ダイエット中の間食におすすめの「おやつ」はどれ?

ダイエット中の間食におすすめ食材
Pocket

ダイエット中に間食したいですよね!
でもスナックやアイスクリームは食べるわけにはいきません。
今回はダイエット中の間食におすすめの「おやつ」をご紹介します。

スポンサードリンク




ダイエット中の間食

ダイエット中は食事を制限しているのに「間食なんてとんでもない!」と言われそうですねw
でも我慢できないものは出来ませんw

ただ甘いチョコレートやアイスクリーム、塩気があとを引くポテトチップスのようなお菓子たちはダメです。
皆さんの大好物ですがダイエット以外でも食べない方が健康にも良いですね。

でも、ストレスが溜まっているとき、脳が疲れているときなどに、ついつい手が伸びてしまうもの。
困ったものです。
私も我慢できませんw

これらのお菓子たちを摂り過ぎると、肌荒れや肥満の元になってしまうのは誰でも知ってますね。
太りたくない、美しい肌でいたい、と思うのなら、本当は食べないのが一番いいのです。

オーガニック文化が日本よりずっと広がっているアメリカではヘルシーな間食が推奨されています。
ではダイエット中でも食べられるおすすめの間食を紹介します。

おすすめの間食

フルーツ
バナナはカロリーが高いですがそれ以外のフルーツは食べ過ぎなければ問題ありません。
ダイエットでの栄養不足が心配なので積極的に食べてもよいでしょう。

キウイ・りんご・パイナップル・ブルーベリー
これらのフルーツは食物繊維が豊富です。
食物繊維は脂肪や糖分の吸収を抑えてくれます。
ダイエットにピッタリのフルーツですねw
また整腸作用もありますのでおすすめです。

キウイ・いちご・グレープフルーツ
美肌効果やアンチエイジング効果もあるビタミンCが豊富なフルーツもいいですね。
タバコを吸っていたり、ストレスが多い生活をしている人は普段から積極的に食べてほしいです。

バナナ・メロン・キウイフルーツ
カリウムが多く含まれるフルーツは余分な塩分を身体から追い出してくれます。
血圧が高い人は血圧を下げてくれる効果が期待できます。

ドライフルーツ
ドライフルーツと通常のフルーツとの違いは乾燥しているだけではありません。
水分がなくなり、小さいのに栄養は詰まっています。

またドライフルーツは鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富です。
便秘や貧血の予防などダイエット中には助かる食材です。

通常のフルーツと同様に「甘さ」が気になる人も多いと思います。
ドライフルーツは砂糖が使用されていない商品を選びましょう。
自然の甘さは「果糖」です。
砂糖に比べて血糖値は緩やかに上がります。
また腹持ちが良いのでダイエットに向いているわけです。

スポンサードリンク




ナッツ
ナッツ類は油が多いイメージがありませんか?
私はピーナッツを食べ過ぎると油が多いのでニキビの原因になると教えられてきました。

しかし、ナッツ類は栄養価も高く食物繊維も豊富で健康にも効果が高いです。
ただし食べ過ぎはダメですよw

アーモンドやクルミ、ピスタチオなどのナッツはコレステロールや中性脂肪を減らす効果があり血液をサラサラにしてくれます。
またビタミンEが豊富で活性酸素を取り除いてくれます。
活性酸素は老化を防ぐだけでなく美肌にも効果がありますのでダイエット中の間食にはおすすめです。

ナッツを選ぶときの注意ですが「無塩」を選びましょう。
スーパーなどでは「おつまみコーナー」ではなく「食材」のコーナーのほうが「無塩ナッツ」が置いている可能性が高いです。

慣れないときは「無塩ナッツ」では味が物足りない感じがするでしょう。
しかし、一袋も食べきるころにはナッツ独自の味で満足できるようになるでしょう。
最近の私は「無塩ナッツ」に慣れ過ぎて塩味がついていると辛く感じるようになりましたw

その他

意外と身近にダイエット中の間食になる食材は多いです。

    ・砂糖を添加しないナチュラルヨーグルト
    ・砂糖を使わないピーナツバター、
    ・凍らせた果物と豆乳や牛乳をあわせたスムージー、
    ・100%フルーツジュースを凍らせただけのアイスキャンディ
    ・野菜を輪切りにしてカリカリになるまで焼いたベジタブルチップス

考えればまだまだレシピは出てきそうですね。
砂糖や炭水化物を使わないオリジナルの間食をあなたも考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ダイエット中の間食におすすめのおやつをご紹介しました。
フルーツやドライフルーツ、ナッツ類などは、その代表的な例です。
これらの食材は、美容と健康にいい栄養成分をたっぷりと含んでいて、かつ、味も美味しいです。
お菓子代わりにダイエットが終わっても利用しましょう。

これらのヘルシースナックの共通点は、加工度が低く、自然の素材を生かしてあるということ。
その考えを借りてきて「お菓子を食べたいな」と思ったら少しでも加工度が低いものをチョイスする。
ダイエット以外のときにも自然に太りにくいおやつを選ぶことが出来るようになるでしょう。

ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。