ヨーグルト歯磨きは正しいのか?考えよう♪

ヨーグルト歯磨き
Pocket

ヨーグルト歯磨き、話題になりましたね。
今回はそんなヨーグルトで歯を磨くとどのような効果があるのか?
はたしてヨーグルトで歯を磨いて問題はないのか?
二つの意見をご紹介します。

スポンサードリンク




誰かと会話をしている時に、ふと笑った顔から見えた歯が黄色だったり、歯並びがガチャガチャしていたり、きつい臭いがすると思わず「うわっ」と思いますよね。
どんなに美容に気を遣って、見た目が綺麗でもこのように細かいところがダメだとどうしても気になってしまいます。

昨今の日本では成人の約半分が何かしらの歯周病を持っていると言われていますね。
そして、それは年齢を重ねるごとに割合が大きくなっていきます。

そこに登場したのが「ヨーグルト歯磨き」。
テレビで紹介され話題になりました。

しかし、その効果に対する意見は真っ二つ!
はたしてどちらが正しいのでしょうか?

私も歯磨き粉から卒業して数年経過しています。
とても気になる内容でした。

今回は、そんな歯周病に効果が高いと言われている「ヨーグルト歯磨き」についてご紹介します。

ヨーグルト歯磨き

「ヨーグルトで歯を磨く」というのは衝撃的だったようで話題になりましたね。
ヨーグルトが歯周病予防に良いとされる根拠は以下の通りです。

主に歯周病の原因は、食べかすや歯垢に住み着いている歯周病菌といわれています。
中でもジンニバリス菌の出す酵素が歯の周囲に歯周ポケットと呼ばれる深い溝を作ります。ここで炎症を起こして歯肉炎を起こします。

しかし、ヨーグルトを摂取することで乳酸菌が急速に増殖して乳酸を作り、ジンニバリス菌を駆除してしまいます。
歯磨きの後のヨーグルトが歯周病を予防します。

やり方としては、普通に歯を磨いて口の中を清潔します。
その後、無糖のプレーンヨーグルトを歯ブラシに適量つけ、歯と歯肉の間にすりこむように磨きます。
磨き終わったら口の中は水ですすがずにそのままにしておきます。
これを朝と夜行います。

すると歯茎からの出血や腫れなどの症状は2~3日で収まってくる。

↑これがヨーグルト歯磨きの方法です。

試してみてくださいと言われたからってちょっと抵抗はありますよね。

それに、ヨーグルトを歯に塗って、口もすすがずに虫歯にならないのでしょうか?

ここが意見の分かれどころ!

まずは肯定派

ヨーグルトの乳酸菌と虫歯の原因になる乳酸菌、ミュータンス菌とは種類が違います。

ミュータンス菌は酸に弱いため、乳酸菌の酸性によって抑制されます。
また、乳酸菌は口の中に常に存在する菌ではないため一時的に増えたとしても、しばらくすれば自然消滅してしまいます。

むしろ、良質のたんぱく質、カルシウム、ビタミンなどの栄養素を豊富に含んでいるのでヨーグルトは歯に抵抗力をつけてくれる。

続いて反対派

虫歯菌を増殖させる成分は砂糖、果糖、乳糖があります。
ヨーグルトには三番目の乳糖が含まれています。

したがって歯に「歯垢(プラーク)」が残った状態でヨーグルトを塗ると虫歯菌を繁殖させる。
歯周病に効果があるかも知れないが歯垢が全く無い状態を歯医者でもない素人が把握できるわけがない。

歯周病予防は一般的な歯垢を除去するブラッシングやフロスなどを勧める。

以上、2つの意見をご紹介しました。

どちらを信じるかはあなたの考えにお任せするしかないですね。
ちなみに私は自家製乳酸菌で歯磨きをし、普通にうがいしています。

※これだけは注意!!

ただし、果物が入ったヨーグルトや砂糖が含まれているもので行うと、ただ虫歯を悪化させるだけになるので、やめましょうね。

どちらを選択するにしても歯周病はやっかいです。
年齢を重ねると思い知らされます。

歯周病の恐ろしさ

歯周病の症状は、歯茎が腫れたり、歯茎から血が出たりという初期症状から始まります。

そしてそれを放置していると、膿が出たり口臭がひどくなったり、歯が抜け落ちたりと…悲惨なことになるわけです。

歯周病の大きな特徴は、痛みや違和感のような自覚症状がほとんどないまま症状が進んでしまうというところです。

成人の約半数が歯周病というところは、この気付きにくさからきているのでしょう。

さらに厄介なことに炎症した歯茎から体内に歯周病菌が入り込み、血流にのって全身に散らばってしまうことです。

歯周病菌によって血管の内側で炎症を起こし、動脈硬化や肺炎、糖尿病をも引き起こします。

私の歯も若いころと比べて歯茎が縮小しています。
歯医者さんに行って指摘され、初めて気づきました。

歯の根元がちょっと顔を出している感じです。

自分でブラッシングやフロスで毎日ケアしていますが完璧には出来ません。
歯医者さんには定期的に通って虫歯や歯周病予防のためにクリーニングしてもらいましょう。

日本の歯に対する認識はまだまだ「悪くなったら歯医者」みたいに対処的な考えが多いです。
一方、欧米では歯医者には「予防」の目的で通う人が多いらしいです。

結果的に「予防」が安くつきますからね。
現実的です。

ヨーグルト歯磨きについての私の意見は△。

乳酸菌の効果は私も信じて自家製の乳酸菌で歯磨きしています。
しかし、塗ったまま放置というのが疑問です。

歯磨き粉と同じように補助的に使うなら理解できます。
歯磨き粉を使うよりも乳酸菌の方がマシだと思うからです。

私の答えとしてはヨーグルトで磨いた後はゆすぐ。
1番大事なのはブラッシングだと考えるからです。

ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。