツ1枚で過ごせる日もある
  • 日差しの強さに注意(要対策)
  • 重ね着で調整できる服装を選ぶ


ありがとうございました。


SNSでもご購読できます。