「あっ!歯茎が赤い!」もしかして歯周病!?

歯茎が赤い
Pocket

歯茎が赤い。歯ブラシやフロスを使うと血が出る!
それは歯肉炎かもしれません。
そのまま放置すると歯周病になり今後の人生の大きなダメージになります。
今回はそんな歯周病についてご紹介します。

スポンサードリンク




若い頃、虫歯が出来て歯医者で治療した経験がある方は少なくないと思います。
そして、中年期になると虫歯ではなく歯周病が気になりますよね。

最近では聞き慣れた歯周病ですが、昔は歯槽膿漏と呼ばれていたようです。

認識としては老人になると出てくるくらいだったのですが、昨今では30代くらいの方でもなることもあるようですので注意が必要ですよ!

今回は、若いうちから気を付けたい歯周病について話をしていきます。

歯周病とは?

歯茎だけの炎症は「歯肉炎」といいます。
これが、徐々に歯と歯茎の間に隙間ができるようになってくると、「歯周炎」と呼ばれる症状へと悪化していきます。

歯周病はこれらの症状を総称したものを指しています。

歯周病菌は、「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯茎の隙間から侵入し、炎症を引き起こします。
これがひどくなってきてしまうと歯を支える骨である「歯槽骨」まで溶かしてしまいます。

早期に治療しないと、グラグラとしてきて最後には歯がポロリと抜け落ちてしまうことになります。

虫歯でもない健康な歯なのにもかかわらず、歯を失ってしまうことになりかねません。

特に、虫歯になりにくいタイプの方は普段歯医者さんにいく機会が少ないと思うのです。
しかし、久しぶりに定期検診でも受けようかと歯医者さんにいったところ歯周病が見つかってしまったということもあるようですね。

そのようなことがないように、普段から歯周病の恐れがないかどうか、血などが出て不快な症状がないかどうかなどを歯磨きの際などに念入りにチェックしておくと良いでしょう。
歯周病チェックをしてみましょう!

    歯周病かどうかを確認してみましょう。
    ・歯茎が赤く腫れて、柔らかくなっている
    ・歯を磨いたらいつも血が出る
    ・歯が浮いているような感覚がある
    ・気が付けば歯にものが挟まっている
    ・口臭がある
    ・冷たいものが染みる

このような症状が数個でも当てはまればあなたは歯周病でしょう。

歯周病菌は、歯茎を構成しているコラーゲンを壊すので、歯茎がやせていくものです。
しかし、実は歯茎がやせていないから歯周病ではないというわけでもありません。

歯茎が腫れている部分に細菌がたまって赤く炎症がおこっている場合もあります。
その場合は、歯茎が下がることなくむしろプヨプヨとふくれあがっていきますので要注意です。

歯周病の恐ろしさ

歯周病菌の恐ろしいところは、口腔内のだけにとどまらないところです。

近年の研究では、歯周病を患っている人は、血液を巡り全身に歯周病菌がまわり、心疾患や呼吸器疾患、糖尿病などになりやすいともいわれています。

特に妊婦さんは、歯周病菌の毒素などが血液中に入り胎盤を通して赤ちゃんにまで悪い影響があることが多いようです。
早産を引き起こす可能性があるといわれていますので注意が必要です。気を付けましょう。

口内のケアは忙しいからと言って放置してはいけません!

歯茎が赤いと思ったら即、歯医者さんに相談しましょう。
面倒だからと言って放置すると体にまで悪影響を及ぼす可能性があります。

異変に気づいたらすぐに治療しましょう。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。