ナチュラルメイクの初心者は必見!やり方と注意点はこれ!

ナチュラルメイク、初心者はここに注意
Pocket

女性の皆さんは、異性問わず自分にとって大切な人に会う時や大切な場に行くとき、欠かさずメイクを行っていると思います。
男性とっての髪をセットする、髭を剃る等の行為と同じように、人間は、自分の印象を悪くしないための、またはよく見せるためにいろいろな行動を取ります、
そんな中、近年男性受けしているメイク方法があります。
それが「ナチュラルメイク」と呼ばれているメイク方法です!
ではナチュラルメイクするときのやり方と注意点をご紹介していきます。

スポンサードリンク




ナチュラルメイクとは?

数年前まで、髪は派手な色でがっつりとメイクをした芸能人たちがよく可愛いと言われていましたね。
でも最近では「元が綺麗なんだなぁ」「あまり化粧してない、すごい!」というようなナチュラルメイクの清純派芸能人が増えたような気がします。

ナチュラルメイクと言うのは、前述した通りメイクをしていますが第三者から見て「本当にメイクをしているの?」と思われるほど自然に見えてしまうメイク方法の事を言います。
かと言ってメイクを怠っている訳ではなく、自身の肌を自然に見せるためにメイク方法も工夫が必要になってくるのです。

そのため「ナチュラルメイクなんだからメイクは少しで良いや!」と言う事ではないので注意しましょう。
ナチュラルメイクにもやり方がありますのでポイントを絞ってご紹介します。

アイメイクのやり方

まず始めに「アイメイク」からです。
アイメイクで一番やっていけないのが「盛りすぎる」事です。
パンダのようなアイメイクにしては、ナチュラルではないため男性からは「怖い印象」を与え、引かれてしまいます。
「パンダ目」はナチュラルメイクとはほど遠いですね・・

そのためアイシャドウは肌に近いベージュやブラウンまでの範囲に、アイライナーも同様に肌に近いベージュ系が良いでしょう。
付けまつげをされる人は、あまりにも長すぎると先ほど同様に「盛りすぎ」になりますので、自然な毛量のタイプを選択しましょう。

厚化粧に注意

次は顔の肌全体です。
肌全体を明るく見せるためにファンデーションの厚塗りやコンシーラーの付けすぎはいけません。
自分自身で「よし完璧!」と思っても男性から見れば「塗りすぎてるな…」「化粧臭い…」と感じられてしまいます!

肌全体はファンデーション・コンシーラー等をバランスよく活用していくのがポイントになります。
確かに頬の赤みや目の下のくま、肌のくすみを抑えたい気持ちは分かります。
ですがやりすぎると、男性から見た印象が悪くなるためやりすぎだけは注意しましょう。

ファンデーションのやり方は「薄く均一」です。

口元

リップは派手すぎず自然な口元にしましょう
リップは人によって濃い色や薄い色と分かれますね。
でもナチュラルメイクを目指すのであれば自然な「ピンクベージュ」を目指してみましょう。

ピンクベージュのメリットは、口元を作らずに自然な雰囲気を出せるところです。
今まで濃い色やラメが入ったタイプを活用していた人からすれば物足りなさを感じるでしょう。

ですがナチュラルメイクを目指すなら派手すぎる色ではなく、自然なピンクベージュを活用してみましょう。

まとめ

まとめるとナチュラルメイクを目指す初心者は下記のやり方に注意する必要があります。

・盛り過ぎない(量に注意)
・ベージュ系を取り入れる(派手な色をおさえる)

最後になりますが、ナチュラルメイクを最大限活かすには下地が重要になります!
皆さんが日頃行っているスキンケアが、ナチュラルメイクを左右するのです!

「お化粧でどうにかなる!」と言うメイクではないので、日々のスキンケアも怠らないようにしましょう。
ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。