ローラの髪色をオーダーするには?

ローラ髪色オーダー
Pocket

タレントのローラは可愛くておしゃれ!
そんなローラの髪色をオーダーする場合の参考にしてください。

スポンサードリンク




ローラの髪色

ローラの髪色と言えばアッシュ系のハイトーンですね。
とても人気がある外国人風カラーです。
アッシュとは灰色のことです。

もともとローラの地毛の髪色は黒と言っていいでしょう。

カラーも単純に1色ではなくグラデーションなども入れ立体感もあります。
ローラのカラーリングは根本を暗くしていることが多くおしゃれですね。

オーダーする場合はハイトーンなアッシュ系をお願いしましょう。
黒い髪は1度、もしくは2度以上ブリーチする可能性もあります。

かなり髪にダメージが入る可能性が高いです。
そこは美容師さんに相談してみましょう。

黒い色素を抜くには時間と手間がかかります。
ケアも頻繁に行う必要が出てきます。

ハーフ系の髪質の人は髪質が日本人よりも明るい人が多いです。
黒い色素も抜けやすい髪質なら時間と手間も少なくなります。

しかしローラはかなり黒髪に近いのでかなりお手入れをしている様子。

ローラ風カール

ローラの髪型の印象は毛先のふわふわカールではないでしょうか。
毛先の動きがかわいさを際立たせているようです。

ローラのヘアスタイルが男性受けするのも納得(笑)。

自分でコテを使って出来るスタイルですので是非取り入れてみましょう。

毛先を巻いてふわふわを再現しています。
ワックスやスプレーも抑え気味で固すぎないようにしましょう。

コテは大き目を使えば自分でも簡単にローラ風カールができるようになります。
巻いた後は手でほぐして動きを出しましょう。

ローラ行きつけのお店

ローラと同じ髪色をオーダーするのが簡単なのは行きつけのお店に行くこと(笑)
手っ取り早いですね!

ローラの行きつけの美容室は以下の3つのようです。

    「ZACC」
    「MARIS」
    「SHIMA」

ZACCは青山です。
http://www.zacc.co.jp/

MARISは表参道と渋谷にあります。
http://maris-hair.com/

SHIMAはSHIMA原宿店です。
http://www.shima-hair.com/

ブリーチの注意点

ローラのように明るいアッシュ系のハイトーンのカラーにするにはブリーチが必須です。
色を落として透明感を出すわけです。

今では常識ですがブリーチは髪が相当痛みます

ブリーチは非常に髪が痛みます。

髪をキレイなハイトーンにするには2回とか3回とかブリーチしなければ色が入りません。
すると髪の毛の栄養はなくなりパサついた髪になってしまいます。

1番怖いのがすでに髪が痛んでいる人、髪質が弱い人は髪が溶けてしまいます。

昔に聞いた話ですがバンドマンの男性が髪の毛をキレイなピンクにするためにブリーチしまくったそうです。
翌日の朝、起きてびっくり!

髪の毛が根本近くでちぎれて枕に散乱していたそうです…。

こんなことにならない為には自分でブリーチするのは控えた方がいいですね。

やはり美容室でプロにまかせましょう。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。