美肌になるには食べ物から!

美肌になるには食べ物
Pocket

美肌になるために、あれもこれも手を出していませんか?
肌の上からケアする前に体の中から美肌を作りましょう。
まずは食べ物を美肌効果の高いものにチェンジしてみましょう。

スポンサードリンク




今回は以下の内容をご紹介します。

    ・実はすごいゴーヤ!
    ・昆布の効果
    ・美肌効果の高いお茶
    ・ローズヒップの効果
    ・隙間時間でマッサージ

実はすごいゴーヤ!

皆さんは、ゴーヤを食べたことがあるでしょうか?

あまり食べる機会は無いと思いますが、一度口にした人は嫌いになってしまう人も多いと思います。
あの苦みから嫌われることが多いゴーヤですが、実は、ゴーヤにはスゴイ美容効果が隠されています!
この効果を見れば思わず苦手だった人も、食べてみようかな?と思えるように今回は、ゴーヤの魅力についてご紹介できればと思います。

ゴーヤの美容効果
1.美肌効果
ゴーヤには、ビタミンCが豊富に含まれています。
その量は、ビタミンCの代表的食べ物レモンの2倍、トマトの5倍と言われており、美肌に欠かせないビタミンCをこれだけ多く含むゴーヤは美肌のための食べ物とも言われています。
また、熱に弱いビタミンCですが、ゴーヤは皮が厚くデンプンと結合しているために熱に強いので、加熱しても摂取できる万能な食べ物です。
料理法を変えられるということは飽きないので、嬉しいですね。

2.整腸作用
食物繊維がたくさん含まれているので、便通の改善にも期待出来ます。
肌荒れの原因にもなる便秘を防ぎ、美しい肌に導いてくれます。

3.ダイエット効果
ゴーヤは種にも美容効果があります。
種に含まれるリノレン酸は、脂肪分解酵素リパーゼを活性化させるので、ダイエット効果が期待出来ます。
摂取方法としては、お茶にして飲むのがオススメです!

4.余分な熱を取り去る効果
ゴーヤには、体の余分な熱を取り除く作用があります。
体に熱がこもると、にきびや口内炎といった肌トラブルを招きやすくなります。
ゴーヤはこれらのトラブルを予防し、健康で綺麗な肌を保ってくれます。

以上が、ゴーヤが持つ効果ですが、スゴイ量の美容効果ですね。
続いてシーズン以外でも年中ゴーヤを食べる方法をご紹介します。

長期保存で毎日少しずつ
何歳になっても若く美しい体でいるために、ゴーヤ料理摂取することはとてもオススメですよ!
中でもオススメなのは、干しゴーヤなのですがご存知でしょうか?
作り方は簡単です。

ゴーヤをスライスしてから、天日干しするだけです!
手軽な上に、干すことによって栄養素が何倍にもなるので、良いこと尽くしですね!
もちろん生の状態より保存がきくので、旬の季節にまとめて作っておけば、さまざまな料理の材料として使うことができます。
料理に使う際には、水で戻すだけでOKです。
そのまま食べても、チップス感覚で美味しいですよ!

これだけ良い効果がたくさんのゴーヤ…苦いという理由で食べないのはもったいないですよね。
この機会に是非、手を出してみて食べられる工夫をしてみてください!
実際食べてみると意外と癖になるので美味しいですよ!

昆布の効果

出汁をとる・おでんの具材・おにぎりの具・お寿司では鯛との相性が良い等、昆布は多くの料理で活用されている食材です。
皆さんにとって身近な昆布、実は美容とアンチエイジング効果があるのを知っていましたか?
もともと低カロリーですが、カロリー以外にも含まれている成分で皆さんをサポートしてくれます!

ミネラル
美容は何もお肌だけではありません。
人の視界に入る部分、例えば髪の毛や爪も怠りますとツヤの無い髪や輝きの無い爪になります!

そこで役立つのが昆布に含まれる「ミネラル」です。
ミネラルは「骨や血液の構成」「細胞機能を維持または向上させる」等のように人間に必要な効果を持っています。

もちろん髪や爪を構成するためにも必要な成分です。

嬉しい事に、昆布に含まれるミネラルは牛乳の23倍も含まれていますし吸収率も約80%以上と言う高い吸収率を持っています。
それに海で育つ昆布には他の食品よりも「有害成分」を含まず、海の中に含まれるミネラルを吸収して成長します。

そのため私達が食べる時も、有害成分をそこまで含まずに効率よくミネラルを摂取する事ができるのです。

新陳代謝を活性化させるヨウ素
美容にとって新陳代謝は新しい細胞へ生まれ変わるために必要な活動です。

その新陳代謝を管理しているのが「甲状腺ホルモン」です。
新陳代謝が活性化していない人は血流にも原因がありますが、その他にも甲状腺ホルモンが足りない事が原因の場合もあります。

昆布には甲状腺ホルモンの分泌を促進させる「ヨウ素」と呼ばれる成分を含んでいます。
甲状腺ホルモンを分泌する事によって、お肌の新陳代謝も促進され新しい細胞へ生まれ変わることができるでしょう。

ちなみに、ヨウ素を摂取しすぎると反対に甲状腺ホルモンを抑制する効果があります。
ですが昆布に含まれる量ではそのような事はありませんので心配は無いでしょう。

アンチエイジングに効果があるF-フコイダン
最後に紹介するのは「F-フコイダン」と呼ばれる成分です。
この成分はアンチエイジングの効果を期待できる成分です!

詳しく見ていきますとF-フコイダンが体内に入る事で「HGF」と呼ばれる老化防止に効果のある成分が活動を活発化させていきます。
活発化だけでなくF-フコイダンは、HGFを増やすために今度は増殖へ導きます。
すると体内にHGFが増えていき、お肌を含めて老化を防止する事ができるのです。

いかがでしたでしょうか?

身近にある食材でも美容だけでなくアンチエイジングにも効果があるのです!

季節によってはなかなか食べない昆布ですが、もし美容だけでなくアンチエイジングも考えている人でしたら積極的に摂取したい食品です。
続いては美肌になるために効果が期待できるお茶をご紹介します。

スポンサードリンク




美肌効果の高いお茶

暑い季節には冷たい飲み物をゴクゴク飲みたいですね!
しかし、冷たいものは冷え性やむくみを招いてしまいます。

また腸内環境が冷えることで悪化してしまします。
もちろんお肌には悪いです。

このように飲み物は、お肌の調子に影響しています。
美肌に効果があるお茶についてご紹介して行きたいと思います。

美肌効果が期待できるお茶

・杜仲茶 
杜仲茶はコラーゲンの代謝促進効果が期待できます。顔などの法令線や目じりのシワなどが気になる方にもおススメ。
腰痛など関節痛が気になる方にも良いお茶です。

・ジャスミン茶
血行促進効果があり、シミやくすみを改善する効果が期待できます。
ストレスがたまったときにもおススメ。
穏やかに眠りをさそう効果もありますので不眠気味の方にもおススメしたいお茶です。

・ハト麦茶
ハト麦は老廃物を排出する効果が期待できます。
ヨクイニンという名前のハト麦配合の薬もありますがこれと同じ成分です。
ニキビや肌荒れだけではなく、イボなどのブツブツしたできものなどに効果があります。

・ハイビスカスティー
澄んだ赤い色のお茶です。夏に咲くハイビスカスの花のガクを乾燥させて作ります。
上記のローズヒップティーにブレンドされていることも多いですね。
こちらもビタミンCが大変豊富です。
利尿作用がありますので、顔のむくみが気になるときも効果的です。

・ローズヒップティー
野ばらの一種で、なんとレモンの20倍ほどのビタミンCがあるようです。
酸味のあるお茶です。
ビタミンA、Eも含まれていますので、美肌を助けてくれます。
日焼けが気になるようなときにも飲んでおくと良いでしょう。

このように自分の肌の調子に合わせてお茶を選べるところが最大の利点だと思います。

お茶は、冷たくするのではなく常温かあったかくして飲むことは必須条件ですので、暑い季節に暑いものを飲むのが苦痛という方は、常温で召し上がってみてください。

また、お茶と一緒に糖分のたくさん入ったお菓子などを食べすぎる事で、せっかく作った美肌にニキビ・吹き出物が出来てしまう可能性もあります。
加えて、お茶の中にはカフェインなどが含まれているものもありますので、大量摂取に気を付けて召し上がりましょう!

引き続きローズヒップにクローズアップして深堀していきます!

ローズヒップの効果

ローズヒップとは、アンデス山麓に咲く野バラの実のこと。
ドックローズという品種のバラの実を天日で乾燥させて、細かくしたものです。

天然ビタミンの含有量が多い事が特徴で、美肌効果が高いと今流行のアイテムです。
美容面では「ビタミンCの爆弾」などといわれているローズヒップのさまざまな効果や飲み方をご紹介致します!

普通とは違うビタミンCがお肌に良い!
ローズヒップの効能は体内から肌を良くしていくことです。

日焼け防止やシミ、そばかすの予防、風邪を予防し抵抗力を高めます。
そして、生活習慣病や老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用もあります。

ローズヒップは「ビタミンCの爆弾」と言われるほどビタミンをたくさん含んでいます。
しかし、一般的なビタミンCは熱に弱い為、お茶として飲むとせっかくのビタミンCがなくなってしまいますね。

でも、ローズヒップのビタミンCは熱を加えても壊れにくく、しかも体内で吸収されやすいという特徴があるのです。

これはローズヒップに含まれた酵素やビタミンPの働きによって壊れにくいようにされている為です。
その為効率的に体内に吸収されるので、紫外線の影響を抑えくれ、コラーゲンの生成と保持を助け肌の再生を促進してくれます。

しっかりと毎日飲むことで、肌の新陳代謝を良くし、美肌効果、老化防止、妊娠中の栄養補給等、色々な効果を発揮してくれます。

ローズヒップティーの作り方!
ティーカップ1杯につき、ティースプーン1~2杯が基準です。
沸騰したお湯を静かに注ぎ蓋をします。

細かい場合は3~5分、粗めでは7~8分蒸らしてよくかき混ぜて完成です。
ローズヒップは茶葉ではなく実を細かくしたものなので、抽出時間に時間をかけるようにしましょう。

ローズヒップに含まれるビタミンCをより効果的に摂取するには水出しのローズヒップティーがお勧めです。

水500㏄にティースプーン3~5杯のローズヒップを入れ、冷蔵庫に入れます。自然に成分が引き出されるのを待ち、6時間後あたりでいただきましょう。

ローズヒップは冷蔵庫で保存しても渋みが出ません。
多めに作って夏場は冷蔵庫で保存していつでも飲めると楽で良いですね。
冷たいままですと腸内環境に悪影響がありますのでできればホットか常温で飲むことをおすすめします。

普通のビタミンCは熱に弱く壊れやすいのですが、ローズヒップに含まれるビタミンCはビタミンPによって保護されています。
熱を加えても壊れにくく、リコピンが働いて吸収率を150%もアップしてくれるので、美容や健康維持のために多くの人から愛飲されています。

皆さんもローズヒップティーで美肌を目指してみてはいかがでしょうか。

隙間時間でマッサージ

美肌になるには食べ物も大事ですが隙間の時間にマッサージも並行して行えばさらに効果は高くなります。

今回おすすめするのは「美顔ローラー」。
一時期、流行ったのですでに持っている人も多いのでは?

もしも持っていれば再度活用しましょう!
まだ持っていない人は安いものも沢山ありますのでこの機会にチャレンジしてはいかがでしょうか。

空いた時間で、簡単スキンケア
今更ですが、美顔ローラーの使い方は単純で、自分の顔にコロコロするだけです。

もちろん、携帯を見ながらでもいいですし、テレビを見ながら、お風呂上りに、本を片手に…と空いた時間、好きなだけ出来ます!
クリームなどを塗る必要もないので、とても楽ですよ!

寝る前の日課にしてもいいですし、お風呂上りのお手入れなどで使用しても抜群の効果が期待出来ます。
このように、ライフスタイルに簡単に溶け込めるところが美顔ローラーの最大の魅力と言えますね。

それでは、何故肌がキレイになるのでしょうか?
理由を知っている人は案外少ないかもしれません。

簡単に説明すると、手軽にマッサージ効果が得られるので、肌がキレイになります。
顔のマッサージやエステに行く人なら分かると思いますが、気持ち良いですよね。
それに気分もリラックス出来て、顔もツルツルになります。
その効果を、自宅で簡単に得られるものと考えたら良いでしょう。

美顔ローラーが肌に良い理由
顔のマッサージをすると、肌全体の血液の流れがよくなりますので、血行のいいお肌は、肌ツヤも良くなります。
目の下のクマや、全体のくすみも解消されて、顔の印象がよくなります。
美顔ローラーで血流を促し、美肌を目指してみましょう。

肌のデトックス
美顔ローラーでマッサージを続けると、新陳代謝が上がります。

代謝が上がるということは血液が循環するようになり、汗も出るようになるので、汚れが排出されやすくなります。
体の中の不要な老廃物が流れるということは、綺麗になるということです。

主には顔のむくみを解消してくれますので、小顔になったと感じる方も多いようですね。
ハリも以前より上がり、化粧のノリがよくなったという声もあるので、試してみてほしいところです。

顔以外にも!
美顔ローラーという名前だけに顔だけに使ってしまいがちですが、実は顔以外にも使用できます。
脚や腕、お腹と全身の気になる箇所をコロコロすることで、血流を改善し、新陳代謝を上げて、ダイエットなどにも使っていきたいですね。
女性は二の腕にも、使用しているらしいですよ!

以上が、美顔ローラーの効果となりますが絶対にやってはいけないことは途中で辞めてしまう事です。
何事も継続しないと効果はでないので、毎日続けて美肌に、ダイエットに…実感してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は以下の内容をご紹介しました。

    ・実はすごいゴーヤ!
    ・昆布の効果
    ・美肌効果の高いお茶
    ・ローズヒップの効果
    ・隙間時間でマッサージ

特に難しいことはありません。
是非チャレンジして美肌を手に入れてください!

ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。