銀行のキャッシングサービスはどこを審査するの?

銀行キャッシング審査はどう?
Pocket

キャッシングにしろ、カードローンにしろ、銀行系の金融機関を利用しようとすると、審査の結果待ちの時間が長くと言われていました。
また、審査も厳しいと言われていました。
しかし、最近では少し状況が変わってきているようです。

スポンサードリンク




銀行でキャッシングしたいと思いながら迷っている人もいるでしょう。
実際に銀行からお金を借りるというのは、審査する項目も多く、審査基準も厳しい傾向がありました。
ちょっとハードル高い感じしますよね。

しかしキャッシングも多くの金融機関が取り扱うようになってきましたね。
その影響でサービス内容も年々変化しています。
マイカーローンなんて気軽に借りれるイメージですよね。

最近はサービスの質が上がり、銀行のキャッシングでも即日審査や即日融資があります。
申し込み手続きの方法や、審査の内容は以前と変わらずに厳しいが、サービスを変えて対応している銀行もあります。

消費者金融系のような短時間審査は条件が緩いところもあるようです。
もしも断られたら別の銀行でチャレンジしてみるのもありですね。

申込み時の条件が緩和されているのもありがたいですが、審査の日数がとても少なくなっている点も見逃せません。
これまでの銀行では、審査に1週間程度かかることが多かったようです。

以前は、銀行キャッシングの申し込みは、書類の作成も手間がかかっていました。
源泉徴収票など、年収を証明する書類を出さなくても少額であれば審査が早いところもあります。

最近は、キャッシングに力を入れている銀行も多く、顧客集めにサービスや条件を緩和しているところもあるのです。
自分の身分を証明できる書類と、通帳、印鑑を用意していけばすぐに融資してくれることもあるのでチェックが必要です。

基本的には審査内容は以下の通りです。

    ・属性審査
    職業や年齢、資産内容など

    ・書類確認
    身分証明書や収入が証明できるもの

    ・在籍確認
    お勤め先に在籍しているか実際に電話します。

    ・信用情報審査
    過去の借り入れ履歴

金利について

キャッシングを利用する場合は金利は重要ですね。
利用する会社を選ぶ大きな条件で金利が低いに越したことはありません。

銀行のキャッシングと、消費者金融会社のキャッシングを比較すると、銀行のキャッシングのほうが低いです。
金利が低いことがわかります。

銀行系のキャッシングが低金利で借りられることは、審査の厳しさにあります。

信用の高い相手に対してお金を貸す時は、金利を低く設定します。
「回収出来ないのリスク」が低いからですね。

お金を貸す側からすれば返済されないリスクで判断します。
信用度が低い相手にはリスクが高いので金利を上げて回収できないリスクを回避します。

金融機関は利息をとることで利益を得ていますね。
全て返済してもらわないと利益の回収ができません。

そのため信用の低い人に対しては、高めの利息設定する必要があります。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。