あなたに合ったクレジットカードの選び方!

クレジットカードの選び方
Pocket

クレジットカードを作りたいけどどの会社で作って良いかわからない。
どんなカードが自分に合っているのか?
クレジットカードを選ぶポイントをご紹介します。

スポンサードリンク




現在では社会人になると自分のクレジットカードの1枚ぐらいは誰でも持っています。
1枚だけでなく、複数枚を上手に利用している上級者も大勢います。

クレジットカードをいざ、作ろうと思っても各社様々なサービスを展開しておりお得な特典も多いですね。
カード会社を選ぶときは特典が大きなカギになっています。

どのカードを選んだらよいか迷ったら自分のライフスタイルを考慮してカードを選びましょう。

ポイントで選ぶ

近頃はショッピングだけでなく水道やガスなどもカード決済できるようになりましたね。

ご自身の生活で支払うお金を現金からクレジットカード決済に切り替えてポイントを増やしましょう。
最近は支払い金額に応じて0.5%から1.2%などのポイントが付与されます。
仮に全ての支払いをクレジットカード決済に切り替えるとどうのるのか?

年間で300万円の生活費用を現金からカードに切り替える。
ポイントの還元率は安く見積もって0.5%。
300万円×0.5%=1.5万円
1万5000円のポイントが返ってきます。

これを還元率の高いカード会社で計算します。
ポイントの還元率は1.2%
300万円×1.2%=3.6万円!

チリも積もれば山となるw

溜まったポイントは各社でどのように還元されるかバラバラです。
景品に替えることもできますしキャッシュバックもあります。

景品は、食べ物やグッズ、商品券など。

ポイント還元率や、有効期限、交換可能な商品や、カード会社ごとに異なりますので確認が必要です。
まずは自分のライフスタイルの再確認。
ご自身の日常を少し変えることで、より多くの特典を利用することができるようになります。

毎月の支払でクレジットカード決済に変更できるものが無いか?
毎日の買い物先をポイントが多くもらえるお店に変更できないか?

最初は調べるのも変更するのもちょっと面倒ですがちょっとの努力で自動でポイントがたまるならオイシイですね。

スーパーでの買い物が多いならそのお店が発行しているカードをチェックしてみましょう。
イオンカードなんて主婦層には人気が高いですよね。

旅行が多いなら

旅行に行くことが多い人は、マイルがたまるクレジットカードがお得でしょう。

旅行傷害保険がついているクレジットカードも大事です。

海外旅行が多い人は外国でのショッピングも重要です。
外国で使えるお店が多い「VISA」「マスターカード」などを選ぶ必要があります。

また海外旅行保険のついてカードがおすすめです。
年会費が必要なカードでも海外旅行保険が自動付帯でついてるカードならメリットがあります。
保証内容は各社、本当に様々ですがポイントがありますので参考にしてください。

海外旅行保険は自動付帯で選ぶ

ご自身の旅行スタイルに合わせて選びましょう。

国内旅行が多い人は保険よりもポイントを重視しても問題ないでしょう。
海外は事故や病院などの費用が問題になります。
国内ですとわざわざ旅行保険に入るメリットがあまり感じられないと思います。

ポイント重視でマイルを溜めることに集中したほうがお得になることが多いでしょう。

特典サービスで選ぶ

クレジットカードは買い物の決済に使うだけではなく他にも利用方法があります。
それは各社が提供している特典サービスです。

ポイントが多く付与される以外にも割引サービスが結構お得。
カードを提示するだけで数%割引きなんてあります。
申込みをする時には事前に特典についても、チェックすることをおすすめします。

年会費が無料のカードも多いですが有料会員様だけの特典なども見逃せません。
有料会員限定のバーゲンやポイント還元率が高くなるケースが多いです。

私は東京で暮らしていたときはお出かけ前にクレジットカードでお得なサービスが受けられるお店で食事をしてました。
ポイント増加はもちろん、割引きサービスできるお店で数パーセント安く外食してました。

外食が多いなら結構お得です。

まとめ

クレジットカード選びでは、ご自身の生活スタイルと相性のいいものにするということが重要といえます。

普段の生活の中で、よく利用するシーンが多い場所でのクレジットカードの取り扱いが可能かどうか、思い出してみましょう。

利用頻度の少ない場所でしか使用できないクレジットカードカードでは無駄ですね。
その分だけポイントなどの特典がある機会も減る為あまりメリットがありません。

重要なことは、よく使いそうなサービスがついているクレジットカードを選び、サービスをとことん使いこなすことでしょう。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。