キャリアウーマンに多い謎の頭痛は、重い病気の前兆だった!?

謎の頭痛
Pocket

今回は働く女性に多い謎の頭痛についてご紹介します。
心当たりがある人はチェックしてください。

スポンサードリンク




昨今では、男女平等の世の中から女性でも働く環境が整いつつあります。
そして、その働く女性の中で謎の頭痛を訴えている人が多いことをご存知でしょうか?

普段、私たちが頭痛を感じたら、「頭痛いな…。少し休もう」などそんなに重くは考えずに、市販の薬を飲みますよね。
しかし、この謎の頭痛…甘く見てはいけません。

頭痛にはいくつか種類がありますが、このように急に痛みが伴う頭痛には注意が必要なのです。
このタイプの頭痛には、体で異変が行っている場合が多いです。
ですので、すぐに処置をしないといけないものも多く、手遅れになると命取りとなる場合もあります。

今回は、この昨今の女性に多い急に出る頭痛についてお話しします。

謎の頭痛

このような頭痛は他の病気の可能性があることをお話ししましたが、例えばどのような病気の可能性があるのでしょうか?
見ていきましょう。

他の病気の可能性
・くも膜下出血
・脳腫瘍
・脳出血
・髄膜炎など

ほとんどが、脳が関係するもので、危険なものばかりですよね。
そして恐ろしいことに、中には痛みがない病気もあります。

例えば慢性硬膜下血腫は、激しい痛みはありませんが、軽い麻痺があります。
髄膜炎は風邪に似た症状が出るので、見分けが付きにくいと言えます。

若いときは頭痛に襲われたことがない人、頭を振ると痛みが増す場合、吐き気やおう吐がある場合は、頭の病気を疑った方が良いと言えます。

慢性の頭痛の場合
ほとんどが緊張型または筋収縮性頭痛という、いわば血行不良により筋肉が凝ることから起きると言えます。

その特徴は、頭を締め付けるような痛みが終日続くような頭痛です。

夕方から夜にかけて悪化する傾向があり、首を回すとめまいが起きる場合もあります。
筋肉や神経が緊張して起こる頭痛は多いものですが、その他には咬み合せが合わない、姿勢が悪い、睡眠不足、眼精疲労なども含まれます。

スマホやPCを猫背で使用している人は姿勢を正し、首と肩のストレッチを定期的に行いましょう。

精神的な疲労の場合

体に疾患がなく、ただ慢性的な頭痛の場合の多くは、日常生活の中に頭痛を起こす要因があります。

その中でも特に気を付けてほしいことは、睡眠不足です。

何でもないようなことですが、特に気を付けましょう。
疲労がたまって体が弱っていると、頭痛が起きやすくなりまたその症状もひどくなりやすいと言えます。

この事から、日々の生活の大切さがわかりますね。
普段から心と体に疲れを溜め込まないようにして、健康に過ごすことが大切になってきます。それこそが、最大の頭痛対策と言えるでしょう。

中には、偏頭痛のようなものもありますが、今回は突然の病気からきている可能性がある頭痛についてご紹介しました。

謎の頭痛は「頑張り屋さん」に多い症状です。
絶対仕事で上に行ってやる!と野心を燃やすのも大切ですが、体が資本なので女性の皆さんは特に、異変を感じたらすぐに病院へ行って休みましょう。

それで上司に文句を言われる場合は、パワハラです(笑)

たまには息抜きをしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。