債務整理後の借り入れはどうなるの?

債務整理後の借り入れ
Pocket

債務整理は借金で苦しんでいる人の生活を立ち直らせる方法です。
無事に借金を返済し、生活を立ち直らせることができれば、再び借り入れができるのか?
今回は債務整理後の借り入れがどうなるのかご紹介します。

スポンサードリンク




債務整理後の借り入れ

債務整理には、任意整理、調停、個人再生、自己破産の4種類があります。
いずれの方法で借金を整理した場合であっても、信用情報機関に登録されてしまいます。
そして、この事故情報は5年~10年ほど登録されたままになります。
したがって、その間はローンもクレジットカードも利用できなくなります。
また、新たに金融機関にローンの申し込みをしても審査に通過することはできません。

しかし、債務整理後5年~10年が経過し、信用情報機関から事故情報が削除されれば、ローンやクレジットカードが利用できるようになります。
生活が再建でき、安定した収入があれば、審査に通過することができるでしょう。

ただし、過去に債務整理をした金融機関や貸金業者の審査は拒否される可能性が高いです。
というのは、金融機関や業者では、債務整理の記録を10年間保持するからです。
そのため、過去に取引をしたことがない金融機関や業者を選ぶことをおすすめします。

それから、債務整理をした後も特定のクレジットカードを利用したいという方もいるでしょう。
債務整理をすると、当然、債務整理の対象となったクレジットカードは使えなくなります。

もし、今後も引き続き利用したいクレジットカードがある場合、任意整理をすることをおすすめします。

任意整理であれば、債務を整理する業者を選ぶことが可能であるためです。
今後も利用したいカードを債務整理の対象から外すことで、引き続き利用できるかもしれません。

ただし、任意整理をしたことは信用情報機関に登録されてしまいます。
その情報を見たクレジットカード会社が自分のところも返済が滞るのではないかと判断し、カードの利用を停止する可能性もあります。
実際には、その会社に対して問題なく返済を続けていれば、クレジットカードを引き続き利用できるケースが多くなっています。

注意

インターネットのクレジットカードの比較サイトや広告などでは、「ブラックでも作れるクレジットカード」を紹介しているところもあります。

通常、信用情報機関に事故情報が登録されてしまった場合、新たにクレジットカードを作れることはありません。
それでも、簡単にクレジットカードを作れる会社があるとすれば、金利が非常に高いなど、何か裏があると思った方が良いでしょう。

まとめ

もしもあなたが借金で悩んでいるのであれば迷わず誰かに相談しましょう。
最近は無料で相談できる場所増えています。

返済方法を調整するだけで現状よりも楽になるパターンもあります。
まずは相談!

ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。