ベビー オイルの上手な活用法でぷるぷるお肌を手に入れよう!

ベビーオイル活用法
Pocket

大人でも十分使えるベビーオイル。
今回はそんなベビーオイルを上手に活用する方法をご紹介します。

スポンサードリンク




ベビーオイルと言うと、赤ちゃん専用のオイルのように思えます。
確かにベビーオイルは敏感肌な赤ちゃんの為に作られたオイルが、大人の肌にも十分に潤いを与えてくれる万能オイルです。
今回はベビーオイルの上手な活用法をご紹介します。

ベビーオイルとは?

ベビーオイルの主成分は以下の通りです。

    ミネラルオイル
    スクワラン
    ホホバオイル
    オリーブオイル
    アボカドオイル
    ハイブリッドサフラワーオイル

これらの成分が含まれています。
ホホバオイルやオリーブオイルだけでは足りない保水力が、ベビーオイルを使うと3~5倍になると言われています。
お風呂上がりの保湿や、寝る前の化粧水パックの後の使用でもお勧めです。

ベビーオイルとはもともと赤ちゃんのオムツかぶれを防ぐために作られた製品です。
大人は赤ちゃんが持ってない免疫を持っている為、肌に取り込む成分が過多になりアレルギー反応起こす方がたまに居ます。

すぐに直に顔には塗らずにパッチテストを行ってみましょう。
それからのスキンケアやメイク落とし等への使用をお勧めします。

ベビーオイルはどこで使える?

ヘアケア
タオルドライ後、オイルを毛先につけて数分タオルで保湿します。
その後、ドライヤーをかけるとつやつやでまとまりのある髪の毛に仕上がります。

メイク落とし
アイメイクやリップなど、ポイントごとにベビーオイルをつけクルクルと馴染ませていきます。
その後、タオル蒸しを顔にしておくとさらにメイクが落ちやすくなります。
さらにはベビーオイルの適度な油分が、肌をしっとりと潤してくれます。
最期にベビーオイルが肌に残らないように洗顔しましょう。

かかとのケア
お風呂上がりにかかとにすり込むだけの簡単なケアです。
塗った後にラップでかかとの部分へパックをするとさらに柔らかくなります。
かかとだけでなく、肘や膝にも使えるので試してみてください。

まとめ

ベビーオイルはマッサージオイルとしても大変優秀な上、安く手に入ります。

他のオイルと比べてサラサラとしている為、ベタつかずに全身のマッサージが出来ます。
化粧落としに使ってみると、朝起きた時に肌に適度な油分が残り、化粧のノリも良くなっています。

このベビーオイルと使って毎日ケアをし、ツルツルなお肌とサラサラの髪を手に入れましょう。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。