新陳代謝を上げるにはどうすればいいの?

新陳代謝を上げるには?
Pocket

新陳代謝を上げるにはどうすればよいのでしょうか?
今回は新陳代謝を上げて「痩せ体質」を目指す方法をご紹介します。

スポンサードリンク




新陳代謝を上げる方法

新陳代謝を上げるということは「基礎代謝」を上げることです。
基礎代謝は何もしなくても生きているだけで消費されるエネルギーですね。

今回は新陳代謝を上げる以下の方法をご紹介します。

    ・体温を高くする
    ・筋肉量を増やす
    ・適度運動を行う
    ・心肺機能を高める
    ・内臓機能を高める
    ・脳機能を高める

体温を高くする

まず新陳代謝を上げるための行動は「体温を上げる」
基礎代謝は呼吸や食事の消化吸収、便の排出など様々な働きでエネルギーを消費しています。
これは体温を保つ場合もエネルギーは消費されています。

人間の体温は36度ぐらいが平熱ですね。
これが35度ぐらいだと低体温。
低体温の人が36度に上がると基礎代謝も上がります。
エネルギーの消費量が増えるということです。

体温を上げるには風呂にゆっくり入浴しても体温は上がりますが一時的です。
常に新陳代謝を上げるには筋肉量を増やし心肺や内臓機能を高めることが必要です。

筋肉量を増やし代謝を上げる

筋肉は普段の生活でも使われていますね。
歩いたり、物を運んだり、掃除をしたりと人間は生きているだけで「運動」しています。

鉛筆を持つだけでも腕や指の筋肉を使っているわけです。

筋肉のエネルギー源はブドウ糖や脂肪です。
筋肉量を増やせばブドウ糖や脂肪の消費量が増えます。

「筋肉の少ない人」と「筋肉の多い人」が「同じ動作」をする。
すると「筋肉の多い人」が消費エネルギーは多くなるのです。

筋肉を増やすと基礎代謝が上がる理由です。

適度な運動で代謝を上げる

運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」を使い分けて行いましょう。

ダイエットのための「溜まった中性脂肪」を落とすには「有酸素運動」が有効です。
ウォーキングやジョギングが推奨される理由です。

一方、筋トレなどの「無酸素運動」には血液中のグリコーゲンが使われます。
これで新陳代謝が上がります。

大事なのは両方をバランスよく組み合わせることです。
ウォーキングの合間にスクワットなどの筋トレを入れることで効果を上げる目的があるのです。

すごく簡単に言うと「とりあえず動きましょう」という結論です。

はりきって「明日から毎日1時間するぞ!」と言って1回だけで続かない。
そんなことにならないように「動く時間」を少しでも増やしましょう。

    ・朝起きたらストレッチをする
    ・エスカレーターやエレベーターを階段に替える
    ・デスクワークなら30分に一回は筋肉を伸ばす
    ・歩くときは「早歩き」「大また歩き」を取り入れる

簡単なことから習慣化を目指していきましょう。

心肺機能を高める

基礎代謝の低下は「筋肉の衰え」と「心肺機能の低下」が一番の原因です。

筋肉については先に説明しましたが「心肺機能」とはどんな機能でしょうか。

心臓や肺も常に動いて私たちは生きています。
心臓がしっかりを血液を運び、肺が酸素を取り込みます。
これだけでもエネルギーが消費されますね。

心肺機能を高めると「血行促進」「肺の活動」に使われるエネルギーが増えます。

心肺機能の向上は運動とセットで語られます。
それは走ったり、筋トレをして息が上がる。
それは心臓や肺の運動を高めることになっているからですね。

運動をしなくても深呼吸をするだけで心肺機能は高まります。
まずは深呼吸や複式呼吸から取り入れると効果が高くなるでしょう。

内蔵機能を高める

最近まで語られなかった内蔵機能の基礎代謝への影響。
筋肉ばかりが注目されていましたが実は内蔵機能のほうが基礎代謝に対する影響が大きい。

人間が生命を維持するためには食事を食べて消化吸収し、血液をつくり、老廃物を出す。
この一連の働きは内臓機能によるもの。

特に肝臓の働きが基礎代謝の向上に効果が高いといわれてきました。

無理な食事制限ダイエットやひとつの食材だけのダイエットなので悪影響はここにでます。
内蔵機能が衰えることで基礎代謝を低下させているようですね。

バランスよく栄養を取ることで内臓機能を高めて基礎代謝を上げましょう。

脳機能を高める

実は脳も基礎代謝に影響しているのです。
私たちは毎日「何かを考えます」。

「どうしよう」「こうしよう」「あれは?」「それは?」

脳を使っています。
そのエネルギーを高めるにはどうすればよいのか?

「甘いものや添加物を減らす」。
これは脳の機能を「低下」させるものです。
まずは「低下」させないことが大事。

そして「脳を刺激」しましょう。

勉強やパズルなどもよいと思います。
一時期「脳トレ」とか流行りましたね。

しかし一過性のブームで終わってしまったようです。
これは何故でしょう。

私の考えですが、それは「退屈」だからではないでしょうか。
人はつまらないことは続けたくないですね。
ゲームの「脳トレ」なんてある程度繰り返したら「飽きます」。

パズルやクイズなんかも一人でやってもつまらない。

では簡単に脳を刺激して脳機能を高める方法は無いのでしょうか?

私がおすすめするのはコレです。

新しい経験をする

人は新しいことにチャレンジするときは「ドキドキワクワク」しますね?
これは年齢を重ねても同じ。

どんどんチャレンジしましょう。
チャレンジと言っても簡単なことでOKです。

おすすめは「知らない道を歩く」。
意外と近所でも歩いたことが無い道ないですか?

人は「習慣」に生きています。
会社に行くときも毎日同じルートが多いですね。
それを変えてみましょう。

わざと大回りしてみる。
入ったことが無い路地に入ってみる。

簡単なことからチャレンジを増やしましょう。

まとめ

新陳代謝を上げるには基礎代謝を上げること。

    ・体温を高くする
    ・筋肉量を増やす
    ・適度運動を行う
    ・心肺機能を高める
    ・内臓機能を高める
    ・脳機能を高める

新陳代謝を上げる方法は簡単なことも多いですね。
是非、これを参考に「チャレンジ」してみてください。

ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。