眼の健康を守ろう!今日から出来る白内障予防とは?

白内障予防
Pocket

年齢を重ねると気になる病気「白内障」。
今回は白内障の予防についてご紹介します。

スポンサードリンク




目の病気と聞いてまず思い浮かぶものは何でしょう?
思い浮かんだものは、「白内障」と答える人も多いはず。
名前だけでも知っている、という人も多いでしょう。

ただ、実際にどのような病気なのかは分からないのではないでしょうか?

今回は、「白内障」についてみていきたいと思います。

白内障とは?

簡単に言うと、目の中にある水晶体という部分が白く濁る病気です。

水晶体とは、カメラでいうとレンズに当たる部分のことで、もともとは無色透明です。

私たちの目は、水晶体が伸縮することで、遠くのものや近くのものを見るときにピント調節をすることが出来ています。
しかし、この部分が白く濁ってくると、物が見えにくかったり、異常にまぶしさを感じたりといった症状が出てきます。

白内障の患者のものの見え方としては、常に目の前に霧がかったような感じだそうです。
進行が進むと、色も濁って見え、全体的に黄白色よりの見え方になります。

原因は?

白内障によって痛みや異物感などが生じることはありませんが、物を見るということにおいて、かなりの障害となります。

水晶体の成分はたんぱく質と水が大部分を占めています。
たんぱく質は、加齢に伴い、紫外線などの影響を受けてだんだんと白く濁ります。

その結果、水晶体まで白く濁り、視力の低下に繋がってしまうのです。

そのため、白内障の原因の中で最も多いのは「加齢」なのです。
ほかにも、遺伝や糖尿病などが原因となります。

白内障の予防

白内障は強い紫外線を避けたり、バランスの良い食事をとったりすることで、予防になります。

紫外線
まずは紫外線から目を守りましょう。
必要なのは以下の2つ。
・サングラス
・つばの広い帽子

サングラスだけでは隙間から紫外線が入り込みます。
したがってつばの広い帽子を使いダブルで予防しましょう。
朝と夕方の太陽が目線にあるときは太陽の光を直接見ないように気を付けましょう。

食事
食事の面では活性酸素の増加が水晶体に含まれるタンパク質の酸化に影響を与えているようです。
抗酸化物質が含まれている食事を食べましょう。

・「ルテイン」
ほうれん草、ブロッコリー
・「アントシアニン」
ブルーベリー
・「ビタミンC」
アセロラ

これらを多く含む食材は白内障を防ぐと言われています。

また喫煙は水晶体のビタミンCを破壊してしまうため喫煙者は禁煙することが予防につながります。

違和感を覚えたら検査を

自覚がなくても、水晶体に濁りが発見される人は結構いるそうです。

加齢性の白内障の場合は40歳代から発症する人もいます。80歳代以上では、ほとんどの人が白内障だそうです。

白内障は、進行が遅いため、その見え方の不便さにも慣れてしまい、初期段階ではなかなか気付きにくいです。
また、左右で進行度合いが異なると、目の見えにくさを補い合ってしまうので、なおさら発見が遅くなります。

一度、白内障が進行して水晶体が濁りだすと元の透明に戻ることはありません。

日常生活に支障が出るほど、白内障が進んでしまったら、手術を考える必要があります。
しかし軽度の場合には、点眼薬や内服薬で進行を遅らせることも可能です。

予防をするのはいつ始めても遅くはありません。
また、しておくにこしたことはありません。

ここでの予防があなたの老後の生活の充実へつながると考えて、頑張りましょう。
いざ目の健康はお金で買えないとも言われています。

是非、予防をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。