学生向けのクレジットカードはこんなカードがおすすめ!

学生向けのクレジットカードでおすすめは?
Pocket

クレジットカードの申し込みは「18歳以上で安定収入がある」ことが条件ですね。
しかし、大学生以上であれば作れるカードは沢山あります。
今回は学生向けにおすすめのクレジットカードをご紹介します

スポンサードリンク




学生向けカードとは?

現在では学生でも、クレジットカードを持つことが珍しくないですね。

学生が申し込めるクレジットカードは限度額が低い場合が多いです。
またキャッシングの金額も低めになっているでしょう。
この金額などはカード会社によって異なります。

しかし収入に関する条件が一般のカードとは異なるので、カードの申込みの条件も厳しくないようです。

学生がクレジットカードを作る際には自分の生活に合ったカードにする事が良いでしょう。

例えば、スマホをよく使う人の場合、電話会社のクレジットカードで電話料金を支払い、ポイントを貯める方法もありますね。
また旅行が好きな人におすすめなのは、海外保険が付帯しているカードを選びましょう。
海外旅行のための海外旅行保険をわざわざ検討する必要がありません。
ただし、保証の内容はキチンとチェックしましょうね。
カード会社によってバラバラですから。

特典以外に注意点は、年会費ですね。
クレジットカードを作ったまま使わないで年会費だけが発生してるなんて損ですからね。
年会費なんていらない!そう思っている人は年会費無料のカードで問題ないでしょう。
カードによっては学生の特典として年会費が学生の間だけ無料のサービスもあります。

学生でもお得に使えるポイント

クレジットカードを上手に利用すれば学生でもしっかりとポイントを貯めることができます。
まめな人は金銭管理を含め上手に利用しましょう。

まずは公共料金。
生活する上で絶対に必要な出費ですよね。

水道料金や電気、ガスなどすべてカード払いを検討しましょう。
公共料金の支払いは、口座引き落とにしていたらカード払いに変更できるか確認しましょう。

このように、余計な買い物をしなくても、公共料金ならいつの間にかポイントを貯めることができます。
我が家はアパートの家賃もカード払いが対応できたのでポイントがいつの間にか貯まる流れが出来ています。

これから一人暮らしを考えていたり、引っ越しを考えている人はカード払いにできる賃貸物件を調べてみるとよいでしょう。

またスマホ料金やプロバイダの料金もチェックポイントです。

カードの申込に必要なものは?

カードを申し込む場合に必要なのは以下の通りです。

    ・銀行口座(本人名義)、またはゆうちょ
    ・印鑑(通帳で使用している印鑑)
    ・身分証明書(健康保険証や運転免許証等)

通帳と印鑑は口座引き落としで必要です。
また身分証明書は申し込み審査のために必要です。

利用限度額
学生はいくらまで使えるのか?
利用できる金額の範囲、それが「利用限度額」です。

学生向けとされているカードの限度額は大体5万円から10万円が一般的です。
それ以上の金額を利用するとなると親権者の同意が必要になり、30万ぐらいなら引き上げできるでしょう。

この金額設定は学生の生活の範囲内、またカード利用に不慣れな年齢を考慮しています。
使い過ぎて支払いが困難になることが問題だからですね。
無理なく計画的な利用を促すための低めの設定です。

家具や電化製品で一時的に高額な買い物が必要な場合はカード会社に相談してみましょう。
限定期間で利用限度額の引き上げに対応してくれるところもあります。

カード払いの注意点

クレジットカードは当たり前ですが使い過ぎに注意です。
学生でまだ支払いの金銭感覚が慣れていないといつの間にか限度額に達することはよくある失敗です。

お買い物も現金が足りなければカード決済でサクサク買えてしまうので、うっかりして「買い過ぎ!」なんてこともよくあります。

あまり無計画にカード払いを利用しすぎると返済時に泣くことになりますので気を付けましょう。
学生の時から借金なんて避けたいですからね。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。