カードローンとキャッシングの違いとは?

カードローンとキャッシングの違いとは
Pocket

今回はちょっと気になるカードローンとキャッシングの違いをご紹介します。
また借り入れしたい場合のポイントもご紹介します。

スポンサードリンク




急な出費で困ったことないですか?
誰でも思わぬ事態が起こることは1度や2度あったはず。

そんな急な出費が発生したときはすぐにお金が借りれるカードローンやキャッシングが便利ですね。

カードローンとキャッシングの違い

ではカードローンとキャッシングはどう違うのでしょうか?
お金が借りれることは同じですが大きな違いは返済方法にあるのです。

カードローンは分割払いです。
反対にキャッシングは一括払いでの返済が一般的な方法です。

キャッシングは一括で支払う理由はカードローンよりも、貸付金額自体が少なく設定されているためです。

キャッシングの利用額の範囲は1万円~50万円です。
融資金額の幅が小さいですね。
これは少しの借り入れという感じです。

キャッシングの借り入れは次の月には一括で返すことになります。
そのため、カードローンよりも金利自体が高くなります。
ローン会社は長期的に「金利手数料」で稼げないからです。

カードローンの場合は、数十万円から数百万円という大口扱いです。
借入れする金額が大きくなるため、返済方法は残高スライド方式か、定額のリボルビング払いが一般的です。
これは長期的に「金利手数料」を徴収できるためです。

申込みの際の審査の厳しさは、金額が大きいカードローンが厳しい傾向にあります。
金利面では、完済までの時間が長さと、融資額が大きいほうが低金利のサービスが多いですね。

カードローンと、キャッシングでは、メリットとデメリットがあります。
ご自身に合ったサービスを選びましょう。

すぐに借り入れをしたい場合

すぐにでもお金が必要になった。
でもお金が無い!という時は、融資が必要ですね

最近はイメージ広告の効果で気軽に借り入れできるイメージが出来上がりましたね。
カードローンやキャッシングに対する悪いイメージも薄れてきた感があります。
学生や主婦も利用出来ますからね。

人目が気になるのなら無人契約機を利用したほうが良いでしょう。
また借り入れは銀行やコンビニのATMで簡単に借りることが出来ます。

数日待つことができるならネットでの申し込みも気軽ですね。

とても急いでいる場合は申し込みから最短で30分の待ち時間という会社もあります。
また初回申し込みは最初の30日間は利息0円なんてサービスもありますね。

カード会社もあの手この手で顧客を集めています。
実際に申し込みしたい場合はキャッシュバックなどのキャンペーンが無いか探してみましょう。

スポンサードリンク




借り入れの条件は?

昔はサラ金(サラリーマン金融)なんて呼び方が一般的でした。
消費者金融はサラリーマンだけの金融サービスだったんですね。

それだけ条件が厳しかった、ということです。
現在では条件もある程度緩和されて気軽に借り入れができるようになりましたね。

もちろん正社員のサラリーマンでないと借り入れができないなんてことはありません。
毎月の収入などがある程度あれば正社員でなくても借り入れできます。

私もアルバイト時代に簡単に融資が通りましたね。
主婦のパートで毎月の収入があれば問題なく融資されるでしょう。

専業主婦は消費者金融では難しいかもしれません。
たぶん配偶者の同意書などが必要になると思います。

旦那さんに内緒で借りたいと思う人が多いでしょうから銀行カードローンを選択しましょう。

ただし在籍確認については確認しておく必要があります。
旦那さんの会社に電話確認される場合があります。

法的な条件

規制する法律が変わったことはご存知でしょうか。

融資を受ける場合、希望者の年収の3分の1以上は貸付が出来ません。
これは利用者保護のためです。
年収よりも高い金額の借り入れは返済することが難しいからですね。

このカードローンやキャッシングの法改正で、無収入の人には貸付が出来ません。
しかし、消費者金融会社にのみ適用されています。

銀行カードローンが、専業主婦に対して融資できる理由です。

初回の申し込み者に対しては、無利息での融資を条件つきで行っているところがあります。
短期の小口融資の場合にも該当します。

様々なサービスが各社揃っていますのでネットなどで調べてみると良いでしょう。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。