2月のイタリア旅行!気になる服装はコレで準備OK!

Pocket

2月のイタリアはどんな服装が必要なのか?
イタリア旅行に行く前に、服装のチェックをしておきたいですね。

私も色々と調べてみましたが、役立つ情報が色々と出てきました!!
そこで、2月のイタリア旅行を考えている皆さんと、この情報をシェアしたいと思います。

今回は2月のイタリア旅行を楽しむための服装についてご紹介します。

スポンサードリンク




イタリア旅行2月の服装

Mihoc Paulさん(@paul1017m)がシェアした投稿

まずは2月の天気と気温をチェック!

2月のイタリアは日本で言えば、東京に近いと思っても良いでしょう。
大雨は少なく、天気が悪くても小雨や曇りが多いです。
太陽が出ていないと寒さが強くなるので、防寒対策は万全に(^^♪

都市部は雪が降ることもありますが、南の地方で雪が降ることはまれです。
↓以下に各地の平均気温と降水量をまとめました。

  • ローマ Rome
    【最高気温】14度
    【最低気温】3度
    【降水量】76mm
    【降水日数】9日
  • フィレンツェ Florence
    【最高気温】12度
    【最低気温】3度
    【降水量】69mm
    【降水日数】8日
  • ミラノ Milan
    【最高気温】8度
    【最低気温】0度
    【降水量】63mm
    【降水日数】8日
  • ベネチア Venice
    【最高気温】8度
    【最低気温】1度
    【降水量】54mm
    【降水日数】6日

※参考サイト:http://www.ryoko.info

2月の服装のポイント!

基本は東京の真冬と同じスタイル。
ダウンジャケットやコートが必要です。

場所によって調整できるように、以下のインナーや小物を持参しましょう。
↓特に寒がりさんは準備を万全に。

  • マフラー
  • 手袋
  • 帽子
  • 厚手の靴下
  • インナー(ババシャツ)
  • タイツ(レギンス)
  • ホッカイロ
  • カーディガン
  • スニーカー
  • 毛糸のパンツ



続いて「時期による違い」と「細かいポイント」をご紹介していきます。

スポンサードリンク




2月上旬と2月下旬の違い

2月上旬と1月の気温とほぼ同じ。
真冬の服装です。

太陽が出れば温かくなる日もありますが、基本的には寒いです。
洋服は厚手のものに、コートやダウンジャケットで調整。

2月中旬から2月下旬にかけては寒さが落ち着く日も多くなります。
ただ、寒いことには変わりませんので防寒の準備だけは整えましょう。

細かいポイント

イタリア旅行では、街を歩いて観光することが多くなると思います。
そこで注意したいのが「足元」。

イタリアは石畳や石造りの建造物が多いので、足元から冷えます。

自分が「寒がり」だと思う人は、足元の防寒対策はバッチリで挑みましょう~(^_-)-☆

2月のイタリア旅行者の体験談などを調べてみると、以下のような対策をしている人がいました。

  • 靴下の2枚重ね
  • タイツの2枚重ね
  • 足の裏に貼る足先カイロ
  • 塗るカイロ
  • ショートブーツで足首を隠す

ベネチアを観光するなら足元だけでなく、海風にも注意。
服の隙間風が寒いので、マフラーや手袋、帽子などは必須です。

ヒールについて

女性は靴に注意しましょう。
石畳が多いイタリアではヒールは不便です。
スニーカーやローヒール、ブーツなどが重宝します。

ただし、ドレスアップするようなフォーマルな場所に行くようであれば、話は別ですね(^^♪
そんな時はタクシーを使い、玄関の近くまで車を寄せてもらって、なるべく石畳を歩かない工夫をしましょう。

まとめ

今回は2月のイタリア旅行で気になる服装についてご紹介しました。

ポイントは以下の通りです。

  • 東京の真冬ぐらい寒い
  • 足元の寒さ対策が必要
  • ベネチアは風対策も必要
  • ヒールは不便



寒さ対策はしっかりと!
2月のイタリア旅行、楽しんでください(^_-)-☆


SNSでもご購読できます。