お酒の飲み過ぎは肝臓にこんな負担が掛かる!

お酒の飲み過ぎは肝臓にこんな負担が掛かる
Pocket

お酒を飲むのは楽しいものです。
しかし飲みすぎると肝臓にいつの間にか負担が掛かります。
沈黙の臓器と呼ばれる肝臓にはどんな異常が出るのでしょうか??

スポンサードリンク




ビールやお酒は美味しいですね!

暑い日には、冷たいビールを一気に飲み干してしまいたくなる。
寒い日には熱燗で、と思いますが、飲みすぎには十分注意しましょう。

お酒を飲み過ぎる生活を長く続けていると、肝臓機能に異常がでます。
お酒好きのあなたの肝臓は、崩壊寸前かもしれませんよ!

飲むと肝臓はどうなる?

アルコールを摂取した時、肝臓の中はどのような状態になっているのでしょうか?

実は肝臓にとってアルコールは、処理が義務付けられている薬物です。
アルコールが入ってくると、肝臓はアルコールがゼロになるまで分解を続けます。

つまり、常に負担がかかっている状態になっているわけです。

アルコールを処理する時、普通の栄養素を分解することとは違う働きや形の変化が、肝細胞や類洞壁細胞に起こってきます。
この変化は一時的なもので、アルコールがなくなると正常な状態にもどります。
しかし、大量のアルコールを摂取すればするほど、肝臓に負担がかかり続けます。

毎日たくさんのお酒を飲み続けると?

肝臓内では、アルコールを分解する酵素が2種類あります。
「アルコール脱水素酵素」と「ミクロソーム酸化水素」。

特にミクロソーム酸化水素の働きが活発になります。
その働きのおかげで、限界が来ても少し時間がたつとまたアルコールを摂取できる状態になるのですが、もちろん肝臓は常に動きっぱなしですので次第に弱っていきます。

そして肝臓の細胞の変化が常に続くようになってしまいます。
肝細胞が壊死したり、細胞間質細胞の線維化が起こったりと、どんどん肝臓の働きが弱っていくのです。

これを俗にいう「アルコール性肝障害」といいます。

    アルコール性肝障害のタイプ
    主に以下の4タイプに分けられます。
    ・アルコール性脂肪肝
    ・アルコール性線維症
    ・アルコール性肝炎
    ・アルコール性肝硬変

アルコールの処理ができない人、つまりアルコールを処理する成分が上手く分泌出来ない人は、お酒が飲めないので、アルコール性肝障害になる心配はありません。

しかし、少量でもアルコールが飲めるという人は、アルデヒド脱水素2型の部分的な欠損者として扱われます。

この人たちがアルコール常習飲酒者になると、一度に摂取する量がどんなに少なくともアルコール性肝障害が発症します。

もちろん、分解成分を多く分泌出来る方は俗に「お酒が強い」と言われています。
しかし、そのような方も、同じように肝臓に負担がかかっているのです。
したがって十分に注意し、暴飲は避けて程よい程度に飲みましょう。

アルコールは人を変えるとも言います。
上手く人間関係を気づいていくためにも許容範囲内の摂取に抑え、週に2日続けてどこかで肝臓を休める日を作ってあげるのも良いですよ!

今日から意識してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。