債務整理のデメリット!こんな影響が出ます!

債務整理のデメリット
Pocket

債務整理をすることで、借金の返済が軽減、あるいは免除されることで、生活を立て直すことができます。
しかし、債務整理をすることにはメリットがある反面、デメリットも存在することを理解しておかなければなりません。
以下に債務整理のデメリットについて紹介していきます。

スポンサードリンク




信用情報機関に登録(ブラックリスト)

どのような事情であれ、債務整理をするということは、約定通りに返済できなかったことには変わりがありません。
したがって債権者からの信用を失ってしまうことは避けられません。

債務整理をすれば、必ず信用情報機関に事故情報として登録されます。
事故情報が登録されると、ローンの審査に通過することができなくなります。

つまり、新規の融資が受けられなくなります。
もちろん、クレジットカードも利用できなくなるということです。

ただ、この先ずっと事故情報が登録されたままではありません。
登録期間は5年~10年です。
期間は各自の状況により変わります。

この期間が過ぎればクレジットカードやローンの審査を受けられるようになります。

もし、債務整理を検討しているのであれば、信用情報機関に登録されます。
しばらくはクレジットカードやローンを利用することができなくなるということを覚えておいてください。

デメリットとは言えない
新たな融資が受けられないことはデメリットか?
現在、多額の借金を背負ってしまい取立てに追われる日々を送っているのであれば負担は減ります。

どちらが楽であるかは一目瞭然ではないでしょうか。

それに、これまでさんざん返済に苦しめられてきた教訓もありますね。
借金できない生活を送ることで、確実に生活を立て直すことができるでしょう。

このようなことを考えれば、クレジットカードやローンを利用できないことが必ずしもデメリットとはならないということです。

特に、お金にルーズであったために債務整理をする結果になってしまった方。
そんな人には債務整理で融資が受けられなくなることは逆にメリットとなるかもしれません。

官報公告

自己破産または個人再生により債務を整理した場合、官報に住所と氏名が載ってしまいます。

一般の方は官報を購読する機会はないため、周囲に債務整理をしたことを知られる心配はないでしょう。

ただし、闇金からダイレクトメールがたくさん届くようになりますので、決して甘い誘惑にのらないように注意してください。

職業の制限

自己破産を申し立てた場合、破産開始決定から免責が確定するまでの間、警備員、保険の外交員、証券会社の外交員などの職業には就けません。
また、中小企業の経営者が自己破産した、または、会社そのものが自己破産した場合、会社と経営者の両方が破産したとみなされます。

保証人への影響

債務整理をした場合の一番のデメリットはここではないでしょうか。

債務の責任は保証人に切り替わります。
したがって債務整理するときは保証人も一緒に行う必要が出てくるでしょう。

そうすれば保証人に請求が行くことはありません。
しかし保証人との人間関係は崩れることは覚悟しないといけませんね。

まとめ

債務整理はのデメリットは以下の通りです。

    ・金融機関から借り入れができなくなる
    ・官報公告
    ・一部の職業に就けない
    ・保証人にも影響がある

債務整理は個人で行うには難しい手続きです。
弁護士などに相談して進めましょう。

ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。