育毛剤の効果はこの成分をチェック!

育毛剤効果
Pocket

今回は育毛剤を選ぶ際にチェックするべき成分をご紹介します。
成分チェックで効果の高い育毛剤を選びましょう。

スポンサードリンク




育毛剤の選び方

育毛剤は、市販ですとお店で育毛の専用ブースが設けられるほどさまざまなものが販売されており、ネット通販や店頭販売のみの商品を合わせると、すさまじい数が世の中で販売されています。

この中で本当に効果のある育毛剤を選ぶことは、知識が無ければ相当難しい事だと思います。
選ぶポイントとして一番大切なのは有効成分がきちんと入っているかどうかです。

目新しい成分を売りにしている商品もありますが、惑わされてはいけません。
現在医薬品としてはっきり発毛効果が認められている成分。

それは「ミノキシジル」だけです。

ミノキシジルはもともと血圧降圧剤として使用されていた薬でした。
その副作用として多毛症があることから、発毛・育毛成分として注目されました。
確かに効果は確認されたものの、即効性はなく、少なくとも半年以上は使い続ける必要があります。

育毛剤に使われる主な有効成分としては
・ミノキシジル
発毛効果が唯一認められた成分です。

・センブリエキス
末梢血管を拡張させ、血流を改善させます。

・ニコチン酸アミド:
毛母細胞を活性化させます。

・アデノシン
毛母細胞を活性化させます。

・β-グリチルレチン酸
殺菌作用を持ちます。

・ショウキョウチンキ
血行促進効果や殺菌作用、抗菌作用があります。

・塩化カルプロニウム
頭皮の血管を拡張する働きがあります。

ミノキシジルに加えてこういった有効成分が含まれている育毛剤を試してみましょう。

初めて使う育毛剤に関しては最初に大量につけずに、気になる部分だけに少量つけて、まずは自分の頭皮にあっているかどうか確認することが大切です。

少しでも違和感のあるものを使い続けていると、頭皮環境が荒れ、逆に抜け毛を招くことになりかねませんので注意が必要です。

効果は人ぞれぞれ

一般的に、「悩み」とは自分にふりかかることでないと、気にも留まらないものです。

なので、いざ自分が薄毛や抜け毛に悩まされた時、普段気にも留めていなかった雑誌やテレビの育毛剤が急激に気になってきます。
そして同時に、本当に効くのか。と疑問が生まれ、どれが一番…と比較し始めます。

そもそも育毛剤とは、頭皮環境の正常化をサポートするもので、
・頭皮の保湿
・血行促進
・頭皮の炎症を抑える
・アレルギーを出にくくする
本来、このような目的があります。

薄毛を改善するという面に関しては、改善が見られる人と全く見られない人に分かれます。
その理由は、髪を作る毛母細胞が皮膚の奥の方にあり、育毛剤をつけたとしても有効成分が奥まで浸透するまでに、汗などで流れ落ち、蒸発してしまい浸透しないことが多いためです。
もちろん、そもそも毛根がもう無いという方もいらっしゃいます。

では有効成分の濃度を高くすれば浸透度が高まるかというと、浸透度は高まっても頭皮に過度な負担をかけるリスクも出てきます。
使用する育毛剤の量は指定された正しい量で使用しましょう。

いかがでしたか?
抜け毛・薄毛にお悩みの方は、明日から有効成分をみてから購入するよう心がけましょう。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。