注意!実年齢より老けて見えるメイクとは?

老けて見えるメイク
Pocket

女性は日々、自分を綺麗に魅せるために、スキンケアをし、メイクをして…と大変です。
夫と、彼氏と…気になるあの人とお出かけともなると、なおさらですよね。
しかし、あなたは一生懸命頑張ってメイクをしているつもりでも、メイクの中には綺麗に見せるどころか「老けている」印象を与えるメイクがあるのを知っていましたか?

それではどのようなメイクを行うと老けているメイクになるのでしょうか?

スポンサードリンク




老けて見えるメイク

今回は以下の内容をご紹介します。

    ・ルージュ
    ・ファンデーション
    ・アイライン

ルージュ

意外と多いのは、ルージュが目立ち過ぎているという事です。
例えば光沢が強いルージュ・ラメが入っているルージュ・色素が強いルージュ等があります。
確かに全体のメイクが口元に負けていないメイクであれば問題ないですが、そこだけ目立つと浮いた印象を与えてしまいます。
または口元だけ強調されてしまい、それ以外の印象がなくなりくすんで見えてしまうこともあります。

バランスを考えて使用するか、自然体の薄いピンクやベージュ系を利用してみましょう。

ファンデーション

「なんとしてもしわを隠したい!」と思いファンデーションで隠そうとするのも分かりますが、塗りすぎると余計にしわが目立ってしまいます。
と言うのもシワのくぼみにファンデーションが入り込んでしまい、しわのラインを強調させてしまうからです。
厚塗りをせず自然な仕上がりにするようにすればしわを目立たせずに仕上がります。

またシミも同じです。
シミを隠そうとしてファンデーションを塗り過ぎると自然と厚塗りに。。。
塗り過ぎ感が老けた印象を与えてしまいます。

基本はすべて薄塗です。
薄くのばし均一になるように塗りましょう。

    ファンデーション塗り方のポイント
    ①自分の肌質を考える
    「肌の色」に合わせることは大事です。
    しかしご自身の肌のコンディションに合わせたファンデーションを選ぶことも大事です。

    ②下地
    下地にムラがあるとファンデーションにもムラが出ます。
    下地のムラをなくすとファンデーションも少量で済み薄塗ができます。

    ③お肌ケアの直後に塗らない
    洗顔して化粧水や美容液を塗ったばかりのお肌ではファンデーションの乗りが悪いです。
    少し時間を置いてしっかりと美容液などが浸透した状態でメイクに入りましょう。

アイライン

こちらも意外と多い間違ったメイクです。

アイラインは確かに目元を強調し、はっきりとした印象を与えるために必要なメイクのポイントです。
一方でアイラインを引きすぎて目じりを大幅に跳ね上げてしまうと、メイクのバランスがとれていないと悪い意味で目立ってしまいます。
するとルージュ同様に、他の箇所がくすんでしまい老けている印象を与えてしまいます。

またブラックなどの濃ゆい色のアイシャドウを多くすると「目元がくぼんだ印象」を与えてしまいます。
ぐるっと全体的に入れるのはやめましょう。

しかし、アイラインを行わないと今度は目元が下がった印象を受けますので、全体のバランスを確認しつつアイラインを引きましょう。
ブラックではなくブラウンに変更してはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メイクによっては男性から老けている印象を受けたり「いつもの方が可愛い」と言われてしまう事もあります。
そして何より日々のケア、例えばスキンケア・手元のケア等を心がけていますとメイクの仕上がりも向上しますし、手元も良く見られる部分ですので怠ると「この人はこんな肌をしているのか」と思われてしまいます!

皆さんも以上を参考にして老けているメイクを卒業しましょう!

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。