もしも海外でお金足りなくなったどうする?

海外でお金が足りなくなったら
Pocket

海外旅行中には何が起こるかわかりません。
それはお金が足りなくなる、なんてこともあります。
海外では基本的に現地のお金に頼ることが多いです。
今回は海外でお金が足りなくなった時のキャッシングについてご紹介します。

スポンサードリンク




海外旅行ではついお金を使いすぎてしまって現金が足りない、なんてことがあります。
そんな時は現地のお金が欲しいですね。
では、どうすれば現地のお金を手に入れることができるのでしょうか。

やはり便利さで言えば、クレジットカードのキャッシングサービスが便利です。
今ではクレジットカードを持つことは1人1枚なんて当たり前ですね。

ほとんどのクレジットカードにはキャッシング機能があります。
海外旅行先で現地のお金を使うためには日本で両替したり現地で両替したりしますよね。

しかし、クレジットカードのキャッシング機能を利用すれば簡単に手に入ります。

両替は空港でもできますが時間が掛かり、手数料が取られます。
海外旅行先の両替所でも可能ですが言葉の問題と信用の問題がありますね。
はっきり言って信用できません。
ぼったりされそうですね。
両替するだけでそんなハプニングには巻き込まれたくありませんw

キャッシングならATMを使うだけ

海外に行ってからお金で悩むなんて避けたいものです。
日本にいるときに準備しておけば海外でいざと言うときに役に立つでしょう。

カードは日本で準備しておけば現地ではATMに通せは現地通貨でお金を借りることが出来ます。
クレジットカードでも買い物などは可能ですがカード払いに対応していないところも多いです。
後進国や小さいお店なんかは現金払いが基本です。

日本でも小さい個人店はカードが使えないところが多いですよね。

ATMなら使い方さえメモっておけば英語でも対応できます。
まずはどこにATMが設置されているか、その使い方なども把握しておきましょう。
ほとんどのATMは24Hです。

もしも長期滞在するなら借りたお金をすぐには返済できませんね。
返済計画を立てておくことも重要です。
手持ちの現金の計算と、いざという時に緊急時にいくらぐらい必要なのかも把握しておきましょう。

返済はどうするの?

もしも海外でお金を借りた場合、どうやって返済したらよいのでしょうか?

キャッシングした際には利用の注意点を把握しておく必要がありますね。

返済方法は基本的に口座引き落としになるでしょう。

クレジットカードを作る時点で返済方法を選ぶことになります。
返済方法はリボか一括のどちらかになるでしょう。

ほとんどのカード会社では一括が主流のようです。
ただし、確認しないと一部のカードは「リボのみ」などの不便なサービスもあります。
リボは手数料が高いですからね。
以下のカードはリボのみです。
楽天カード、オリコカード、イオンクレジットサービス

リボに慣れているならあまり問題がないでしょうが不要にリボは使いたくない人もいますね。
リボ払いは利息が高いです。
できるだけ一括が良いでしょう。

またカード会社によって違いますがリボと一括を選べるタイプもあります。
仮にリボ払いになっていたものを、返済を前倒しにしたいと思ったら、繰り上げ返済が便利です。
もしも現在利用しているクレジットカードがリボ払いのみでしたら新しいカードを作るのもアリですね。

海外キャッシングの注意はカードの紛失は利用不可になることがあります。
予備のクレジットカードを別のカバンに保管しておくことも必要かもしれません。

今でも日本人は無防備な国民のようです。
高級なバッグやデジタル機器を誰にでも見えるように所持して旅行する人がいます。
海外では大胆なひったくりなど普通に存在します。
注意しましょう。

クレジットカードだけで支払いを済ませたいならお店は限定されますが可能です。
ただしバスや電車などの交通機関やチップ、これらは現金が必要です。
やはり現金は少し所持していましょう。

また海外専用のプリペイドカードでお金を日本でチャージしておいて海外で使う、なんてこともできます。
もちろんキャッシュカードとして現地のお金が下せます。
クレジットカード機能もありますよ。

まとめ

もしも、海外に出かけた先でキャッシングをするかもと・・・と思ているなら国内にいるときに準備しましょう。

クレジットカードはあるけどキャッシング機能は使ってない。
そんな人も多いです。
キャッシング機能を使うには別で審査が必要になります。

現地で焦らないためにも是非、確認しておきましょう。

ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。