お金を借りたいならキャッシングはどう?

お金借りたい
Pocket

お金を借りる必要が出てきても身内や友人には借りれない。
それなら別のところから借りることを検討しましょう。

スポンサードリンク




お金を借りたい!

急にお金な必要な場面は誰にでも訪れます。

通常の買い物ですとクレジットカードを使えば後払いに出来ます。
現在では一人1枚ぐらいはクレジットカードを持っているのではないでしょうか。

しかし人生は現金じゃないとダメな時ってありますよね。
たとえば事故ですぐに現金で医療費を払わないといけない。
または個人経営者の場合は取引先に仕入れ代金をすぐに払わないといけない、など。
現金が必要な場面は様々です。

「遊びで使うお金を借りたい」これは理由が不健全で賛成できません。
しかし「ちゃんとした理由」があるならキャッシングも悪くないと思います。

いつ、そんな事態になるかわからない人生、簡単にキャッシングを出来る方法を知っておいても問題ないでしょう。

やっぱりキャッシング

簡単にお金を借りるにはキャッシングですね。

「身内にお金を借りるのはちょっと気が引ける」
「来月には必ず返せる」
そのような方はキャッシングでよいでしょう。

昔はキャッシング会社の窓口まで行って申し込みしていましたが現在はもっと簡単。
ネットで審査して即日振り込み、なんて会社も存在しています。

サービスも金利が最大30日無料、なんてサービスもありますね。

私も仕事で先に現金を支払う必要が出てきた場面にお世話になりました。
おかげで取引がうまくいき、儲けさせていただきました。

クレジットカードのキャッシング枠はご存知でしょうか?
もしも自分が持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用できる設定にしていたらすぐにでもお金を借りることができます。

まずはクレジットカードをチェックしてみましょう。

キャッシング会社の選び方

お金を借りようと思ってもキャッシング会社には「消費者金融系」「銀行系」など会社が多いです。
どこが良いのか迷ってしまいますね。

どの会社が自分には借りやすいのかチェックする必要がありますね。
すぐに「ここにしよう!」と決めるのではなくキャッシング会社を比較してみましょう。

会社によっては他社よりも金利の安さを前面に広告を出しているところがあります。
しかし、金利が低いと言っても「あなた」に適用される金利ではないことが多いでしょう。
大概金利が安くなる条件があります。
借りる金額によって、金利は違ってくるからですね。

最近は短い期間に返済すれば金利ゼロ%なんて会社もあります。
ただし指定された返済日を遅れると当然金利分を上乗せした返済額になります。

お得なサービスを利用するには借入金額の上限があったり返済期限が短かったり色々です。
あなたの状況に合ったサービスを提供している会社があるかもしれません。
まずは比較ですね。

比較
先ほども言いましたが大事なのはキャッシング会社を比較検討すること。

結構、会社によってサービスはバラバラ。
かなり内容が違います。

ただ、初めてキャッシングを利用する人は大手を選べば間違いは少ないでしょう。
全国に支店がありますし、不安も少ないでしょう。

まず最初にチャレンジしたいのは「銀行系」ですかね。
いきなり「数百万」なんて借りるのであれば借りれる会社も限られるし審査は厳しくなります。

でも「数十万」程度なら普通に働いて収入がある人なら問題ないでしょう。
金額が大きくなるなら「大手」「金利」は重視ですね。

キャッシング会社を比較するならネットの比較サイトでも問題ないと思います。
丁寧なサイトは一覧表なんかも作成されていて見やすいです。

サービスなんかも個別に比較されていて便利。

金利についてですがこの金利差は各社バラバラ。
やはり金利が低いに越したことないですからね。
可能な限り低い金利の会社を選びましょう。

この金利、各社バラバラですが一定のルールがあります。
上限が決まっているのですね。

その範囲内で他社よりも少しでも安い金利でお客さんを集めている会社を選びましょう。

大体、50万円までなら金利は18%が上限。
10万円以下なら20%以下。

もしも長期で借りるなこの金利がボディブローのようにきいてきます。
昔は返しても返しても元金が減らないなんて時代もありました。

バブルが終わって日本が混乱しているときは「自己破産」が続出しました。
それを抑えるために金利の上限を見直しているんですね。

それが「総量規制」といわれるルールです。
次はお金を借りるときは知っておいた方がよい「総量規制」をご紹介します。

このルールを守らない会社は「ブラック」です。
そんな会社から借りないようにしましょう。

スポンサードリンク




総量規制

キャッシングではいくらまでお金を借りることが出来るのでしょうか。
それは「年収の1/3まで」です。

このルールが「総量規制」です。

また金利のルールも見直されました。
それが「貸金業規正法」の改正で2010年6月に施行されています。
これでグレーゾーン金利が撤廃され、低金利での融資に統一されました。

昔はは、各金融会社によって、社内だけの審査基準でお金を貸していました。
会社の判断でいくら多重債務者でもお金を貸していました。

これは審査が「ゆるい」ということですが「高金利」。
それで多重債務者が続出して「自己破産」が増えたわけです。
一時期「自己破産」が社会現象になってました。

この問題を解消するためにルールが厳格化したわけです。
例として、年収が300万円の人であれば100万円以上をキャッシングできません。

ということは複数の会社からお金を借りている場合は「総額」で計算することになりますね。
ただし、この規制に「銀行」は当てはまりません。
当てはまるのは「消費者金融」「クレジットカード会社」です。

またこのルールで消えたキャッシング会社もありますね。
一時期はTVでも雑誌や新聞、電車の中までその会社の広告だらけでした。
社員への忠誠心の押し付けも強く問題になってましたね。
どうなったんでしょうか。

そんな話は置いといて(笑)

この法改正、無理な借金が出来ないようになり、国民を守る効果が出せました。
しかし収入が無い人にとっては打撃です。

仕事をしていない人はお金が借りられません。
昔は審査が甘かったので金利が高くても便利と言って利用している人たちもいました。
特に主婦が借りれなくて困っている人も出ています。
仕方なく高金利のブラック会社で借りている人もいるかもしれません。

しかし、旦那さんの収入が安定しているのであれば「銀行系」で時間をかけた審査をクリアすれば借りれることが出来ます。

最期に審査について

当たりまえですがお金を借りるには審査に通ることが条件です。

キャッシング会社はお金を貸す条件に「返済能力」を重視します。
そもそも返済能力が無い人には「貸し倒れ」になるので貸さないでしょう。

また人間性もチェックしているところもあるようです。
信用できない人にはお金は貸すことができませんよね。

現状、返済能力があったとしても過去の返済状況が影響する人もいます。
トラブルが起こった過去がある人は厳しいでしょう。

評価の対象は「勤続年数」「年収の金額」ですね。
まずはここをチェックします。

チェックはしますが神経質に気にすることもありません。
「パート」「アルバイト」でも十分借入は可能です。
実際に私がアルバイト時代に審査に通っています。
まぁ、収入が高い方が審査が通りやすい、ぐらいに思っておけば大丈夫。

勤続年数も同じです。
長い方がすぐに仕事をやめないだろう、と判断の材料にする程度です。

過去にキャッシングを利用していても大丈夫です。
きちんと返済しているなら審査も通りやすいです。
キャッシング会社としてはきっちり返済する人なら喜んでお金を貸したいと思います。

まとめ

お金を借りたい必要が出てきたらキャッシング会社を検討してみましょう。

ご自身の状況に合わせた会社を比較して選びましょう。

金利の低さ、いくらまでの融資が可能か、審査のハードルは高いか低いか、などチェックです。

ネットや無人契約機で申し込みをして審査に入ります。
審査の結果借りることが出来ない人もいるでしょう。

しかし普通に働いていれば断られることは少ないでしょう。
現在は即日融資も増えています。
まずは比較ですね。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。