歯周病の予防は若いうちからケアするのが大事!

歯周病予防
Pocket

40歳前後から発症する歯周病。
今回はそんな歯周病の予防についてご紹介します。

スポンサードリンク




加齢によって老化する場所は、表に出ている皮膚や髪の毛だけではなく、体の中の細胞や骨、そして口の中まで劣化していきます。

その中でも口の中の劣化と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?
具体的な症状がパッと出てこない人もいると思いますが、やはり歯周病ではないでしょうか。

確かに、歯周病は老化によって出てくるものです。
そして歯周病は加齢に伴って患者数が右肩上がりに増えていきます。

データによると40代以上の約80%が症状を感じているそうですよ!

加えて、歯周病は口腔内の老化を促進するとも言われています。
今回はそんな歯周病の予防についてご紹介します。

歯周病になると?

歯周病は口の中の環境を悪くさせます。
年を取ると、細菌に対する免疫力がどんどん落ちていくので、歯周病感染を起こしやすくなるんですね。

さらに細菌感染した歯茎は炎症を起こして活性酸素を増加させます。
活性酸素は、体内の細胞を酸化させることでどんどん老化を促進するので、口の中が老けていくということなのです。

また、歯周病が悪化すると歯を失う可能性が高まります。
歯茎が柔らかくなり不安定になると、歯がぐらついて抜け落ちてしまいます。

これは、口腔内全体にまで広がります。

歯がぐらつき始めると、咀嚼力が低下します。
不安定な状態なので思いきり噛めなくなるのは当然のことです。

咀嚼力の低下から咀嚼するための筋力まで落ち、さらに咀嚼が困難になるという悪循環を引き起こします。
加えて、咀嚼力の低下は唾液の分泌量にも影響します。

ただでさえ加齢に伴って、唾液腺の機能が低下している上に、噛む回数が減ることで唾液の量がさらに減ってしまうのです。

唾液が少ないということはつまり、口腔内が乾燥しているということです。

口腔の乾燥は細菌の繁殖を進め、虫歯や歯周病の進行を早めます。
これは口臭や味覚障害などにも繋がるので、日常生活に多大な影響を及ぼします。

また、咀嚼筋の低下は、頬のたるみなど見た目にも影響があります。成人している人のほとんどがなりうる歯周病は、さまざまな悪循環を引き起こしてしまうのです。

歯周病を予防する

生活習慣を改善しましょう。
それにはケアが一番。

口腔の老化を遅らせる、また口腔を若く保つためには、日頃のケアがとても大切になってきます。
重度の歯周病には、外科手術が必要ですが軽度の場合には進行を遅らせることが可能です。

歯科による歯石除去や、専門の器具を使用したクリーニングなどの方法がありますが、自分で行うブラッシングもかなり大切です。
歯科で正しい磨き方を学び、食べ物のカスを口に残さないように心掛けましょう。

歯周病の予防で大事なのはプラーク(歯の垢)を除去すること。
プラークとは食べ残しやカスなどのことです。
放置すると歯石になり最近が繁殖します。

このプラークは歯ブラシで除去するのが一番です。
正しい歯磨きの方法を学びましょう。

サプリメントや薬用ハミガキなどでは除去できません。
歯ブラシと歯間ブラシ、デンタルフロスなどでしっかり除去するしかありません。
また定期的に歯医者さんに通ってクリーニングすることも大事です。
それでも1番効果的なのは毎日の歯ブラシでしっかりプラークを除去することですね。

また、喫煙や不規則な食習慣、ストレスなどは歯周病を進行させてしまいます。

先ほども述べたように、歯周病は口腔の老化にかなりの影響がある病気です。

人間の喜びである食に関して直接関わる口腔なので、毎日意識して、健康な歯を維持できるようにしていきましょう!
いつまでもご飯を美味しく食べられると嬉しいですね!

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。