酢大豆ダイエットの効果で美肌も手に入れる!

酢大豆ダイエット効果
Pocket

今回は整腸作用と美肌も期待できる酢大豆ダイエットの効果と方法をご紹介します。

スポンサードリンク




食べ過ぎを抑えて運動する。
これはダイエットの基本ですね。

またお通じが大切なのも常識です。
無理な食事制限で肌がボロボロで便秘にもなる・・・。
悪循環ですね。

まずは酢大豆を使って身体に無理のないダイエットにチャレンジしましょう。
そこでおすすめしたいのが酢大豆。

酢大豆の効果

お酢のクエン酸効果で脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

またデトックス効果も期待でき、基礎代謝が上がります。
血流が良くなり、さらに脂肪燃焼もしやすくなります。
基礎代謝が上がる、ということは「太りにくい身体」につながります。

さらに美肌効果も高まります。
基礎代謝が上がると皮膚の生まれ変わりが正常になり、肌荒れが改善されます。

大豆に含まれるビタミンBとビタミンE。
これらの栄養素は「疲労回復」「基礎代謝の向上」が期待できます。

さらに食物繊維も豊富ですので腸内環境が整います。

お酢も発酵食品ですので腸内環境を整えるには酢大豆はかなり有効ですね。

酢大豆ダイエットの方法

酢大豆ダイエットの方法は簡単。

毎日の食事と一緒に「1日5粒」食べればOK!

空腹のときは胃がお酢のパワーに負けて荒れてしまうので食事と一緒に食べましょう。
お腹が空いたときにおやつ替わりに食べている人がいると聞いたので、それは止めましょう。
ここは注意ですね。

酢大豆は満腹感も与えてくれますので食べ過ぎ防止にも効果があります。
腹持ちが良い、ということです。

酢大豆の作り方

作り方も簡単です。

水でよく洗った大豆をザルにあげて水切りします。
「青臭さ」を取るためにフライパンで15分から20分ぐらい炒ります。
この時、弱火で焦げないように注意してください。

大豆の皮がやぶれてきたら火を止めて冷まします。

次は蓋つきのガラス瓶に入れて大豆が全部埋まるまで酢を入れます。
そして密封。

4日から5日ぐらいで完成です。
途中で大豆が膨らんで、酢よりも上に顔をだしたらお酢を足してください。

お好みでEMを加えても良いでしょう。
基本的に発酵食品なので保存期間は長いです。

冷蔵庫に入れて、ばい菌に触れないようにすれば何年でも大丈夫かと思います。

酢大豆の食感はコリコリと歯ごたえがありますので噛んで食べましょう。
大豆の水煮みたいな柔らかい感じではありませんので心配しないでください。

美味しく食べたい人は「昆布」を1割ぐらい混ぜて、「酢昆布大豆」を作る人もいます。
こちらは長期保存は避けて早めに食べた方が良いでしょう。

まとめ

酢大豆ダイエットの効果は腸内環境を整え、過食を防ぎます。

作り方も簡単ですので是非チャレンジしてみてください。

ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。