20代女性でも抜け毛は起こる!?その原因とは?

20代女性の抜け毛原因とは?
Pocket

女性でも20代で抜け毛に悩むことはあります。
今回は抜け毛に悩む女性に向けて抜け毛の原因をご紹介します。

スポンサードリンク




男性に多い髪の不健康の象徴、薄毛や抜け毛。
幸い女性の場合は、女性ホルモンの影響もあり男性のように若い年齢層でひどい抜け毛に悩むことはほとんどありません。

しかし、ほとんど無いと言っても場合によっては女性でも薄毛や脱毛などに悩まされることがあるということになります。

例えば、出産後や過度なダイエットによる副作用などです。

ホルモンによって守られる頭髪は、ホルモンの乱れによって意外と簡単に抜け落ちてしまうのです。
男性は、もしもの場合坊主やスキンヘッドなど対応の仕様がありますが、女性はなかなか厳しいものがあります。

今回は、そんな女性の髪の毛の悩みについてみていきたいと思います。

出産で変わるホルモンバランスについて

出産によってその後ホルモンバランスが不安定になり、髪の毛が抜け落ちてしまうことを分娩後脱毛症といいます。

女性は、妊娠期間中の胎児への栄養補給や出産後の母乳育児など大忙しです。
そのためかなりの体力の消耗があり、それらは抜け毛の原因になっています。

また、冒頭で触れた女性ホルモン「エストロゲン」などの影響があります。

女性ホルモンは髪に影響を及ぼし、髪の成長を促進したり、髪にツヤやうるおいを与えたり、と女性であることを保つ作用があります。
妊娠期間中は胎児を守るためにも女性ホルモンの分泌が一生のうちで最も活発になる時です。

そのため、この間は抜け毛が減りますが、妊娠期間中に女性ホルモンによって寿命が延びた髪の毛は、出産直後女性ホルモンが減ることで一気に休止期間に入るので、まるでごっそり髪が抜けたような錯覚に陥ります。

これは、本来抜けているはずの髪の毛が抜けないで残っていただけなので、急に抜けてまだ次の髪の毛を作る準備がされていない状態と言えます。
そのため、脱毛した後はしばらく髪の毛が生えず、一時的に薄くなってしまいますが、これは一時的なヘアサイクルの乱れなので、1年ほどで戻ります。
心配はいりません。

かえって気にしすぎる事がストレスとなり、本当に脱毛を引き起こす可能性もあるので気楽に抜けちゃった。というような心持ちいる方が良いでしょう。

過度なダイエットによる副作用

栄養は、生命を保つために必要な臓器に優先的に運ばれます。

つまり、髪の毛のような命には関わらないところには、なかなか栄養は廻らず残った栄養素が流れてくるようになっています。
この事から栄養が極度に不足するとその影響を受けるのは髪の毛になっています。
「髪の毛は後回し」にされているんですね。

髪の栄養分は毛包の周辺にある毛細血管から送られてきます。
ですから栄養たっぷりの血液が全身を巡っていない場合は、丈夫な髪の毛は育ちません。

無理なダイエットは、すぐに髪に影響を及ぼします、髪のツヤがなくなり、髪が細くなり、そして脱毛していきます。

ダイエットによって頭皮や髪の栄養分となる脂質、たんぱく質を制限してしまうと、毛根に栄養が行き渡らなくなります。
すると成長期の髪の毛であっても休止期に入ってしまいます。

美しくなるためにダイエットも必要ですが、栄養を摂りながら体を適度に動かして健康的にダイエットをすることで、髪の毛も守られます。

以上が女性にふりかかる脱毛のリスクですが、少しでも脱毛の症状が現れたらまずは病院へ行って助言をもらうのが良いかと思います。

見た目がガラリと変わってしまうので、男性よりもリスクが高いはずです。

この機会に勉強しておいて、いざというとき焦らず対処できると良いですね!

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。