クレジットカードの支払い方法について

クレジットカードの支払い方法について
Pocket

クレジットカードは便利に買い物が出来ますがうっかりすると支払いが大変!
そんなクレジットカードの支払い方法と遅れた場合の注意をご紹介します。

スポンサードリンク




いちいち現金を持っていなっくても簡単にショッピングができるクレジットカードは非常に便利ですね。
現在ではクレジットカードの利用者も増加し、複数枚を上手に使いまわしている強者も存在します。
クレジットカードはショッピングの便利さを高めてくれますが、支払い方法も自分のスタイルに合わせることが出来ます。

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードの支払方法はざっくりと3つ。
あなたのライフスタイルに合わせた方法を選びましょう。

主な返済方法は以下の通り。

    ・翌月一括返済
    ・分割払い
    ・リボルビング払い

一括払い
一番使われているのが翌月一括払い。
カード会社にそれぞれ締めの日が設定されており、翌月に一括で引き落とされます。

この方法は手数料が不要のため、一番安く利用できるメリットがあります。

ボーナス一括払いにした場合はどうなのか?

これも手数料が加算されることはありません。
ボーナスの月に、まとめ払いできちゃいます。

夏は7月か8月、冬は12月もしくは1月に引き落実行。
これがボーナス一括払いの方法になります。

自分のライフスタイルに沿った支払い方法はどれかをよく考えて選ぶといいでしょう。

分割払い
分割して払う方法には、2種類あります。
月々の支払額を決めて支払っていく払い方、毎月あらかじめ決めた一定額を支払っていくリボルビングがあります。

分割払いは分割回数を多くすれば、月々の支払いを少なくすることができます。
反対に支払い回数を少なくすると、月々の返済額は大きくなりますね。
ただ、早く返済が終わります。

クレジットカードの決済額に関係なく、毎月同じ金額を支払い続ける。
返済残高がなくなった時点でやめるのが、リボルビング払いです。
毎月同じ額なので支払いの計算が楽、というメリットもあります。

しかし、クレジットカードの支払いは、細かく分割すればするほど、利息が増えます。
結果、トータルの支払い額が多くなることも、頭に入れておきましょう。

リボルビング払いは、「月々のカード支払い日では決まった額以上の引き落としはせずに、翌月に繰り越すだけ」。
そう考えると「先送り」の返済方法なので気軽に使わずに計画的に利用しましょう。

リボルビング払いは金額の変更がききやすく、まとめて返済できる月はたくさん支払いができるカードもあります。
会社によっては「いつでも、いくらでも」返済することが可能になっているカードも増えています。
お金が入ったときにどんどん返済していけば早く支払いが終わることもできますね。

この内、翌月一括払いとリボルビング払いについては、支払い方法の変更が可能です。
各会社が支払いサービスとしてリボに切り替えることを勧めてきます。

翌月一括払いのつもりで決済をした支払いを「やっぱリボ払いにする」ということが可能。
そのため月々の返済額を軽減できます。

お店で一括で購入していても、自動でリボルビング払いに変更される機能を提供しているクレジットカード会社も多くなっています。

クレジットカードの支払いが遅れるとどうなる?

クレジットカードを使って買い物をすると、もちろん返済が発生します。
まさかの「手持ちのお金が足りない!」時には、どうなってしまうのでしょう。

クレジットカードを使ったけれども、返済が追いつかないという事態になったらどうなるのか?
その時何が起きるのかは、知った上でカードを使う必要があるのではないでしょうか。

後々の生活に影響しますので支払いが遅れる場合の内容をご紹介します。

まずクレジットカードの返済を遅らせると、カードの利用がストップ。
その後、新規のカード利用が不可能になります。

遅れた分の金額を支払えばクレジットカードは使えるようにはなります。
が、何回も続くようだと困ったことになります。

カードで支払いをしようとしても使えないこともあります。

またクレジットカードが利用停止になると事故情報として記載されるようになります。
個人信用情報機関に返済遅延の記録が残ると、他の会社でもクレジットカードを作ることが出来なくなります。

これはクレジットカードだけでなく「住宅ローン」「自動車ローン」など、他の金融サービスを受けたいと思ってもできなくなってしまいます。
新規の融資を必要としているにもかかわらず、新しい借り入れが不可能になってしまうのです。

返済を滞らせると、後々自分の身に響いてくることがありますので、無理なく返済できる金額を借りましょう。

私も昔、30万円ぐらいのローン返済をしていたことがあります。
その時は引き落とし口座と給料の振り込み口座が別でした。

よくやった失敗は引き落とし口座に振り込み忘れをしてローンの引き落としができないことが度々ありました。

すると直ぐに携帯にローン会社から電話がかかってきます。
たしか3回目ぐらいで注意された記憶があります。

返済能力があっても引き落としが実行されなければ悪い印象を与えてしまいますね。
ましてや何度も引き落としが実行されないなんて「お金ないのかな?」と思われても仕方ありません。

気を付けましょう。

まとめ

クレジットカードの支払い方法をご紹介しました。

    ・一括払い
    ・分割払い
    ・リボルビング払い

また返済は遅れないように注意が必要です。

ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。