髪の毛生える食べ物はこれ!強い髪で美しく!

髪の毛が生える食べ物
Pocket

髪の毛が生える食べ物と言えばなんでしょう?
今回は「ワカメ」や「コンブ」以外に髪の毛が生える食べ物をご紹介します。

スポンサードリンク




髪が生える方法といえば育毛剤やヘアパック、ヘアトニックを使うヘアケア方法など市販でも様々なものが売られています。
しかし、一番重要なのは体の内部から美しくしていくということです。
内側から良くしていくと言うのは、食事にも関係してきます。

私達が毎日摂取している栄養で頭皮や髪の毛の質が変わってきます。
髪の毛を作る栄養素には、タンパク質、アミノ酸、亜鉛、銅などがありますが、この栄養素さえ摂っていれば髪が美しくなるというわけではありません。

髪を作る為にはバランスのいい食事を心がけるのが第一です。

タンパク質を摂りましょう

若い方に多い極度な食事制限等は、髪を作る栄養素であるたんぱく質が体内で不足してしまいます。

新陳代謝を繰り返して伸び続ける髪の毛は、体の中でも最も多くの栄養素を必要としています。
栄養素が不足してしまうとすぐにその警告が現れます。

タンパク質の中でも特に髪にいいたんぱく質を含む食材は、「アジ」「サバ」「イワシ」などの青魚。
また、鳥のささみ、チーズ、卵、豆腐、納豆などです。

ダイエット中でもこれらを積極的に食べる事で髪の毛への栄養は確保できます。

鉄分を摂りましょう

女性の場合は鉄分や亜鉛が不足がちになります。

これらの栄養素が不足すると、貧血気味になってしまい、毛細血管から髪の毛へ栄養が行き渡らなくなってしまいます。
そうすると新しく生えてきた綺麗な髪の毛も弱々しく細いものになってしまいます。

鉄分の摂取はレバーやほうれん草、さらには亜鉛を多く含む牡蠣などを食べるといいでしょう。
しかしここで注意したいのが、緑茶に含まれるタンニン。

腸の中で鉄分と結合してしまい水に溶けにくくなるため、濃い緑茶の飲み過ぎは体に良くありません。
食事の時は出来るだけほうじ茶や麦茶を飲む事をお勧めします。

ゴボウがいい!

薄毛など髪にまつわる悩みをお持ちの方に、ぜひ食べてもらいたい食品があります。
それは、ゴボウです。

意外に思われるかもしれませんが、ゴボウには髪にとって良い栄養素が豊富に含まれています。
食物繊維が豊富で便通の改善効果やダイエット効果があるというのはわりと知られているかもしれませんが、それだけではありません。

血液をサラサラにしたり、皮膚の疾患を改善したりと非常に健康に良い野菜で、漢方などにも使用されているほどです。

肝心の薄毛改善効果ですが、これはゴボウから抽出したエキスに含まれるイヌリンとタンニンという成分が有効といわれています。

この二つの成分には、髪にとって大切な血行促進効果をはじめ、保湿、発汗、収れんといった作用があります。
頭皮環境を正常化してくれることで、抜け毛の予防や髪の成長促進につながるというわけです。

ゴボウの摂取の仕方としておすすめなのが、ゴボウ茶です。
数ある健康茶の中ではややマイナーかもしれませんが、大きめのスーパーには置いてあるところもあると思います。
ゴボウが髪に良いことはわかっていても、毎日欠かさず食べるというのはなかなか難しいかもしれません。
お茶ならば、普段飲んでいるお茶やコーヒーなどの飲み物に代えて毎日摂取しやすいかと思います。
また、あたたかいお茶は体が温まり血行を良くする効果があるので、ゴボウの成分にプラスして髪に良いのです。

さらに強力な薄毛改善効果を求める場合は、ゴボウ茶だけでなくゴボウを使った料理を食べるのがおすすめです。

ゴボウ茶は栄養素をしっかり活かす形で加工しているものが多いですが、やはり加工によって失われてしまう成分もいくらかあります。
摂取しやすいゴボウ茶に加えて、ゴボウそのものを摂取すれば鬼に金棒です。

ゴボウを使ったレシピは数多くありますが、中でも簡単にできる鶏ゴボウがおすすめです。
鶏ゴボウの作り方を紹介します。

  1. 鶏肉を一口大よりやや小さめに切り、鶏の油を出すようにじっくりと弱火で炒めます
  2. そこに笹がきしたゴボウを入れて、油をからめるように炒めます
  3. しょうゆ、みりん、さとう、酒を加えたら、蓋をしめて時間をかけて柔らかくなるまで煮ます
  4. お好みで白ゴマをふりかけて、完成です

ポイントは、水を入れずに食材の水分と油分、調味料だけで煮ることです。
こうすることで、鶏とゴボウの旨味が濃厚に出た鶏ゴボウになります。

他にもゴボウを使ったレシピはたくさんあるので、ネットや本などで探してみてください。
おいしくゴボウを摂取して、抜け毛の少ない元気な頭髪を目指しましょう。

続いて海藻についてです。

スポンサードリンク




本当に海藻は髪の毛に良いの?

海藻を食べると黒髪になると昔から言われて過ごしてきた方も多いのではないでしょうか。

確かに海藻に含まれているミネラル分には、髪を作るのに必要な亜鉛などがあります。
しかし、大量の海藻を食べたとしても髪の健康を保つことは出来ないのです。

何故海藻が髪の毛にいいと言われたか、それは一説には髪が抜けてしまう「慢性甲状腺炎」に効果があることから信じられてきたといわれています。
海藻以外にもサプリメント等人工的に抽出された栄養を摂取しても、体内ではなかなか上手く吸収されずに排出されてしまう為、出来れば自然の食べ物で摂取したほうが良いでしょう。

例えば髪の毛に良いと言われている食材に「ワカメ」や「コンブ」などがありますよね。

これらもお勧めですが、今回特にお勧めしたいものは「海苔」です。

お寿司、チラシ寿司などに使われていたり、おにぎりを包むなど、海苔は日本人に非常に身近で、食生活に取り入れやすい食材だと思います。

海苔の成分に注目!

海苔には大変栄養があり、注目したい成分がたっぷりと含まれています。

育毛と抗酸化作用
その中でもカロチンは200g中50mgとずば抜けて成分がたくさん入っています。

カロチンの中には、α―カロテンやβ―カロテンなどの種類が色々とありますが、海苔にはこのα―カロテンとβ―カロテンの両方が含まれています。
カロチンは皮膚や粘膜を丈夫にするほか、髪に悪影響を及ぼす活性酸素を強力に抑え、ガンや老化防止に効果的なのです。

β―カロテンなどは人参やホウレンソウなど緑葉食野菜などにも多く含まれていると思いがちですが、実は100gで換算すると海苔のほうが人参やほうれん草などより数倍含有量が多いのです。

ビタミンやヨウ素、食物繊維なども豊富な為お通じの調子も良くなり、結果体内の余分な老廃物を体外に出してくれます。
そして体全体の代謝を良くすることにもつながります。

これだけではなく海苔には消化・吸収されやすい良質なタンパク質もきちんと含まれている為、抜け毛対策や育毛に効果的というわけです。
タンパク質は髪を作る材料となります。

海苔を食べると髪の毛が早く生えると言われているのはたんぱく質のおかげですね。

海苔スープで髪の毛に活力を!

味付海苔をご飯とともに食べたり、そのままパリパリと食べても海苔は非常に美味しいのですね。
スープなど簡単な料理にすることでもっと美味しくいただくことが出来ます。

海苔スープの作り方はこちらです。

  1. お椀の中にもみのりを入れます
  2. 鰹節やとろろ昆布など、お好みのものを入れ、味付けに醤油を少し入れます
  3. 熱湯を注いでできあがりです

これならば夕飯の一品プラスにも使えますね。

海苔は湿度の多い時期には湿気てしまうことがありますが、これはスープにしますので湿気てしまった海苔も利用することができて一石二鳥です。

健康で美しい髪を体の中から保つためにも、毎食このスープや海苔を使ったレシピをどんどん取り入れてみてはいかがでしょうか。

皆さんも日々の食事を改善し、美しい体と髪質を手に入れてみましょう!

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。