ベネチアを旅行するならポイントはここ!

ベネチアを旅行するときのポイント
Pocket

イタリア北東部に位置するベネチア。
幾つもの小島を橋で繋ぎ合わせ、街中を道路代わりに張り巡らされている水路で成り立つ美しい街です。

スポンサードリンク




昨年11月に発売されたゲーム「FINAL FANTASY XV」では、ベネチアをモデルとした街の美しさが話題を呼びました。
「水上の都市 オルティシエ」として再現されています。
イタリア好きや旅行好きのみならずゲームのファンからも注目を集める街となりました。

ベネチア本島

ベネチア本島の見どころは南部にあります。
ベネチアは、対岸の街であるメストレから列車かバスで行く事が出来る離島です。
駅やバスステーションは島の北部に位置しており、パンフレットやガイドブックに載っている景色や観光地の多くは南部に集中しています。

サン・マルコ広場やビットーリオ・エマヌエーレ二世像も南部。
さらに土産物屋やカナル・グランデ大運河の撮影ポイント「アカデミア大橋」も南部です。

水路に道を阻まれながらベネチアを迷い歩くのがベネチア観光の醍醐味。
または水上バスを利用して街並みを海の上から眺めつつ一気に移動してしまうのもお勧めです。

ベネチアの美しい夜景を見るには、夜のゴンドラツアーに参加するのもありです。
もしくは対岸の島に建つ「ヒルトン・モリノ・スタッキー・ベニスホテル」での宿泊がおすすめです。

一方、ベネチアの北部には飲食店やスーパーマーケット、カフェが立ち並ぶエリアがあります。
アパートメントなどを借りて自炊を行う場合は、比較的安価に買い物ができるコープなどの利用がおすすめです。
長めに滞在したいなら北部が便利でしょう。

ベネチアの手仕事の島々

ベネチアン・グラスで有名なムラーノ島は、ベネチア北西部に位置する離島です。
ベネチア本島からは4つの停留所を利用して水上バスで向かう事が出来ます。

    「ローマ広場」
    「サンタルチア駅」
    「フォンダメンタ・ヌォーヴェ」
    「サン・マルコ広場」

島内にはガラス博物館や、サン・ピエトロ・マルティーレ教会などがあります。
街並みはベネチア本島より少し質素な感じ。
生活感が見え、古い教会が点在しています。

ムラーノ島よりさらに北東部、「ムラーノ・ファロ」停留所から行けるブラーノ島。
レース編みが特産でカラフルな家が運河沿いに立ち並ぶことでも有名な島です。

未だ観光地というよりも生活する島である雰囲気が強いですね。
メインストリートから少し外れて散策をすれば、洗濯や読書をする住民の姿を見る事が出来ます。

また、島内にあるサン・マルティーノ教会の鐘楼(しゅろう)は傾いていることで知られています。
遠くから見てもすぐわかるぐらい傾いていますw
教会の中にはジャンバティスタ・ティエポロの「苦難」という名画があります。
絵画が好きなら実際に見てみるのも良いでしょう。

ちなみに鐘楼は現在でも傾き続けているようです。

墓地の島 サン・ミケーレ島

世界遺産にもなっているサン・ミケーレ島は、世界的にも珍しい墓地と教会だけがある島です。

敷地内の墓地には一つ一つに造花が供えられ、年中通して鮮やかな色の花で覆われている姿が圧巻です。

島内の墓地はすでに定員オーバーの状態らしいです。

現在は一部区画の廟(びょう)を除いた墓は立体的な階層状の石棺に納められています。
2年間埋葬した後に掘り返して別の島の墓地に改葬するか、再埋葬の費用を支払ってこの島での永代供養がなされます。

島内には作曲家ストラビンスキーやディアギレフの墓があり、ファンや観光客はこの美しすぎる墓地を一目見ようと訪れます。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。