面接で好印象を与える就活メイク方法とは?

就活メイク方法
Pocket

就職活動は相手に好印象を与えることが重要です。
どのようにすれば相手に好印象を与える事ができるのでしょうか?
今回は、就活の女性のメイク方法に焦点を充てて紹介していきます。

スポンサードリンク




就活メイクの重要性

卒業を控えた高校生や大学生、専門学生さんの多くは就職活動を行っていることでしょう。
企業の情報を調べたり、自分の強みを分析したり、エントリーシートを書いたり…と、やることが多いですよね?
しかし、就職活動にはもう1つ重要な部分があります!

それが「第一印象」です!
これから一緒に働くだけでなく、今後皆さんは「会社の顔」として社会に旅立つのです。
そのため外見を疎かにしては相手に好印象を与える事はできません!

好印象を与えるポイントとは?

面接官も同じ人間です。ですので、最低限の身だしなみは整えましょう。
面接官に好印象を与えるには「健康的」な印象を持たせることが重要です。
理由として今後付き合う方々は年上の方々ばかりだからです。

あまりにも派手すぎるメイクで行くと、「この子は仕事をなめている?」と取られても仕方のないことになります。
かと言って、ノーメイクで行けば、「準備する時間がない=時間にルーズな人」それか「普段からだらしのない人」と取られてしまいます。

ここで、「健康的な印象」を持たせると、この子はお客様からも好印象だ、若さが良い方向に出ている!と好印象を与える事ができます。
そのため好印象を与えるには学生気分のままのメイクではなく、好印象を与える健康的なメイクを目指す必要があるのです。

就活メイクのポイントとは?

それでは、肝心なメイクについてです。
まず始めは、アイメイクからです。
アイメイクのポイントは「つり過ぎない」「盛り過ぎない」と言う事です。
そのためにはアイライン・アイシャドウをやり過ぎず、控えめに行うことが重要です。

例えばアイラインは、一気に引こうとするのではなく、少しずつ引いていきましょう。
ここで一気に引く、または何回も重ねてしまうと、つり過ぎてしまい相手に威圧感を与える目元になります。
眉毛の部分も同様に一気に引くのではなく少しずつ「ブラウン系」で引いていきましょう。

そうすると自然で柔らかいメイクに仕上がります。

肌はどうすればいいの?

肌全体はいつものメイクと同様「厚塗り」をしないようにしましょう。
かと言って頬にチークをぬって明るみを出しすぎると今度は子供のように見られてしまいます。

好印象を与えるにはファンデーションで肌全体を厚すぎないようにしつつ、ピンクやピーチタイプのチークで顔色を明るくするのが効果的です。
そのためにも事前に練習を行い、本番に臨むようにしましょう。

口元は?

こちらも同様に、目立ちすぎず自然なメイクが好印象を与えるポイントです。
色合いとしては「薄いピンク」「ベージュ」の色を活用すると良いでしょう。
あまりにも濃い色を使用しますと、スーツとのバランスが合いませんので口元が悪い意味で目立ってしまいます。
かと言って色が全く無いタイプを活用すると「この人はメイクをしていないのか?」と思われてしまいます。

現在では、食事をしても落ちないタイプやルージュを付けていても唇が荒れずに保湿するタイプまであります。
これらを上手に活用していきましょう。

まとめ

就職活動では第一印象が非常に重要となります。
「清潔感」があれば印象は良くなります。

健康的でさわやかな印象を与えましょう。
時間がある時に就活メイクの練習をして写メで客観的に見ると新し発見があると思いますよ。

もし就職活動中のメイクで悩んでいる人がいましたら是非ともこのメイクを参考にしていただければ幸いです。
ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。