仕事のストレスに限界を感じたら…

仕事のストレスに限界を感じたら
Pocket

仕事のストレス。
毎日仕事のストレスで悩んでいる人は多いでしょう。
今回は仕事のストレスで限界を感じた時の対処をご紹介します。

スポンサードリンク




ストレスは多少のものであれば、むしろ体に良いということを皆さんはご存知でしょうか?
多少のストレスは野心や向上心を促進し、モチベーションを上げます。

しかし、昨今の日本社会とストレスを溜め込みやすい日本人の性質が相まって、年々ストレスによる病気にかかる人は増加傾向にあります。
となると、ストレスはやはり無くすことが大切ですよね。

しかし、ストレスを無くそう!と言われて無くすことが出来れば、病気になる人が増加することはありません。

ですので、今回は心のストレスとの付き合い方についてご紹介できればと思います。

休息の重要性

今の日本社会において重要性が増しているのが、休息です。

過剰な業務時間、対人関係でのストレスを癒すのは休息が一番の治療法と思います。
その為には、日本人特有の真面目気質を捨てなくてはいけません。

前もって連絡をすれば、周りからどう否定されようと休むという事は悪いことではないということをまずは覚えましょう。
休みは平等に労働者に与えられた権利です。

有給休暇を利用できる人は使いましょう。
頑張る人ほど有給休暇を消費しない傾向にあります。
しっかりと休んでいつもと違う場所に出かけて新しい体験をしましょう。

山や海などに一人で出かけて半日ぐらい「ボーッ」とするのも良いでしょう。
人間の脳は「暇」を感じたらリラックスする傾向にあります。
何もしない「暇な1日」はあなたをストレスから解放してくれるでしょう。

「自分がいなきゃ会社が回らない」
そう思う人も多いでしょう。

しかし、ほとんどの会社は「あなた」がいなくても機能します。
一人で責任を抱える必要はありません。
他人に任せることも大事です。

しかしストレスを感じてるからと、朝起きてから「あ、休もう」というような休み方は危険です。
それは、罪悪感のようなものが生まれて休んでいるのにリフレッシュできていない状況が生まれてしまいます。
また会社にも迷惑が掛かるのでしっかりと会社と相談し、休暇を取りましょう。

一番大切なのは、自分を責めない事なので、何もしない時期を作ってリフレッシュしてみてください。

病院での治療

ストレスによって心の病気になってしまった場合、専門の医者にかかることになります。そして治療は長期間かかることを前提にしましょう。

よく世間では、心無い声で「鬱は甘えの象徴」みたいなことが言われていますが、立派な病気です。
骨折や打撲などと同じように治るのに時間を要します。

むしろ心の病は治らない場合もあるので、そちらの方が重症と言えるでしょう。

治療にあたって、何よりも医師との信頼関係が何よりも大切になります。
お互いが協力し合って病気を克服していくことが大切です。

何でも打ち明けられて、裏切らない。真っすぐに話を聞いてくれる医師を選ぶのがポイントです。
話をじっくり聞いてくれて、今苦しんでいる症状や悩みに現実的な対応を示してくれる医師がベストですよ!

治療は本音から

治療にあたって大切なのは原因を探ることです。

特に心の病気にはこの問診はとても重要です。

いろいろな要素が絡み合っているため、自分ではどうしようもない状況であっても医師に適切な判断をしてもらうと意外と目の前がすっきりとするものです。

そのため、変な見栄を張って嘘をついて自分をごまかすことは絶対してはいけません。
医者もあなたのために全力なので、あなたから裏切ることは絶対にやめましょう。

他にもお薬などの処方で治療をするケースがありますが、それはお医者様に直接聞いてみてください。

仕事を辞める

今の仕事に限界を感じているならスッパリ辞めましょう。

私も経験がありますが、職種と環境を変えることでストレスから一気に解放されることがあります。

今の仕事はあなたが望んでいる仕事だろうか?
本気で考えたら答えが出るでしょう。

しかし、日々の生活のこともあるので突然「辞めます」とは言いにくいですね。
しっかりと次の転職先を見つけるなり、資格を取るなりして準備をしましょう。

学歴も無く、お金を稼ぐ技術も持っていない人は転職先も選べません。
今の会社よりも給料や待遇を上げたいならスキルアップは必須です。

副業などに手を出してもすぐには稼げません。
それなりの時間と勉強するためのお金が必要なことも考えて行動しましょう。

体の健康だけでなく心の健康もまた大切になってきます。
無理をして壊れてしまうことが無いように、決められたルールの中で自由に生きてみましょう!

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。