理想の顔を手に入れるためのコントロールカラー!おすすめはこれ!

おすすめのコントロールカラー
Pocket

化粧のノリが悪かったり、顔色が悪いと周りから言われたり…年のせいだと思っていませんか?
もちろん、その時期の体調の変化ですぐに状態の良い肌に戻ることもあります。
それまで待つしかないのでしょうか。
答えはNOです!実は、すぐに理想の肌色を作る方法があります。
それがコントロールカラーです。
今回は「あなた」に合ったおすすめのコントロールカラーをご紹介します。

スポンサードリンク




コントロールカラーとは

理想の肌色を作るにはコントロールカラーを使います。
コントロールカラーには、オレンジ、ピンク、イエロー、グリーン、ブルー、パープル等があります。

一見、絵の具のような外見で驚くかもしれませんが、このコントロールカラーを少量、
ベールのように薄く顔に伸ばすだけで、見違えるように生き生きと透明感のある肌色になります。

もちろん人それぞれ肌の色が違うので、自分に合ったコントロールカラーを使う必要があります。

「え、なら難しいのでは…?」「自分で選べない!」と思いますよね?
実は、意外と簡単です。

このひと手間が、予想以上の仕上がりになりますので、ぜひコントロールカラーを試していただきたいです。

オススメのコントロールカラー

イエロー
まずは、1番おすすめのイエローです。
日本人の肌は、イエローベースと言う黄味がかった色が多いので、大抵の人には合う色です。

このイエローがくすみやシワ、シミ、毛穴などの問題を解決してくれます。
使い方は少量手にとって、目の下や小鼻の脇、口元にポンポンとのせた後、顔全体にのばします。
くすみなどが消えて顔がパッと明るくなります。

この後いつものファンデーションをつけると生き生きとした印象の肌になります。

くすみやシワが深刻な人は、もう少し量を増やしてください。
両眼の下、首筋に近いところ、目の下のクマができているところ、小鼻の脇、口元などに多めにポンポンとつけて下さい。

この時の注意。
つけすぎると顔が平たく見えてしまうので、頬やおでこにまで伸ばす必要はありません。

イエローをつけて「やけに黄色いな」と感じる人はイエローでは浮いてしまう肌色です。
そんな時はオレンジを試してみましょう。

グリーン
グリーンは、赤ら顔やニキビ跡を修正してくれます。
落ち着いた都会的な印象にしたい時は、グリーンのコントロールカラーがオススメです。

色白に見せることが出来ます。こちらは色が緑ですので、少量ずつ頬の赤い所などに載せましょう。
うっすらと顔全体にのせると大変きれいな仕上がりになります。

仕上げには必ず通常のファンデーションを使いましょう。

ピンク
ピンクは肌色を生き生きと見せてくれます。柔らかく優しい印象になります。
グリーンをうっすらと顔全体につけた上から、ピンクもベールをまとったように薄くつけるのもお勧めです。

ブルー
ブルーは色白に見せてくれますが、もともと色が白い人は、逆に顔色を悪くしてしまうので要注意です。
この場合はブルーよりもパープルの方がお勧めです。

大人っぽく、エレガントな印象になります。
少量から、試しながら使用しましょう。

まとめ

ファンデーションの前に肌にのせるコントロールカラー。

幾重にも肌に乗せるのは厚塗りに思えてしまいますが、かなり薄く乗せても肌色を整えるので、逆にファンデーションも薄く済みます。
難しそうに思いますが、自分の肌をよく知る機会にもなりますし、慣れたらとても簡単です。

そして、プロのメイクアップアーティストにメイクしてもらったような理想的な透明感あふれる陶器のような仕上がりになります。

コントロールカラーを賢く使ってもっともっとキレイになりましょう。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。