クレジットカードのキャッシング枠の審査はどう?

クレジットカーのキャッシング枠の審査
Pocket

今回はクレジットカードのキャッシング枠の審査についてご紹介します。

スポンサードリンク




クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードを便利に利用する方法にキャッシング枠を作る、という方法があります。
これはクレジットカードのサービスの一つでお金が借りれるということです。

わざわざ消費者金融でカードを作らなくてもコンビニや銀行ATMからお金が借りれます。
たまに借りるぐらいならクレジットカードのキャッシング枠は気軽ですね。

しかしクレジットカードのキャッシング枠も審査はあります。
カードローンと同じぐらいの審査基準と思っていて大丈夫。

クレジットカードを作るときにキャッシングも考えているなら最初からキャッシング枠を付けておきましょう。

クレジットカード以外にも消費者金融のカードを持っても管理も面倒ですね。
使うときもカード一枚で完結するのは楽です。

ただ審査はショッピング枠とキャッシング枠は別で行われます。
まれにショッピング枠のみOKでキャッシング枠はつけられないこともあります。

これは貸金業法という法律で消費者金融や信販会社に適用されています。
借りたい人の年収の3分の1以上の貸付は出来ないのですね。

年収300万円の人は100万円以上借りれない、ということです。
この100万円は他社との合計になります。

キャッシング枠の審査

クレジットカードのショッピング枠もキャッシング枠も、審査をクリアしなければなりません。
審査はそれぞれ別に行われます。

審査の厳しさで言えばショッピング枠だけよりも、キャッシング枠を利用するほうが少し厳しいらしいです。
そのルールは会社ごとに違いますので通らなければ諦めるしかありません。

ショッピング枠のみOKなどの返事が来るのはその為です。
元々クレジットカードはショッピング用ですからね。

キャッシング枠の金利

クレジットカードのキャッシング枠は非常に便利です。
しかし、金利は高めであることは覚えておきましょう。

金利が高い借入れになるので、クレジットカードのキャッシングを安易に利用するのは注意です。
多くのクレジットカードでは、12%から18%の金利が設定されています。
高い金利は返済の際に加算される利息額が高額になりますので気を付けましょう。

カード会社の中には、7%金利での融資が可能なクレジットカードも存在しています。
でも一部です。

15%ぐらいが平均ではないでしょうか。

銀行系のカードローンの金利は低くなっており、3%から14%くらいの場合が多くなっています。
利息は返済のときになって地味に苦しくなりますの1%でも低い会社で借りましょう。

多額の借入が希望の場合、クレジットカードのキャッシングではなくて、カードローンの方がよいですね。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。