花粉症の原因と対策で乗り越える!

花粉症の原因と対策
Pocket

毎年悩まされる花粉症。
今年から花粉症になった方もいることでしょう。
今回は花粉症の原因と対策をご紹介します。

スポンサードリンク




ある季節になると、私たちの日常生活にすら支障をきたしてしまうもの。
それは花粉症ですよね。

鼻や喉や目など、花粉症持ちの方には、多くの共感が得られると思います。
この時期は地獄の一言に尽きます。

そんな辛い花粉の時期を乗り切るために、世間ではいろいろな本やインターネット情報が出回っています。
情報過多な世の中、どの情報が有益な情報なのか探す能力が私達には求められてきますよね。

今回は、そんな花粉症を対策する前に、花粉症の原因を知り、対策を講じましょう。

花粉症の原因とは?

そもそも花粉症とは何なのでしょう?
それは、一言で言うとアレルギー性の病気です。

主に、スギやヒノキといった季節によって増える木々や花々が原因とされています。
それでは、この花粉がどのように花粉症を発症させるのでしょうか。

まず花粉が私達の体内に入るとリンパ球が異物と判断します。
そして、異物に働きかけるためにとある物質を生成します。

それが「IgE抗体」です。

抗体は鼻や目の粘膜の肥満細胞に結合します。
この肥満細胞は再び花粉が侵入すると増加します。

一定量に達するとロイコトリエンやヒスタミンという物質を出すようになります。
ロイコトリエンは血管を拡張させ鼻づまりを引き起こし、ヒスタミンは知覚神経を刺激し、目のかゆみや鼻水やくしゃみなどの症状を引き起こします。

涙や鼻水で花粉を体外へ放出したり、鼻づまりで花粉の侵入を防ぐためにこれらの症状が起きます。
これが花粉症のメカニズムです。

つまりアレルギーで体がおかしくなっているわけではなく、これ以上は自由にさせないぞ!と抵抗することで起きている反応なのです。

自宅で出来る対策について

前述のとおり、花粉症は花粉が体内に侵入することで起きます。

そのため花粉がひどい時期には花粉を遮断することが何よりの対策となるでしょう。

花粉の飛散情報をしっかり把握し、ひどい日にはマスクやメガネを着用して外出しましょう。
また、家の中ではドアや窓を閉めて花粉の侵入を減らし、就寝時は枕や布団をタオルなどで払うなどして細心の注意も必要です。

また、花粉症に効く食べものもあります。

それはズバリ、ヨーグルトです。

ビフィズス菌に免疫細胞の過剰反応を抑える働きがあります。

乳酸菌と相乗効果がある野菜がレンコンで、こちらも覚えておきたいところです。
レンコンエキスが鼻の粘膜を覆うことによりアレルギー症状を抑える働きがあります。

反対にトマトやお酒が花粉症には悪いとされています。
食べ物にも気を遣うようにしましょう。

治療方法はあるの?

自分で出来る対策の中には、マスクや自宅の掃除が挙げられますが、やはりアレルギーなので、限界があります。
そうなるとやはり、薬を使った治療法に頼るのが一番ですね。

お薬は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬があり、多少眠くなったりするようですが、最近ではそれも考慮したお薬が出ているようですよ。

水が無くてもいつでもどこでも飲めるタイプや子供用のシロップタイプなども出ています。どうしても花粉が辛いというときにはアレルギー症状を抑える薬を利用するようにしましょう。

以上となります。
花粉症のメカニズムを知っておけば、自然と対策が出来ると思います!

今年こそは、つらい花粉症を楽に乗り越えてみましょう!

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。