女性のための「くせ毛の直し方」

女性のくせ毛直し方
Pocket

くせ毛はスタイリングも難しく何とか直したいですね。
今回は自分で出来るくせ毛を直す対策方法をご紹介します。

スポンサードリンク




梅雨など湿気が多い時期になると、少し外に出るだけでも髪の毛がうねり、セットも上手に出来ない事がありますよね。
しかしストレートパーマや縮毛矯正でくせ毛を強制的に直すと、他の部分もぴーんと髪の毛が張ってしまい、イメージがガラリと変わり過ぎてしまいます。

今回は、そんな方に試してほしいくせ毛の対策や活かし方をご紹介します。
以下の内容になります。

    ・くせ毛の原因とは一体?
    ・くせ毛の対策を練ろう
    ・くせ毛を生かしましょう!前髪
    ・髪の栄養不足

くせ毛の原因とは一体?

毛穴や毛根が歪んでしまいくせ毛が生じます。

毛根は歪んでいればいるほど癖がひどく、髪の表面の下の層であるコルテックスの乱れもくせ毛の原因になります。

コルテックスとは二種類あり、水分を吸収しやすいタンパク質のAコルテックスタイプ、吸収しにくいタンパク質のBコルテックスタイプがあります。
二種類の割合が崩れてしまうと、髪が濡れたときに癖が全面的に出てきてしまいます。

他にもシャンプーやトリートメントが原因となる場合もあります。
添加物が頭皮の毛穴に詰まって、髪が生成されるときの障害となる場合がある為です。

毛穴がつまり、髪の毛の通り道が歪んでいる、ということですね。

くせ毛の対策を練ろう

パーマやカラーリング等、不用意に髪をいじるなど、髪の毛に負担がかかることでもコルテックスのバランスが崩れてしまいます。

他にも、毎日のシャンプーやトリートメントを見直すことも大切になってきます。
無添加シャンプーを利用すれば、毛穴に余計な物質が詰まりにくくなり、癖が生じる割合を減らすことが出来るでしょう。

またシャンプーやトリートメントはしっかりと洗い流して頭皮に残らないようにしましょう。

頭皮マッサージも行ってみてください。
血流を良くすると髪に栄養がしっかり行き届き、髪の毛の一本一本にボリュームが出るので、癖を減らすことに繋がってくれます。

くせ毛を生かしましょう!前髪

美容院ではくせ毛の相談をすると、ストレートパーマや縮毛矯正をお勧めされますが、かけてしまうと人工的な髪型になりがちです。

そこで、信頼できる美容院でヘアカットを工夫してもらってみてください。
ショートヘアの方は髪の毛を伸ばしロングにして、髪の毛全体の重みを活かすと、癖も目立たなくなります。

反対に、ロングヘアの人は髪を短くすることで、ちょっとしたくせ毛がパーマをかけたようになり、ヘアアレンジもしやすくなるでしょう。

くせ毛を活かせないかどうか、まずは美容院でカウンセリングをしてもらってみてください。

くせ毛をコンプレックスと思う方も多いですが、このような方法で長所として活かすことも出来ます。

くせ毛の対策方法と活かし方を是非参考に、可愛い髪型をアレンジしてみてください!

くせ毛の原因には過剰なダイエットもあります。
もしかして無理なダイエットしていませんか?

髪の栄養不足

過剰なダイエットや不規則な生活習慣でも髪質に影響をあたえます。

髪質がツヤツヤで、加えて天使の輪ができるような髪の毛に憧れたことはありませんか?
綺麗な髪の毛を作るためには、そのために必要な栄養素をとらなくてはいけません。

髪の毛はタンパク質でできているので、良質な「タンパク質」をとることが重要とされます。
また、頭皮だけではなく、体全体の血行を改善することで毛根まで必要な栄養を届けやすくすることも重要とされます。

大豆のチカラとは?
大豆は栄養がとても豊富なことで昔から知られています。
植物性ダンパク質が豊富かつヘルシーなので近頃は大豆製品が海外でも注目されているようですね。
豆腐や納豆など大豆製品は料理にも使いやすいですし、栄養も大変豊富ですから「畑の肉」と呼ばれているのも頷けます。

大豆には、タンパク質などの栄養が豊富なだけではなく「レシチン」という物質が含まれています。
そのレシチンには、血栓などの原因になる血管の壁のコレステロールを溶かし、血液をサラサラにし、動脈硬化なども予防する効果が期待できます。
また、血行改善作用のある「リノール酸」や「ビタミンB」、「ビタミンE」などのビタミン類も大変豊富です。

オススメの大豆摂取法は?
髪の毛に嬉しい栄養が多く含まれた大豆ですが、豆腐などをお味噌汁やスープに入れるなどして料理に使ってみるのも良いですね。

料理が苦手で、忙しい人にもオススメなのが、「キナコ牛乳」です。
キナコと牛乳、どちらもスーパーなどで気軽に購入することができますね。
キナコは砂糖とまぜてお餅などにつけて食べるのも美味しいですね。
キナコは大豆を煎ってから粉末状にしてありますから、吸収もしやすくドリンクなどに混ぜても溶けやすく摂取しやすいのでおススメです。

牛乳に溶かして飲むことによって、動物性、植物性の栄養パワーを同時に得ることができます。
忙しいかたでも、朝食やおやつタイムに、夜眠る前に…と飲むタイミングを工夫しながら毎日キナコ牛乳を摂取することで、艶やかで美しい髪を作ることができるでしょう。

髪の毛だけではなく、キナコに含まれている「イソフラボン」による美肌効果やホルモンを整える効果、「食物繊維」や「大豆オリゴ糖」などによる便秘予防・改善効果、「サポニン」により代謝が高まることによってのダイエット効果なども期待できそうですね。

アレンジでキナコ牛乳に、黒ゴマなどを加えてみても良いでしょう。
栄養も豊富ですし、活性酸素を減らす作用や、アンチエイジング作用などもあるといわれていますので、さらに効果がパワーアップしそうですね。
是非試してみてください!

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。