はげの予防にこの食べ物! 体の中から改善する!

はげ予防の食べ物
Pocket

はげの予防になる食べ物はなんでしょう?
色々と効果があると言われている食材はありますね。
今回は「ある食材」にスポットを当ててみました。
是非はげの予防に活用してください!

スポンサードリンク




はげ予防によい食べ物とは?

「はげに良いとされる食べ物は?」
と聞かれた時、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?
海藻類や、納豆やビタミンが取れる野菜等でしょうか?

ここで今回オススメしたいのは、イワシです!

低カロリーで栄養価が高いイワシですが、髪に良い影響をもたらすことはあまり知られてはおりません。
ですが、実際は髪に良い成分が多く含まれているため、薄毛など頭髪に悩みをお持ちの方には是非とも積極的に食べてもらいたい食材なのです。

髪に良い栄養素「システイン」

髪を生やすためには、システインという栄養素が必要になってきます。

このシステインは髪をつくる材料とも呼ばれる大切な物質なのですが、眼精疲労や飲酒が続くことで消費されてしまうという弱点があります。
システインが減ってしまうと、必然的に髪は生えにくくなります。

イワシに含まれるメチオニン
これを救ってくれるのが、イワシに含まれるメチオニンという成分です。

メチオニンは消費されたシステインを補う働きがあるため、育毛効果が期待できます。
また、イワシには薄毛対策に欠かせない亜鉛が含まれています。

亜鉛は薄毛を招く過剰な男性ホルモンの分泌を抑える効果があります。
DHA、EPAといった栄養素の持つ血液サラサラ効果によって、髪にとって重要な血行の促進もしてくれます。

薄毛予防の食品として、イワシにはこれだけ優れた効果があるのです。
ただし、大量に食べれば良いかと言うとそうではありません。
あまりにも食べ過ぎると動脈硬化を招く恐れがあるので、適量を毎日食べるのが良いようです。

簡単イワシ料理のご紹介

イワシを食べるといっても、焼き魚など毎日同じ食べ方では飽きてしまいがちです。
人間どんなに好物でも毎日同じものを食べるとさすがに飽きてしまうものです。

そんな皆さんに、オススメの簡単に作れるイワシの梅煮をご紹介します。

    ・材料(1人分)
    ・いわし 1尾
    ・梅干し 1個
    ・しょうが 1片(チューブしょうが 少々)
    ・しょうゆ 適量
    ・酒 適量
    ・みりん 適量
    ・さとう 適量

①梅干し、しょうが、を鍋に入れます。
②酒、しょうゆ、みりんを、イワシが浸る程度に入れます。
さとうはお好みで入れても入れなくてもOKです。
③中火で火にかけ、沸騰したら落し蓋をします。
④コトコト煮込み、火が通って柔らかく煮えたら完成です。

梅の風味がさっぱりとしていて、ごはんにもよく合います。
しょうがと酒によってイワシの臭みも消えるので、魚の生臭さが苦手な人でもおいしく食べられるのではと思います。

イワシは古くから日本人に親しまれてきた魚です。
その理由として味だけではなく、他の魚と比べてもバランスのとれた豊富な栄養分が摂取できるというのがあったのではないかと思われます。

髪の健康を守り薄毛を防いでくれるイワシ、ぜひ食生活にとりいれていきたいですね。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。