台湾行くなら2月のランタンフェスティバル!

台湾2月ランタンフェスティバル
Pocket

旧正月に恒例となった台湾のランタンフェスティバル。
2月に行くならランタンフェスティバルも体験しましょう。
中南部の観光と合わせてぜひ訪れてみたい台湾のランタンフェスティバルをご紹介します。

スポンサードリンク




旧正月に必ず見ておきたい「ランタンフェスティバル」の魅力

1990年から始まった、台湾の旧正月恒例のお祭り「台湾燈會(ランタンフェスティバル」。
この祭りは、30年に満たない歴史にも関わらず、すっかり台湾の伝統イベントとして定着しました。

国を挙げてのこのお祭りは、各選定地で開催され、台北・高雄・桃園などの大きな都市では市が主催して開催しています。

旧正月とは旧暦のお正月のこと。
中国や台湾などのお正月は旧暦で祝っています。

ちなみに今後の旧正月の時期を調べてみました。
2018年以降に行く場合の参考にしてください。

  • 2018年は2月16日(金)
  • 2019年は2月5日(火)
  • 2020年1月25日(土)
  • 2021年2月12日(金)
  • 2022年2月1日(火)
  • 2023年1月22日(日)
  • 2024年2月10日(土)
  • 2025年1月29日(水)
  • 2026年2月17日(火)
  • 2027年2月6日(土)
  • 2028年1月26日(水)
  • 2029年2月13日(火)
  • 2030年2月3日(日)


2018年、2019年の開催場所

2017年は台湾中南部、雲林にて開催されました。
毎年その年の干支がクローズアップされ、2017年のテーマは「吉鳴雲揚」。
酉年のため、鶏の形をしたランタンがメインランタンとして展示されました。

毎年終了時には来年度の開催場所を発表するのが恒例となっていますが、2017年は来年と再来年、2年分の開催場所を同時に発表されています。
これは二県が名乗りを上げたので、2年分の開催場所を先に決定したようです。

しかも、2019年はランタンフェスティバルが30周年の記念の年。
注目が集まることでしょう。

2018年の開催場所:嘉義県
2019年の開催場所:屏東県

2019年で「台湾ランタンフェスティバル」は30回目の開催を迎えることも注目されています。

続いてメイン開催場所以外に行われる台北市内のランタンフェスティバルの紹介です。

スポンサードリンク




台北市内の燈會

台北滞在で気軽に行くなら台北市内の燈會がおすすめ。

選定地の会場ではなくても、台鐵やMRTの主要な駅前の広場などでランタンフェスティバルの雰囲気を楽しむ事が出来ます。

中でもMRT松山駅の駅前広場では、常設の提灯に加えて旧正月にのみ光のトンネルが設置されます。
駅の出口から出た先には慈祐宮がライトアップしており、夜の撮影スポットとしてはとても明るく撮影しやすいです。
スマホの撮影でも加工ナシでよく映えるようになっています。

そしてここでは慈祐宮の中でランタンが飾られ、昨年から今年にかけてテレビ番組の台湾特集で話題となったATMでの賽銭も宮の中で行うことが可能です。
慈祐徳宮を参拝したら、そのまますぐ傍にある饒河街観光夜市に行きましょう。
お正月の買い物をする地元の人の年貨大街の雰囲気を楽しめます。

お腹が空けば市場内の屋台で食事や甘味を済ませましょう。

夜の松山だけで台湾の旧正月を思いっきり体験する観光ができるスポットです。
駅から夜市までは是非全て立ち寄ってほしいお勧めのコースです。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。