耳かきのやりすぎ?耳が痛いのはこんな病気かも!!

耳かきやりすぎ
Pocket

「痛い!!」
耳かき中にこんな経験したこと無いですか?

耳かきは気持ちが良いでの、毎日する人が多いようです。
私もその一人(^^♪

しかし、たまに痛みがあったり、血が出てしまったことがあります。
私の場合は、数日耳かきを休んでいたら痛みが治まったので特に耳鼻科などには行きませんでした。

ただ、「耳かきをやりすぎたら、問題でもあるのかな~」と思い色々と調べてみました。

すると「あれっ、耳かきってやりすぎたらダメなの??」(*_*)

なんと、耳かきをやりすぎると「痛み」だけでなく、病気の原因になることがわかりました!
これは耳かきが大好きな人達とシェアする必要があると思い記事にしました。

今回は、耳かきのやりすぎによる痛みや問題についてご紹介します。

スポンサードリンク




耳かきのやりすぎで痛い原因

耳かきのやりすぎで痛い場合は、皮膚が傷ついていることが原因です。

耳かきで耳垢をすべて取り除くことができれば良いのですが、場合によってはせっかく自然に外に出てこようとしている耳垢を中に押し戻してしまっていることもあるようです。

耳の奥の方がかゆいときに、ついつい力いっぱい耳かきを使ってかくことはないですか?
そして、耳の中が痛くなる…。

実は、耳の奥の方には、骨の上にクッションになる柔らかい皮膚の組織がありません。

硬い骨に薄い皮が覆っているだけの部分があります。
そのようなところを力いっぱいかいてしまうことによって、傷がついて血が出てくることがあります。
また、毎日クセで耳かきをカリカリやっていると力を入れていなくても傷つきます。

これが酷いケースになると、子供のためにと耳かきをした親御さんが、奥に入れて思いがけず鼓膜を傷だらけにしてしまうこともあるそうです。

耳かきのやりすぎで痛みが起こる場合、気になる病気は「外耳炎」。
読み方は「がいじえん」です。

外耳炎の症状

外耳炎は一般的に、「耳の穴」の部分が炎症になる病気。
鼓膜まで行かない「耳の穴」を指します。

耳かきのやりすぎで耳の穴の皮膚が傷つき、炎症や湿疹を起こす。
耳の穴の皮膚は薄く、爪でも傷がつきます。

傷の部分に菌が入り、炎症。
かゆみで収まる場合もあるようです。

症状が軽い場合は、数日で回復しますが、耳かきがクセになっている人は炎症を悪化させる場合が多いようです。
外耳炎の症状は以下の通りです。

  • 耳が痛い
  • 耳を引っ張ると痛い
  • 耳を押すと痛い
  • 口を動かすと耳が痛い
  • 耳の周辺が痛い
  • とても耳がかゆい
  • 湿疹ができる
  • 耳が臭い
  • 耳だれ(汁)が出る
  • おできができる
  • 耳鳴りがする
  • 音が聞こえにくい(難聴)
  • 血が出る


耳が痛いなどの症状があっても、耳かきを辞められない人は炎症の「治り、再発」を繰り返すことがあります。

耳かきをしないとどうなる?

耳垢を取るために行う耳かきですが、しないとどうなるのでしょうか?

耳垢が気になってついつい気が付いたときに耳かきに手を伸ばしてしまうかたもおられると思いますが、元々耳垢は皮膚の新陳代謝に伴って自然と、耳の外側へと押し出されていくものなのです。

子供の耳の穴をのぞいたときに耳垢が見えたりするとついついすぐに耳かきをしてあげようと思われるかと思います。
しかし、耳かきのし過ぎによってのトラブルもありますので注意が必要です。

もちろん、全くしないのも問題はありますので、誤解はしないでください。
耳鼻科の先生などは、一か月に一度で十分という意見もあります。

まとめ

今回は、耳かきのやりすぎによる痛みの原因や、外耳炎についてご紹介しました。

とっても気持ちが良い耳かきですが、やりすぎはダメだったんですね~(T_T)
安全面も視野に入れて、たまに行うようにしましょうね!

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。