自動車税をカード払いにしてポイントをもらうには?

自動車税をカード払いにしてポイントもらう
Pocket

自動車税は、車を所有していれば毎年払う必要がある税金ですね。
その数万円する税金をカード払いにしてポイントをゲットしたい。
今回は自動車税のカード払いの方法と注意点をご紹介します。

スポンサードリンク




自動車の維持費もまとめると結構な金額になります。
ガソリン代
修理費
そして税金。

車は自動車税や重量税だけでなく買うときにも消費税が取られてますから高い買い物です。

少しでもカード払いにしてポイントをゲットしたいものです。

かつての自動車税の支払いはコンビニか口座振替がメインでした。
今ではカード払いにも対応しているところも増えています。

それなら自動車税もカード払いにしてポイントもゲットしましょう。

ネットで決済できれば家にいながら支払いも可能です。
時間の節約、交通費の節約にもなります。

ただし自動車税をカード払いにするには注意点もあります。

カード払いの注意点

カード払いで自動車税を納める時には、どんな注意点があるのでしょう。

まずはお住まいの地域によってはカード払いが一部の限られたカードしか使えない場合があります。
あなたのカードが使えない場合もある、ということです。

そしてここが一番の困ったポイント!

基本的にカード払いをする場合は手数料が発生します。

殆どの自治体で324円ぐらい手数料が発生します。
これではカード払いにしてもポイントよりも損することになる可能性もあります。

あなたのカードのポイント還元率が問題です。
1%以上あれば少しお得。
是非、計算してみてください。

税金が高額になればなるほどポイントが多く残ります。
手数料は1台でいくら、という計算です。

自治体が対応していない場合
各自治体によって対応や手数料は異なるのでご自身で調べる必要がありますね。
カード払いは時代の流れ、今後は増える一方だと思います。

今は対応していなくても近い将来に対応が開始される場合もあるでしょう。
こまめに自治体のサイトなどをチェックすることを勧めます。

自治体が直接カード払いを受け付けていなくても関節的に払う方法はあります。
それはnanacoカードを使ってセブンイレブンで支払う方法です。

コンビニではカード払いで税金は基本的に払えません。
しかし、nanacoカードを使えば税金も電子マネーで支払いができます。

しかも手数料もゼロ!

続いてはnanacoカードでお得に自動車税を払う方法です。

nanacoカードで決済

実はnanacoカードは現在、最強のポイント還元方法として有名です。
ひと昔前はコンビニで税金をカード払いできましたが現在は出来ません。

コンビニ決済できる電子マネーは、このnanacoカードのみです。
セブンイレブン限定ですね。

しかしnanacoカードには自動車税のポイントは貯まりません。

ではポイントはいつ入るのか?

それはチャージする時。

    ①カード払いでnanacoにチャージ
    ②nanacoで自動車税の支払い

これだけ。

しかし注意点。
nanacoにチャージしてポイントが付くクレジットカードは数枚しかないのです。
適当なクレジットカードでチャージしてもポイントが付与されないので意味がありません。

おすすめなのは「リクルートカード」。

このカードは年会費も無料でnanacoチャージでポイントが付きます。
しかも1.2%!

普通に使ってもお得なカードなのです。

税金以外の支払いならnanacoにもポイントが付くので「二重取り」と言われるポイントのダブル取りもできます。

nanacoを使えば自治体で取られる手数料もゼロ円ですからお得ですよね。
しかも別の税金も支払えますので本当に最強の組み合わせです。

ちょっとの手間を使えば年間で数十万円もの税金支払い分のポイントがバックされるならやるしかないですね!

車検でポイントは貯まる?

自動車税をカード払いできるなら車検でもポイントゲットできるかも?

そう思いませんか?

車検に入れたら少なくても10万円は払っているのではないでしょうか?
整備費用、重量税などカード払いできればポイントが貯まりますね。

最近ではカード払いに対応している車検場も増えています。
ただし整備費用のみ対応できる、なんて店が多いです。
車検代のうち車検、整備、部品、が対象で法定費用は現金、というスタイルです。

車検をカード払いにする注意です。

お店によっては5%ぐらい上乗せになることもあります。
これはカード会社に払う手数料を客に「負担してください」ということです。

また法定費用を含めた全額カード払いにできるお店もあります。
しかし、基本的に金額が高めに設定している可能性があります。

それなら現金で払った方がマシ。
そんなことにならないようにカード払いできるお店と別のお店の料金を比較して考える必要があるでしょう。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。