肌にいいファンデーションは ミネラルファンデーション!

Pocket

皆さんはミネラルファンデーションをご存知でしょうか?
従来のファンデーションとは違った「一日つけっぱなしでも大丈夫」と言われているミネラルファンデーション。
ここではその流行りのファンデーションについてお教えしたいと思います。

スポンサードリンク




ミネラルファンデーションとは?

ミネラルファンデーションのミネラルとは「無機質」という意味で、カルシウムや鉄などの天然の鉱物のことを指します。

一般的なファンデーションに入っている界面活性剤やシリコン、油剤などが含まれていないタイプのファンデーションです。

一般の物とは違い肌への負担が少ない為、化粧品で肌荒れを起こしやすい方や、ニキビがある方にも気兼ねなく使っていただける商品です。

そして最大の特徴は、油剤が入っていないため、化粧落としを使わなくても石けん簡単に落とせるという事です。
化粧落としは肌への負担が多くかかる為、毎日のクレイジングから負担を減らす事が出来ます。

ミネラルファンデーションの選び方とは?

ミネラルファンデーションは、製品によって成分が違います。

ミネラル以外の成分が入っている物も多くある為、ミネラルファンデーションだからと名前だけで選んでしまうと、今まで使っていた普通のファンデーションと同じように肌へ負担をかける物を選んでしまいます。

だからといって純のミネラルファンデーションが一番良いというわけでもありません。
純ミネラルファンデーションだとカバー力が少ない為、ミネラル以外の成分が入っているものがいいという方もいます。

カバー力より成分を重視したい方は、商品の成分を調べてみるとよいでしょう。

ミネラルファンデーションに含まれる成分とは?

ミネラルファンデーションに含まれているミネラル成分は、この4つです。

    マイカ:顔料
    酸化チタン:顔料、紫外線散乱剤
    酸化亜鉛:顔料、紫外線散乱剤
    酸化鉄:顔料、紫外線散乱剤

顔料とはファンデーションの色を作るものです。

紫外線散乱剤は、紫外線を反射させる事で、肌に直接紫外線が入り込む事を防いでくれます。
そして光を反射させ肌を綺麗に見せてくれます効果もあります。

その他に安心して使える成分は、シリカ、水酸化Al、ラウロイルリシンです。
これら以外の成分が悪いというわけではありませんが、選ぶ基準として紹介したこの成分が入っているファンデーションを選ぶと良いでしょう。

肌に長時間、直接つけるものなのでなるべく自分の体と相性のいい物を選んであげてください。

もし腫れたり赤くなってしまった場合は、すぐに使用をやめてくださいね。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。